テーマ:神経学的転帰

リドカイン静脈内投与は心臓手術後の神経学的転帰を改善しない:無作為化比較試験

・心臓手術後の認知機能低下が頻繁に発生し、患者のかなりの割合で持続する。前臨床試験とヒトでの試験により、静脈内リドカインが神経学的損傷の場合に保護効果を有する可能性があることが示唆されている。リドカイン投与は、プラセボと比較して心臓手術後の認知機能低下を軽減すると仮定した。 ・施設内査察委員会の承認後、心臓手術を受ける 478 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期の動脈血二酸化炭素分圧は、心停止からの蘇生後の神経学的転帰と関連している

・研究目的は、心停止から蘇生した患者の動脈二酸化炭素分圧(PaCO2)、規定の分時換気量(MV)、および神経学的転帰の関係を調査することであった。 ・これは、心停止後に自己循環が回復(ROSC)した成人患者の多施設データベースを利用した後ろ向きコホート研究であった。主要評価項目は、脳機能カテゴリー(CPC)スコアで定義される退院時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心停止蘇生後の動脈血二酸化炭素分圧と神経学的転帰:前向きの多施設プロトコル指向コホート研究

・動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)は、脳損傷後の脳血流量の調節因子である。著者らは、心停止からの蘇生後の PaCO2 と神経学的転帰との間の関連性を検証しようとした。 ・6 つの病院を対象とした前向きプロトコル指向コホート研究で、年齢 18 歳以上、非外傷性心停止、自己循環回復(ROSC)後に人工呼吸され、目標体温管理を受けた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心停止から蘇生後の平均動脈血圧上昇と神経学的転帰との関連性:多施設前向きコホート研究からの結果

・実験室の研究は、心停止による蘇生後の血圧の上昇が保護的である可能性があることを示唆している。しかし、臨床データは限られている。著者らは、蘇生後の平均血圧上昇が神経学的転帰と関連しているという仮説を検証しようとした。 ・自己循環回復後に目標体温管理を行った成人の非外傷性心停止患者を対象とした米国の 6 つの大学関連病院での前向きコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more