テーマ:脊椎麻酔

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔と全身麻酔の比較:系統的レビューとメタ分析

・鼡径ヘルニアの修復は、最も一般的に行われている外科手術の1つである。これまで、どの麻酔法を使用すべきかコンセンサスはない。このメタ分析の目的は、成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)の有効性を評価することであった。 ・2020 年 1 月以前に、PubMed、Embase、ScienceDirec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソン病患者にっとての脊椎麻酔 vs 全身麻酔

・麻酔科医は、パーキンソン病(PD)では、全身麻酔(GA)を使用することを好む。しかし、GA は術中の神経症状を隠し、術後に悪化させることがある。さらに、GA で使用される麻酔薬は、PD 管理に使用される薬物と明確な相互作用がある。一方、脊椎麻酔(SA)で使用される薬物は、PD 患者にとってより安全である可能性がある。本研究の目的は、股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年および成人における硬膜後穿刺頭痛のリスク

・脊椎麻酔には、嘔気やオピオイド消費量の減少など、多くの利点があることが知られている。ただし、硬膜後穿刺頭痛(PDPH)は、依然としてこの手法に関連する重大なリスクのままである。青年期のこの合併症を具体的に調査した文献はほとんどない。そこで、著者らの主な目的は、(1)外来で下肢手術を受ける年齢 12 歳から 19 歳までの患者で 27G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の一過性神経症状(TNS)の発症におけるリドカインと他の局所麻酔薬:無作為化対照試験のメタ分析

・脊椎麻酔におけるリドカインの使用は、以前のメタ分析によると、一過性神経症状()のリスクを高める可能性がある。ただし、以前のメタ分析には他の局所麻酔薬に関するデータが不足していたため、リドカインが TNS の発症に及ぼす影響を比較するには、さらに評価が必要である。本研究の目的は、脊椎麻酔を受ける患者でリドカインと他の局所麻酔薬による T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔に際しての正中アプローチと傍正中アプローチによる、新規発症の術後腰痛の発生率

・硬膜穿刺後腰痛(PDPB)に及ぼす麻酔法の効果は特に評価されていない。本研究の目的は、PDPB の発生率と重症度を正中アプローチと傍正中アプローチ間で比較することであった。 ・患者を、無作為に正中(M 群、n=50)か、または傍正中(P 群、n=50)のいずれかのアプローチによる脊椎麻酔を受けるようにした。患者毎の穿刺試行回数、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎の解剖学的異常構造を有する患者で超音波補助脊椎麻酔とランドマークガイド脊椎麻酔:無作為化対照試験

・体表ランドマークガイド法を使用した脊椎麻酔は、腰椎の解剖学的変化のある患者では困難なことがある。ただし、超音波検査を使用してこれらの集団の技術的困難を軽減できるかどうかは不明である。超音波補助法は、脊椎の解剖学的異常構造を有する患者で、ランドマークガイド法と比較して、ブロックの成功に必要な針の穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行性腎内結石手術の手術転帰と腎機能に及ぼす麻酔法の影響:前向き無作為化対照試験

・前向き無作為化比較試験で、逆行性腎内手術(RIRS)の手術転帰と腎機能に及ぼす麻酔法の影響を分析した。 ・2015 年 9 月から 2017 年 2 月に RIRS を受けた 70 人の患者は、全身麻酔(GA)または脊椎麻酔(SA)群に無作為に割り当てられた。腎機能は推定糸球体濾過率を使用して評価され、個別の腎機能は核医学検査を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦に施行した脊椎麻酔中に 3 つの異なる向きで穿刺した脊髄針で硬膜後穿刺頭痛の発症に影響はあるか?

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔のよく知られた頻度の高い合併症である。脊椎麻酔針のサイズ、形状、脊椎麻酔針の穿刺特性と髄液リークとの関係は、議論の余地がある。 ・本前向き無作為化試験には、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた年齢 18〜45 歳の 300 人の患者が含まれた。坐位で L3-4、またはL4-5 で 26G Quinc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔時の低血圧の予防と治療のための昇圧剤:胎児と母体の転帰のベイジアンネットワークメタ…

・帝王切開分娩に際しての脊柱管麻酔中に低血圧を管理するための昇圧薬の最適な選択は不明である。フェニレフリンはコンセンサスの選択肢として最近推奨されたが、フェニレフリンと他の保健設定で使用される昇圧薬との直接比較はほとんどない。そこで、この包括的なネットワークメタ分析で、著者らは、関連研究からのデータを照合することにより、間接的にこれを評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の初心者レジデントが行う脊椎麻酔のための術前超音波 vs ランドマーク法:無作為化比較試験

・正中アプローチを使用した脊椎麻酔は、高齢患者集団では技術的に困難かもしれない。術前の超音波(US)ガイド下傍正中法と術前の US ガイド下正中線法は、高齢患者で従来のランドマークガイド下正中法と比較した場合、初回試行で脊椎麻酔の成功率が異なるという仮説を立てた。 ・本前向き無作為化対照研究では、待機手術を予定している 180 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開手術を受ける患者の血糖値に及ぼす脊椎麻酔と全身麻酔の効果:前向き比較研究

・本前向き研究では、待機的帝王切開手術を受けた患者の血糖値を脊椎麻酔または全身麻酔と比較した。 ・合計で、待機的帝王切開手術を受けた 58 人の妊婦が本前向き比較研究に含まれた。S 群(n=35)には脊椎麻酔を選択した患者が含まれ、G 群(n=23)には全身麻酔を選択した患者が含まれた。患者は、患者の好みに応じて群に割り当てられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下で手術を受けた非産科患者の腰痛の発生率と要因:前向き 1 年追跡調査

・研究の目的は、非産科手術を受けた患者の脊椎麻酔後(SPA)腰痛(LBP)の発生率と関与する要因を調査することであった。 ・1 年間の前向き追跡研究で、SPA を使用した非産科手術を受けた患者が含まれた。患者は SPA 後、術後 1 週間は毎日、1週間、1 ヵ月は週 1 回、その後、1年間は 1 ヵ月に1回、電話とインタビューで追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における脊椎麻酔特性に及ぼすクモ膜下レボブピバカインの異なる温度の影響:前向き無作為化試験

・局所麻酔薬の温度は、脊椎麻酔の分布に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、整形外科手術における脊椎麻酔の特性とシバリングに及ぼすクモ膜下 0.5% レボブピバカインの異なる温度の効果を比較することである。 ・ASA-PS I/II で、整形外科手術を予定している年齢 40〜70 歳の 120 人の患者を対象に、無作為化前向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開のための脊椎麻酔後の低血圧の予防:無作為化対照試験の系統的レビューとネットワークメタ分析

・帝王切開の脊椎麻酔は、一般に母体の低血圧を引き起こす。この系統的レビューとネットワークメタ分析は、帝王切開で脊椎麻酔を受ける女性の低血圧を防ぐ方法を比較した。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Web of Science を 2018 年 12 月まで検索して、低血圧を防ぐための介入と別の介入または非介入対照を比較した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における超音波補助 vs ランドマーク指標の傍正中脊椎麻酔:無作為化対照試験

・脊柱管超音波は脊椎麻酔の有効性を改善する可能性があるが、これは高齢者の傍正中法では検証されていない。本研究の目的は、超音波補助傍正中法が高齢者のランドマーク指標の傍正中法と比較して成功に必要な針穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価することである。 ・2017 年 10 月から 2018 年 1 月まで、韓国のソウルにある三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔は、膝関節全置換術と股関節全置換術後の合併症が少ない

・著者らは、脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)で、人工膝関節全置換術(TKA)と股関節全置換術の以下の 30 日転帰を比較した:(1)死亡、(2)大小の合併症、(3)転院先。 ・2011 年から 2016 年まで、米国外科学会全国手術の質改善プログラムのデータベースには、45,871 例の SA 下での股関節全置換術と GA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開の脊椎麻酔の知覚ブロックレベルに及ぼすボディラウンドネスインデックスの影響:観察研究

・本前向き試験で、著者らは、待機的帝王切開中に脊椎麻酔を受ける妊婦の脊椎麻酔の広がりと昇圧剤の必要性を予測する際に、母体のボディラウンドネスインデックス(BRI)の有効性を調査している。 ・175 人の参加者を前向きに登録した。脊椎麻酔は、L3-L4 椎間で 0.5% 高比重ブピバカイン 10 mg で行い、BRI の最適カットオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫:6 人の患者の経験

・研究の目的は、脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫(ASDH)の発生に関する経験を報告することである。 ・著者らは、脊椎麻酔後の非外傷性 ASDH の症例を検出するために、2010 年から 2017 年までの診療録を確認した。全症例について、病因、手技から血腫診断までのタイムラグ、治療、転帰について分析した。 ・非外傷性 AS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻薬中毒患者と非中毒患者との間での脊椎麻酔の質の比較

・本研究の目的は、麻薬依存患者と麻薬未使用患者の脊椎麻酔の質を比較することである。 ・症例対照研究で、麻薬依存患者と麻薬未使用患者(群あたり 30 人)を含む 2 群の被験者を登録した。ブピバカイン 15 mg を使用して脊椎麻酔を実施した。麻酔レベルは、1 分ごとに 10 分間評価し、その後 10 分ごとに 180 分間評価した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リビジョン THAを受ける患者の脊椎麻酔は全身麻酔よりも安全か? ACS-NSQIP データベースの分析

・リビジョン THA の頻度は増加し続けており、術後合併症の原因となる危険因子を特定する必要がある。麻酔の種類は、初回 THA を受ける患者の合併症率と関連していることが示されているが、リビジョン THA を受ける患者で同じことが当てはまるかどうかは明らかではない。 研究の目的は、(1)交絡変数を調節した後、大規模データベース分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨骨折手術に際しての脊椎麻酔後の超高齢患者における術後早期の酸素飽和度低下の予測:後ろ向き分析

・高齢者の術後の酸素飽和度低下は、文献ではめったに取り上げられていない。本後ろ向き研究の目的は、術前の肺機能検査と動脈血ガス分析により、超高齢患者の脊椎麻酔後の術後酸素飽和度低下を予測できるかどうかを調査することであった。 ・大腿骨頸部骨折に対して脊椎麻酔を受けた 399 人の患者(年齢 80 歳以上)の診療記録を後ろ向きにレビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術における片側性脊椎麻酔のためのブピバカイン補助薬としてのフェンタニルとデキスメデトミジンの比較:無作為化試験

・片側性脊椎麻酔の短所の 1 つは、術後鎮痛持続時間が短いことである。これは、局所麻酔薬に補助剤を加えることで解決できる。本研究の目的は、下腿手術を受ける患者で片側性脊椎麻酔特性に及ぼすブピバカインへのデキスメデトミジン、フェンタニル、または生食の添加の効果を比較することであった。 ・この二重盲式臨床試験では、定時の下腿手術を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔は、早期の人工関節周囲感染症と関連している可能性がある:3,909 例の関節形成術の観察研究

・人工膝関節周囲感染症(PJI)は、依然として膝関節全置換術または人工股関節全置換術(TKA/THA)に続く悲惨な合併症のままである。今日では、多くの研究が PJI に関する予防戦略に焦点を当てている。しかし、PJI の発症における麻酔の潜在的な役割は不明のままである。 ・2014 年 1 月から 2017 年 12 月までに待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔の失敗に関連する要因: 待機的股関節および膝関節形成術を受けた患者の 8年間の後ろ向き分析

・この 8 年間の後ろ向きレビューの主要評価項目は、待機的股関節・膝関節形成術における脊椎麻酔(SA)の失敗であった。 ・3542 件の SA から、合計 135 件の失敗が確認された(3.8%)。失敗のオッズの増加に関連する要因は、 (1) 年齢が若い(オッズ比[OR]、1.03; 95%信頼区間[CI]、1.01-1.05)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の効果:後ろ向き傾向スコア一致ペアコホート研究

・脊椎麻酔(SA)は全身麻酔(GA)よりも生理学的な利点があるが、死亡率の利点に関してのエビデンスは不十分である。股関節骨折手術を受けた患者の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の影響を評価するために、後ろ向き傾向スコアマッチングコホート研究を行った。 ・カナダのオンタリオ州トロントにある大学医療ネットワークで、13 年間にわたり股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在胎齢と脊椎麻酔の知覚遮断レベルとの相関

・研究の目的は、子宮頸管縫縮術を受ける患者で、妊娠期間の進行と脊椎麻酔の知覚ブロックレベルとの間の具体的な相関関係を特定することであった。 ・2016 年 3 月から 2018 年 5 月までに高比重ブピバカインを用いた脊椎麻酔下に頸管縫縮術を受けた患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。主要評価項目は、妊娠期間と脊椎麻酔の知覚遮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の急性腎障害の発生に及ぼす麻酔法の影響

・最近の研究で、整形手術患者においては全身麻酔よりも脊椎麻酔の利点が報告されている。ただし、人工膝関節全置換術(TKA)後の急性腎障害(AKI)と麻酔法の関係についてはほとんど知られていない。本研究は TKA 患者の AKI に及ぼす麻酔法の影響を確認することを目的とした。麻酔法の選択が他の臨床転帰に影響を与えるかどうかも評価した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臍下手術を受ける患者のリンパ球/好中球比に及ぼす麻酔法の効果

・好中球/リンパ球比(NLR)は末梢血中の簡易なマーカーであり、周術期の炎症反応と生理的ストレスを評価するためのパラメーターとして使用される。麻酔法は NLR に影響を及ぼし、それによって炎症反応と手術転帰を変化させる可能性がある。本研究の目的は、臍下手術を受ける患者で血中 NLR と麻酔法との関係を評価することであった。 ・施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の脊椎麻酔後の合併症発生率に及ぼす身長と体重で調整したくも膜下腔内ブピバカイン用量の影響

・局所麻酔薬の投与量は、脊椎麻酔の合併症の発生率に影響を与える。脊椎麻酔の合併症は生命を脅かす可能性があるが、予防可能かもしれない。本研究の目的は、帝王切開術のための脊椎麻酔後の合併症の発生率を、くも膜下ブピバカインの身長と体重で調整した用量と固定用量とを比較することである。 ・これは、6 ヶ月間にわたるアブジャ国立病院で実施され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more