テーマ:緊急手術

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急腹部手術における硬膜外鎮痛と死亡率との関係:住民ベースのコホート研究

・緊急腹部手術は、死亡と肺合併症を含む術後合併症の相当なリスクを伴う。大きな定時手術では、硬膜外鎮痛により死亡率と肺合併症が減少する。硬膜外鎮痛と緊急腹部手術の死亡率との間の関連性を評価することを目指した。 ・前向きデータ収集によるこの集団ベースのコホート研究では、2009 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後 30 日病院死亡率と緊急手術時間(昼間、夕方、夜間)の関連性

・緊急手術のための時刻が術後死亡率と関連しているかどうかは不明である。 ・2010 年 4 月から 2015 年 3 月まで、カナダ、モントリオールのユダヤ人総合病院で初回手術として緊急手術を受けた患者 9319 人を対象に、この関連性を評価した。 ・完全なデータのある 7362 人(80%)の患者のうち 168 人(2.3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性腎障害は、緊急手術患者の死亡を予測する

<ハイライト> ・救急外科手術患者で急性腎障害のリスクが高まる ・これらの患者では、急性腎障害は 90 日の死亡率を増加させる ・緊急手術後の腎代替療法のリスクも増加する ・腎代替療法が必要な場合、患者の死亡リスクはさらに高い <要旨> ・緊急手術(EGS)を受ける患者は、合併症と死亡の危険性が高い。関連する転帰とともに、E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:「緊急手術ならすべてフルストマックと思え!」?

 「人を見たら泥棒と思え」ということわざがあるが、「緊急手術ならすべてフルストマックと思え!」というのが 20-30 年前なら正しかったかもしれない。  しかし、昨今の日本の術前検査の事情から言えば、これは必ずしも正しいとは言えない。腹部や胸部の症状で来院して緊急手術となった患者さんでは、胸部写真だけではなく、かなりの確率で腹部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:緊急手術で最終摂食を確認することの意味は?重要なのは最終摂食から麻酔導入までの時間なのか?

A:緊急手術に際しては、フルストマックである可能性を探るために、術前の必須項目として最終摂食時間をチェックする。しかし、この時刻から手術室入室までに何時間が経過していようとも、フルストマックである可能性は排除できない。 もっとも重要なのは、最終摂食時刻から、緊急手術が必要となる疾患が発症するまでの時間であり、また外傷の場合には、受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more