テーマ:挿入長

小児の右内頸静脈カテーテル留置の解剖学的ランドマークとして胸骨角を使用

・小児の中心静脈カテーテルの深さを調査するために、患者の身長、体重、年齢に基づく多くの公式が存在する。ただし、この情報は緊急的状況の場合には利用できない。そこで、小児でカテーテルの位置決めをガイドする直接的な方法を考案する必要がある。 ・2015 年 7 月から 2016 年 8 月までに年齢 1 歳から 10 歳までの 80 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:中心静脈カテーテルの留置長をどう決めるか? その2(局所解剖編)

【1】 針の刺入点から鎖骨切痕までの距離+CXR 上の鎖骨切痕~気管分岐部間距離 2007 年に、Ryu らは、右内頸静脈(IJV)か、または右鎖骨下静脈(SCV)を介した中心静脈カテーテル留置に際して、針挿入点と(右側)鎖骨切痕との長さと、胸部レントゲン写真上で測定した(右側)鎖骨切痕と気管分岐部との縦の長さを加算して得られる深…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

右鎖骨下静脈カテーテルの挿入長を推定するためのランドマークベースの局所解剖法と数式法の比較研究

・長期の中心静脈路確保を必要とする重症疾患患者には、鎖骨下静脈カテーテル法(CVC)が用いられる。それらの挿入長を推定するための標準法はない。本研究では、右鎖骨下 CVC の挿入長を推定するためのランドマーク式局所解剖法と数式法を比較した。 ・鎖骨下 CVC を必要とする集中治療室に入室した患者 260 名を、局所解剖法または数式…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベッドサイド中心静脈カテーテル留置法の比較:ランドマーク法 vs 心電図ガイダンス

・心電図(ECG)ガイド下中心静脈カテーテル(CVC)留置は、正確で成功率が高いと報告されている。CVC の先端は、穿刺部位、鎖骨上の「腕頭切痕」、ランドマークとしての気管分岐部に基づいた簡単な公式を使用して、気管分岐部のレベルに確実に留置できることが示されている。本研究は、ECG と ランドマークガイド下のカテーテル留置との間で、CV…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

右鎖骨下静脈に留置する CVC の深さを予測する際の Peres の公式と局所解剖法の精度

・中心静脈カテーテル(CVC)の挿入は、集中治療または周術期のいずれかの状況での日常的な処置である。CVC の最適な深さを予測するには、簡単で正確な方法またはルールが必要である。本研究の目的は、Peres の公式([身長/10]-2)とランドマーク測定を使用して CVC の位置と深度を評価すること、および CVC 留置の位置異常の発生頻…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中心静脈カテーテル挿入長のベッドサイド予測

・気管分岐部のレベルは、心膜反転部に近いことが示されており、ルーチンの胸部 X 線撮影のランドマークとして容易に識別できる。本研究の目的は、適切な中心静脈カテーテル(CVC)の深さを予測する簡単な方法を明らかにすることであり、これにより、CVC 先端の安全な位置決めが容易になる。 ・中心静脈カテーテル法は、右内頸静脈(IJV)か、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

中心静脈の経路に沿った表面のランドマーク計測を用いた右および左の中心静脈カテーテル挿入長の推定

・本研究では、中心静脈の経路に沿った局所解剖測定が、中心静脈カテーテル(CVC)のおおよその挿入長を推定できるかどうかを調べようとした。 ・200 件の中心静脈カテーテル挿入を、右、左内頸静脈(IJV)、鎖骨下静脈(SCV)を介して実施した。IJV カテーテル法では、胸鎖乳突筋をランドマークとして使用して前方アプローチで、SCV …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

小児集団におけるフレキシブル・ラリンジアルマスク挿入の深さの決定 - 前向き観察研究

<ハイライト> ・抵抗が感じにくい場合には、FLMA 挿入時のカフ圧の持続モニタリングが有効な代替挿入方法である。 ・FLMA の挿入長は、年齢、身長、体重、胸骨長を含むいくつかのパラメータと相関していた。そのうち、身長と体重は挿入の深さを決定するのの最良の予測可能性を示すことが分かった(r2=0.777)。 ・FLMA の挿入長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人で局所解剖学的気道長測定法の比較

Comparison of two topographical airway length measurements in adults Korean J Anesthesiol. 2012 Nov;63(5):409-412. ・気管チューブ挿入長の正しい推定は、気管支内挿管と声帯への外傷を含む合併症を防ぐことができる。本研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more