テーマ:局所浸潤鎮痛

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は、一般的に前方全股関節形成(THA)手術で使用される。しかし、その有効性のエビデンスは不足している。プラセボ(0.9% 生食)の注射と比較した場合、0.2% ロピバカインを含む LIA は、Quality of Recovery-15(QoR-15)スコアで測定した、術後日(POD)第 1 日目の患者の回復の質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は一般的に前方人工股関節置換術(THA)で使用される。しかし、その有効性に関するエビデンスは欠けている。QoR-15 スコアによって測定した、プラセボ(0.9% 生食)注入と比較した場合、0.2% ロピバカインによる LIA は術後 1 日目(POD 1)の患者の回復の質を改善すると仮定した。 ・三次レベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節全置換術後の局所浸潤鎮痛とクモ膜下モルヒネの鎮痛効果の比較

・局所浸潤鎮痛法(LIA)は、人工膝関節全置換術(TKA)後の効果的な疼痛管理法である。研究の目的は、LIA が片側性 TKA を受ける患者でクモ膜下モルヒネよりも優れた鎮痛を提供するかどうかを調査することであった。 ・三次紹介センター単施設での無作為化比較試験。片側 TKA を受ける予定の連続した ASAーPS I~III の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における局所浸潤鎮痛後の血漿ロピバカイン濃度:固定用量投与後の安全性調査

・本研究の主な目的は、主な鎮痛法として、局所浸潤鎮痛を伴う待機的全膝関節形成術を受ける患者で、ロピバカインの薬物動態を調査することであった。著者らはまた、術後 24 時間にわたる血漿ロピバカイン濃度の測定を通じて生化学的毒性の発生率を決定しようとした。 ・これは、待機的全膝関節形成術を受ける 15 人の患者についての前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

局所浸潤鎮痛:全人工股関節形成術を受けた患者の 2 年間の追跡調査

・全股関節形成術(THA)後の術後疼痛管理に局所浸潤鎮痛(LIA)が一般的に用いられている。しかしながら、成分薬物の長期的効果は不明である。本研究の目的は、2 年以内に THA を受けた患者で、機能的転帰、生活の質、術後慢性疼痛、有害事象を調査することであった。 ・本研究は以前のより大規模な研究から得たデータの二次分析であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術後の持続 3 in 1 大腿神経ブロックと関節周囲多剤浸潤との併用療法

・全膝関節全形成術に際しては、持続大腿神経ブロック(CFNB)、局所浸潤鎮痛(LIA)、併用療法を含む様々な術後疼痛緩和方が報告されている。しかしながら、全股関節形成術(THA)の CFNB と LIA との比較研究はない。本研究の目的は、THA 後の CFNB vs LIA の有効性を比較することであった。 ・93 名の THA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more