テーマ:麻酔導入

小児患者の気管挿管のための筋弛緩薬:系統的レビューとメタ分析

・筋弛緩薬を使用して小児の気管挿管を補助することの利点は、試験のデザイン、治療、結果がばらついているため不明のままである。利用可能なエビデンスを併用することによって、著者らは科学的知見が一貫しており、さまざまな集団、設定条件、治療で一般化できるかどうかを確立することを目指した。 ・ASA クラス I-II の被検者(年齢 0-12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳灌流に及ぼす全身麻酔導入時の低血圧の影響:成人の前向き観察研究

・麻酔中、平均動脈圧(MAP)の低下はよく見られるが、脳低灌流の可能性への影響は議論の余地がある。著者らは、全身麻酔導入中および低血圧エピソード中に、心血管合併症のある患者とない患者(高リスク vs 低リスク)で脳灌流を評価した。 ・プロポフォール-レミフェンタニルの標準化目標制御注入を使用した神経放射線学的処置予定の患者を前向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再分布性低体温を軽減する導入法:前向き無作為化対照単盲式有効性試験

・術中低体温症の軽減に多くの努力が注がれているが、再分布性低体温症の予防に対する注意はあまり向けられていない。本研究では、3 種類の異なる麻酔導入法を、標準的なプロポフォール IV 導入(対照群)と比較して、再分布性低体温の軽減に及ぼす効果を比較した。 ・年齢 18〜55 歳で発熱していない待機患者は、4 群のいずれかに無作為に割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンタニルとプロポフォール投与の時間間隔が麻酔導入に必要なプロポフォール用量に及ぼす影響:無作為化対照試験

・プロポフォールによる麻酔導入前のフェンタニルの投与は、プロポフォールの導入量とその副作用を減らして、スムーズな導入を促進するはずである。本研究は、フェンタニルとプロポフォールの投与間隔を変えて麻酔導入に必要なプロポフォールの投与量に及ぼす影響を調査するために計画された。 ・施設倫理委員会の承認の後、全身麻酔下で待機的手術を受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正常気道患者におけるマスク換気チェック前後のロクロニウムの早期投与と後期投与を比較する無作為化試験

・全身麻酔導入中は、マスク換気を提供する能力が確認されるまで筋弛緩を遅らせることが一般的な方法である。ただし、このアプローチの利点は科学的に検証されていない。そこで、著者らは正常気道を有する患者で、マスク換気の効率と気管挿管までの時間を調査するためにマスク換気をチェックする前後でロクロニウムの早期と後期投与を比較した。 ・患者(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前のマスク換気の確認:麻酔科医の態度と思考に関する全国規模の調査

・筋弛緩薬を投与する前にマスク換気をチェックすることの意義は未だ議論されている。 ・スウェーデンで麻酔科医の診療の調査を行い、最初に挿管を伴う日常的的な導入の一部としてマスク換気試験(MVT)を使用するかどうかを尋ねた(迅速導入または困難気道が予想される場合ではない)。著者らは麻酔科医の態度を一般的な場合と、特別なシナリオで精査し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入中の血行動態の安定性に及ぼす術前輸液療法の効果、無作為化試験

・麻酔導入中に灌流圧を維持することが重要である。標準化麻酔法、注意深い輸液療法および血管作用薬は、導入処置を通して適切な血行動態を維持するのに役立つかもしれない。本無作為化試験では、除脂肪体重に基づく術前の容量ボーラス投与は、目標制御注入法(TCI)による導入または迅速導入(RSI)後の有意な血圧降下(BPD)の発生率を低下させると仮定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中の低酸素血症の一因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリの動脈血酸素飽和度(SpO2)<95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の全身麻酔導入中の手動 vs 従圧式フェイスマスク換気:前向き無作為化対照研究

・胃への送気は小児のフェイスマスク換気中に頻繁に発生する。本研究で、著者らは小児の全身麻酔導入中の従圧式フェイスマスク換気と手動フェイスマスク換気の胃内ガス注入の発生率を比較した。 ・従圧式換気群(n=76)の小児は、13 cmH2O の吸気圧で従圧式フェイスマスク換気を受けた。手動換気群(n=75)では、フェイスマスク換気は麻酔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児で超音波検査を用いた胃内ガス注入を最小につつ十分な換気を提供する最適吸気圧の決定

中国人小児で超音波検査を用いた胃内ガス注入を最小につつ十分な換気を提供する最適吸気圧の決定:前向き無作為化二重盲式試験 ・フェイスマスク換気中に、胃内ガス注入は超音波検査でコメットテイル(comet-tail)の外観または音響陰影として定義される。腹部断面積(CSA)の超音波測定は送気された前庭部を反映し、胃送気に関して興味深い半…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の麻酔導入に際して手動よりも従圧式フェイスマスク換気中の方が最高気道内圧が低い

・小児患者の全身麻酔導入中のフェイスマスク換気は、低酸素状態と、その後の逆流および誤嚥を伴う胃内ガス注入をもたらす可能性があるため、依然として課題である。これまでのところ、従圧式換気と手動フェイスマスク換気のいずれが小児に好ましいかどうかは不明である。無呼吸小児の従圧換気は、手動換気と比較して、同等の呼吸数と一回換気量で低い最高気道内圧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:麻酔導入に及ぼすリドカイン静注の効果とは?

37 件の RCT の系統的レビューとメタ分析から、リドカイン静注は、プラセボと比較して、全年齢層の患者さんで喉頭展開と気管挿管に対する心血管反応を軽減するのに役立つ、と報告されています。 リドカイン静注 vs プラセボ が喉頭展開と気管挿管に対する心血管反応軽減に及ぼす有効性 Qi DY, et al. Efficacy of i…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールの標的制御注入による麻酔導入の 2 つの方法の比較

・プロポフォールの目標制御注入法による麻酔導入は、患者が意識を失うまで効果部位濃度の段階的増加させる(滴定法)か、または高い効果部位濃度目標を設定し、意識消失時の計算された効果部位濃度を観察すること(標準法)によって達成され得る。意識消失時の推定効果部位濃度が正確である場合、意識消失時の効果部位濃度と意識回復時の効果部位濃度の差は小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入をガイドするためのバイスペクトル指数:無作為化対照研究

・全身麻酔導入に際してプロポフォール投与後に頻繁に観察される低血圧が、どの程度プロポフォールの過剰投与によって引き起こされるのかは知られていない。臨床徴候とは異なり、脳波ベースの脳波モニタリングは、催眠薬過量投与を検出し定量化する可能性がある。そこで、著者らは、脳波ベースの脳モニタリングの使用が、プロポフォールによる導入後の低血圧を減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:麻酔導入の薬剤:フェンタニル、プロポフォール、ロクロニウム、リドカインの目的と投与順序は?

A:プロポフォールは、鎮静剤に過ぎず、それ自体には、鎮痛作用(抗侵害刺激作用)がない。気管挿管にしろ、ラリンジアルマスク挿入にしろ、生体にとっては、ある程度の侵害刺激である。気管挿管は手術侵襲以上の侵害刺激であることは、20 年以上前からエビデンスとして確立している。 プロポフォールだけで気管挿管を行うのは、患者さんは何も訴えはし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more