テーマ:血管内治療

非緊急血管内腹部大動脈瘤修復における局所麻酔と全身麻酔:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、血管内腹部大動脈瘤修復を受ける患者に局所/区域麻酔(LA/RA)か、または全身麻酔(GA)を使用した周術期の臨床転帰を評価することであった。 ・包括的な電子文献検索が創始から 2018 年 9 月まで行われ、血管内修復を受けた腹部大動脈瘤患者の LA/RA と GA を比較した全ての無作為化および非無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性虚血性脳梗塞の血管内治療における麻酔選択の転帰

・血管内治療(EVT)を受ける急性虚血性脳梗塞患者の麻酔の種類と転帰との間の関連性は、引き続き議論の対象となっている。 ・本前向き無作為化比較試験には、EVT を受けた急性前脳循環梗塞患者 149 人が含まれた。主要評価項目は、3 ヵ月後の修正ランキンスケール(mRS)によって評価された機能的独立性であった。 ・EVT を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での急性虚血性脳梗塞の血管内治療:良好な予後の予測因子

・麻酔法の選択、全身麻酔(GA) vs 監視下鎮静は、急性虚血性脳梗塞(AIS)に対する血管内治療を受ける患者の転帰に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、AIS に際して GA を受ける患者の退院時の良好な転帰に関連する因子を同定することであった。 ・2010 年から 2014 年まで総合脳梗塞センターで GA 下に AIS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more