テーマ:睡眠の質

高齢者の術後認知機能と睡眠の質に及ぼすプロポフォールによる静脈内全身麻酔の影響

・本研究では、高齢者の術後認知機能と睡眠の質に対するプロポフォールを用いた静脈内全身麻酔(TIVA)の効果を観察することを目的とした。 ・2019 年 8 月から 2020 年 8 月にかけて、河北医科大学三次病院で腹部手術を受けた高齢患者 130 例を本研究に登録した。参加者全員を TIVA 群(n=65、プロポフォールを用いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での腹腔鏡手術後の患者の術後早期の睡眠の質と合併症に及ぼす静脈麻酔と吸入麻酔の効果について

・術後の睡眠の質の低下は、現在、外科系の現場では深刻な問題として残っている。本研究の目的は、全身麻酔で腹腔鏡手術を受けた患者の術後早期の睡眠の質と合併症に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することである。 ・全身麻酔下で待機的腹腔鏡手術を受けた 74 名の患者を、プロポフォール群か、またはセボフルラン群に無作為に割り付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールとスフェンタニルは、外科的ストレス反応とは無関係に患者の睡眠の質に影響を及ぼす可能性

・鎮静剤自体が術後睡眠障害の一因となっているかどうかは不明である。診断的消化管内視鏡検査(UGE)は、組織の外傷や疼痛を引き起こす可能性の低いほとんど侵襲性のない処置である。本研究の目的は、ルーチン(鎮静剤なし)の UGE か、または 鎮静剤有りで UGE を受ける患者の睡眠の質を、処置前、1 週間後 1 ヶ月後に評価することであった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more