テーマ:胸部硬膜外麻酔

胸腔鏡手術後の胸部傍脊椎ブロックと胸部硬膜外麻酔の鎮痛効果の比較 メタ分析

・現在までに、胸腔鏡下手術後の胸部硬膜外麻酔(TEA)と胸部傍脊椎ブロック(TPVB)の鎮痛効果と副作用について、決定的なエビデンスはない。本研究では、発表された無作為化臨床試験(RCT)のメタ解析を行い、胸腔鏡手術後の TEA と TPVB の鎮痛効果を解析した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane library …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸腔鏡下肺葉切除術後のリポゾームブピバカインの創部浸潤と比較して胸部硬膜外はオピオイド消費量が減少

・胸腔硬膜外鎮痛(TEA)は、胸部外科手術における術後疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、低血圧、尿貯留、出血の望ましくないリスクと関連している。最近、TEA に匹敵する代替法として、リポソームブピバカイン(LB)による手術部位浸潤が示唆されている。著者らは、肺葉切除のためのビデオ補助下胸腔鏡手術(VATS)を受ける際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性膵炎における胸部硬膜外麻酔と死亡率:多施設傾向分析

・最近の前臨床および臨床データは、胸部硬膜外鎮痛(主に痛みの軽減を目的とした技術)が抗炎症効果を発揮し、急性膵炎時に脾臓と膵臓の血流を増強する可能性があることを示唆している。しかし、この領域では、死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響は調査中である。そこで、本研究では、急性膵炎を有する ICU 患者で、死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響を評価するた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下部尿路機能に及ぼす胸腺硬膜外ロピバカイン vs ブピバカインの効果:無作為臨床試験

・ブピバカインを用いた胸部硬膜外麻酔は、排尿筋力低下に起因する臨床的に意義のある排尿後残尿をもたらした。本研究は、残尿と最大流速を用いて、膀胱機能不全の危険性をロピバカイン vs ブピバカインで比較することを目的とした。著者らの仮説は、ロピバカインが運動ブロックにはあまり効果がないことが示されているため、ロピバカインが残尿を低下させるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部硬膜外麻酔が左室機能に及ぼす影響:心エコーでの研究

・胸部硬膜外麻酔(TEA)は大手術に広く用いられているが、左心室(LV)収縮期および拡張機能への影響を評価する研究は限られており、そのような研究では既に全身麻酔下にある患者や、あるいは検査と検査の間に容量負荷を受けた患者を評価したものである。 ・既存の重大な心疾患のない主要腹部手術を受ける連続的な覚醒患者を対象とした、二次大学病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more