テーマ:せん妄

高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICU の高齢者におけるせん妄の軽減におけるデキスメデトミジン vsプロポフォール鎮静: 系統的レビューとメタ分析

・ICU ではせん妄がよくみられ、発生率は 70% 以上と報告されている。せん妄に関連する重大な合併用と死亡のため、せん妄のない鎮静剤は ICU 入室した高齢者の転帰を改善すると仮定されている。研究目的は、デキスメデトミジン鎮静がプロポフォール鎮静と比較して高齢者の ICU せん妄の減少と関連しているかどうかを評価し、そのリスクと利益を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心血管手術後の脳血管自動調節とせん妄との関連についての前向き観察研究

・本前向き観察コホート研究の目的は、術後脳血管自己調節障害と心臓手術後のせん妄発症との間の関連性を評価することであった。これまでの研究では、人工心肺時の術中脳血管自己調節障害はせん妄と関連していることが示されている。しかしながら、術後の脳血管自己調節の変化とせん妄との関連は調査されていない。 ・ベースラインに認知機能障害や失語症の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下における全膝置換後のせん妄予防における周術期スタチン使用の役割

・スタチンの使用と術後せん妄(POD)の発生率との間の関係には論争がある。著者らは、脊椎麻酔下での全膝関節形成術(TKA)後の周術期スタチン使用とせん妄の発生との関連性を検討した。 ・2005 年 1 月から 2017 年 10 月までに、脊椎麻酔下で TKA を受けた患者の電子カルテを、2005 年 1 月から 2017 年まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内科 ICU におけるスタチンとそのせん妄との関連

・研究の目的は、内科 ICU に入室した入院患者で、スタチンの使用とせん妄のリスクとの関連を検討することであった。 ・米国、コネティカット州、ハートフォードのハートフォード病院で 2012 年 9 月 1 日から 2015 年 9 月 30 日まで、発生率を伴う後ろ向き傾向一致のコホート分析である。合計 10,216 回の内科 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術を受ける患者のせん妄後の認知機能低下

・せん妄は、心臓術後によく見られ、合併症率、死亡率、認知低下に関連付けられてきた。しかし、認知変化の程度、症状経過、影響を受ける可能性のある領域については矛盾する報告がある。著者らは、せん妄を有する患者が、せん妄を伴わない患者と比較して、心臓手術後 1 ヶ月と 1 年後に、より大きな認知低下をきたすであろうと仮定した。 ・人工心肺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more