テーマ:術後転帰

術後イレウスの発生率を低下させるためのコーヒーの使用:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的じは、術後イレウスを軽減するために、待機的腹部手術患者の術直後にコーヒーを提供することの有効性を調査することであった。 ・2012 年以降に公開された 6 件の無作為化比較試験のメタ分析による系統的レビューである。コクランガイドラインを使用して、方法論の品質を評価した。GRADE 評価ツールは、エビデンスの質を評価した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前の長時間作用型オピオイド使用は、待機手術後の入院期間および再入院率の増加と関連している

・研究の目的は、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイドを処方された患者 vs オピオイド未投与患者の術後転帰を比較することであった。 ・都市部大学関連単施設での後ろ向きコホート研究で、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイド使用者とオピオイド未使用患者の術後転帰を後ろ向き的に比較した。入院患者と外来手術のコホートを別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法、外科的ストレス、脊椎手術後の認知機能障害の関係:無作為化試験

・手術に伴う外傷は、術後の認知機能障害をきたす可能性のある全身性炎症性変化を引き起こすことが知られている。本研究では、著者らは、術後の炎症性変化、細胞性免疫、認知機能障害に関して、硬膜外麻酔プロトコルの効果を従来の麻酔の効果と比較した。 ・胸腰椎多椎間の除圧術および融合を受けた年齢 45-60 歳の 48 人の患者は、2 群のいず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓弁手術前の歯科治療の効果:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、心臓弁手術(CVS)または左心室補助装置(LVAD)移植前の歯科治療が罹患率と死亡率に及ぼす潜在的な影響を調査することであった。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Cochrane Central Register of Controlled Trials からの関連研究を含めており、1998…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来肩手術患者における末梢神経ブロックと術後転帰との関連性:単施設対応コホート研究

・区域麻酔は全身麻酔と比較して術直後の利点があるかもしれないが、退院後転帰への影響はあまり明らかにされていない。著者らの目的は、区域麻酔と外来肩関節手術後転帰との関連性を調査することであった。 ・著者らはオタワ病院で歴史的コホート研究を実施した。2011 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までの待機的外来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要な癌手術中の血行動態と麻酔深度モニタリングが及ぼすアウトカムの影響:前後研究

・血行動態と麻酔深度(DOA)モニタリングは、多くの高リスク外科手術患者において、明確な適応症や目的がなくても使用されている。著者らは、主要な癌手術中の血行動態と麻酔管理を合理化するためのモニタリングガイドラインを実施した。 ・2014 年初頭には、著者らは、2 時間以上の開腹癌手術に際して、具体的な目標(平均動脈圧>65 mmH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経カテーテル大動脈弁置換術後の転帰:傾向スコアで対応させた後ろ向きコホート研究

・研究の目的は、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)または外科的大動脈弁置換術(SAV??R)のいずれかを受ける患者の現代的コホートにおける患者重症度と周術期転帰を調査するである。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムに参加している病院での、術後転帰を評価するための単変量ロジスティック回帰を伴う後ろ向き傾向一致コホート研究である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種々の禁煙期間が術後転帰に及ぼす影響:後ろ向き的コホート分析

・術前の禁煙は、術後転機を改善するために一般的に勧められている。しかし、どれほどの禁煙期間が必要であるか、またたとえ短い術前禁煙期間でも有用で十分に許容されるかどうかは不明である。著者らは、種々の術前禁煙期間と主要合併症と死亡率との関連性を評価した。 ・2007 年 5 月から 2013 年 12 月まで、クリーブランドクリニック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SmartPilot(R)ビューをガイドにした麻酔は、股関節骨折手術の術後転帰を改善する

・全身麻酔薬の不十分な投与や過剰投与は、虚弱な患者に危害を与える可能性がある。著者らは、SmartPilotRView(SPV)ソフトウェアによってガイドされる薬物動態/薬力学モデルを用いたコンピュータ支援麻酔が、股関節骨折手術を受ける患者の麻酔深度を最適化し、転帰を改善できると仮定した。 ・単施設での前向き無作為化盲式試験には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前身体活動とそれが心臓外科手術後転帰に及ぼす影響についての系統的レビュー

・本系統的レビューの目的は、術前身体活動度が、成人の心臓外科手術患者の術後の (1)主要有害心臓脳血管症状(MACCE)、(2) 30 日以内の有害事象、(3)在院期間(HLOS)、(4)集中治療室在室期間(ICU LOS)、(5)日常生活活動(ADL)、(6)生活の質、(7)心臓リハビリへの出席、(8))身体活動行動に及ぼす影響を検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術後の世界的な患者転帰:低、中、高所得の 27 ヵ国でのコホート調査

・国際的な取り組みが患者の外科的治療へのアクセスを増加させているため、手術の悪影響を理解し、適切なレベルの周術的ケアを明らかにする必要性がある。 ・著者らは、27 カ国で成人入院患者の待機的手術後の転帰についての国際的な 7 日間のコホート研究を計画した。主要評価項目は、院内合併症であった。副次評価項目は、合併症後の死亡(救命でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more