テーマ:TIVA

冠動脈バイパス移植を受ける患者の死亡率と臨床転帰に及ぼす揮発性麻酔薬の影響:無作為化臨床試験のメタ分析

・揮発性麻酔薬の術中使用が冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者の術後臨床転帰にプラスの効果をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、CABG を受ける患者で揮発性麻酔の長期的および短期的死亡率と臨床転帰、全身静脈麻酔(TIVA)のそれと比較して体系的に分析することを目的とした。 ・著者らは、CABG を受ける患者で揮発性麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸入麻酔と全静脈麻酔による癌手術後の長期予後:系統的レビューとメタ分析

・多くのチームが麻酔の種類と癌手術後の長期転帰との間の関連性を調査してきたが、その結論には一貫性がない。揮発性麻酔薬(VA)による吸入麻酔下とプロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)による癌手術後の長期転帰に関する臨床研究の現在利用可能な知見を要約するために、本系統的レビューとメタ分析を行った。 ・著者らは、VA と TIVA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較:無作為化比較試験のメタ分析

・プロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)は、吸入麻酔(IA)と比較して、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)中の出血を減らし、術野の質を改善するために提案されている。ESS 中の IA に対する TIVA の利点を判断するために、最新のメタ分析を実行した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library を用いて、TI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較メタ分析

・最適な術中手術野の可視性を達成し、出血量を最小にすることは内視鏡下副鼻腔手術(ESS)における 2 つの重要なパラメータである。このメタ分析の目的は、無作為化対照試験(RCT)のみに基づいて、これらおよび他のパラメータの優れた結果が得られたかどうかを判断するために、全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔(IA)を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術に際しての揮発性麻酔薬 vs 全静脈麻酔

・揮発性(吸入)麻酔薬は冠状動脈バイパス移植術(CABG)を受ける患者の臨床転帰を改善する可能性のある心保護効果がある。 ・13 カ国 36 施設で、実際的な多施設共同盲式対照試験を実施した。待機的 CABG を受ける予定の患者は、揮発性麻酔薬(デスフルラン、イソフルラン、セボフルラン)を含む術中麻酔レジメンか、または全静脈麻酔に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VEGF-C と TGF-βの放出および乳癌手術後の予後に及ぼすプロポフォール/レミフェンタニル麻酔

・血管内皮増殖因子(VEGF)とトランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)は、腫瘍増殖と転移に関与している。セボフルランは血管新生を促進するが、プロポフォールは抗血管新生効果を示す可能性がある。本研究で、著者らは、乳癌手術を受ける患者で、プロポフォール/レミフェンタニルベースの全静脈麻酔(TIVA)とセボフルランベースの吸入麻酔の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術を受ける病的肥満患者の術後回復改善における吸入(デスフルラン) vs 全静脈麻酔

<ハイライト> ・プロポフォールとデキスメデトミジンを使用した TIVA は、病的肥満の袖状胃切除術の安全な麻酔法である。 ・TIVA 法は、安定した術中の血行動態を維持する可能性がある。 ・TIVA は術後の副作用や鎮痛の必要性が少なく、良好な術後回復が得られる。 <要旨> ・腹腔鏡下袖状胃切除術は、全静脈麻酔(TIVA)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的頸動脈内膜剥離術で TIVA vs VIMA の比較:脳酸素化と認知機能に及ぼす影響

・頸動脈内膜剥離術(CEA)は脳梗塞の予防に有効であるが、麻酔の種類によって影響を受ける術後認知機能障害(POCD)を合併する可能性がある。本研究の目的は、プロポフォールによる全身静脈麻酔(TIVA)とセボフルランによる揮発麻酔導入維持(VIMA)が、脳組織酸素飽和度(SctO2)と POCD に及ぼす効果をと比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者でケタミン - プロポフォール混合物の異なる組合せによる TIVA の比較

・プロポフォールにケタミンを加えると、鎮静および全身麻酔に有用であることが示唆されている。本研究は、ケトフォールの比が異なる TIVA が小児の回復に及ぼす効果を調査することを目的としていた。 ・年齢 3-12 歳で、アデノイド切除か、扁桃摘出術を受ける幼児 75 人を無作為に 3 群に分けた。ケタミン - プロポフォール混合物(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more