テーマ:咽喉頭痛

ラリンジアルマスクは、気管チューブと比較して、甲状腺手術後の術後咽頭痛の発生率を低下させる:単盲式無作為化対照試験

・喉頭痛は、気管チューブ(ETT)を使用した甲状腺手術後の著しい合併症である。多くの研究により、ラリンジアルマスク(LMA)が術後咽頭痛の発生率と重症度を低下させる可能性があることが明らかになった。ただし、甲状腺手術におけるフレキシブル強化 LMA(FLMA)の使用についてはほとんど知られていない。本研究の目的は、ETT と比較して F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人手術患者で挿管関連咽喉頭痛を予防するためのマグネシウムの局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は患者の満足度と回復に悪影響を及ぼす。成人患者の術後咽喉頭痛を予防する上で硫酸マグネシウムの術前局所投与の有効性を調査するために系統的レビューとメタ分析を行った。 ・Medline、EMBASE、China National Knowledge Infrastructure、Cochrane Central of R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国人患者の気管挿管後の咽頭痛の発生率と危険因子

・研究目的は、気管挿管を伴う全身麻酔を受けた韓国人患者の術後咽頭痛(POST)の発生率を調査し、潜在的リスク要因を評価することであった。 ・本前向き研究は、気管挿管と全身麻酔を用いたあらゆる種類の待機的手術を受けた患者を登録した。患者を S 群(POST のあった患者)または N 群(POST のなかった患者)に分類した。各群の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔診療における質の改善 - 細い気管チューブ使用後の咽喉頭痛の発生率

・手術後の咽喉頭痛はよく見られ、多くの要因が原因である。咽喉頭痛の最も高い発生率は、気管挿管を受けた患者で起こる傾向がある。挿管された患者の 14.4% から 50% が、手術直後の時期に、咽喉頭痛と嗄声を訴え、その 3% は 1 週間後にまだ嗄声が続いていた。これは、術後合併症の増加とサービスに対する患者不満足の要因となる。細い気管チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブまたはラリンジアルマスク後の咽頭痛と嗄声の性差:前向き研究

・術後咽喉頭痛や嗄声は、気道操作後の軽度の合併症である。本研究は、主に、ラリンジアルマスク(LMA)と気管チューブ(ETT)後のこれらの症状の発生率と POST の部位における性差を調査するために行われた。 ・4 ヵ月間に合計で男性 112 人、女性 185 人が含まれた。全患者を術後と 24 時間後に、咽喉頭痛、その部位、嗄声に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more