テーマ:認知機能障害

区域または全身麻酔による手術後の認知機能:地域住民ベースの研究

<ハイライト> ・麻酔を伴う手術への曝露は、世界的な認知機能低下の加速に関連している。 ・認知機能の全体的低下は、区域麻酔と全身麻酔後とも同様である。 ・手術後、全身麻酔を伴う手術後には、記憶力の低下が促進される場合があるが、区域麻酔では記憶力低下はない。 <要旨> ・著者らの目的は、区域麻酔(RA)による手術が、以前に報告さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EEG 抑制の持続時間は、ヒト志願者における全身麻酔後の回復時間または認知機能障害の程度を予測しない

・昏睡中と全身麻酔下で EEG にバーストサプレッションが起こる。バーストサプレッションは麻酔が深い状態を表し、回復することが困難であると考えられてきた。しかしながら、これは直接的には証明されていない。ここでは、ヒトボランティアにおける EEG 抑制と意識回復との関係を評価することによって、この仮説を直接検証する。 ・イソフルラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知機能障害と術後せん妄減少に及ぼす麻酔の脳モニタリング:系統的レビュー

・研究の目的は、術後認知機能障害と術後せん妄(POD)を減少させる上での麻酔深度を脳でモニタリングする有効性を評価することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library データベースを、PRISMA ステートメントガイドラインに従って検索した。著者らは、系統的レビューに、脳波検査を基にした場合と、日常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の早期認知低下に及ぼすデキサメタゾンの効果:無作為化比較試験

・術後認知低下(postoperative cognitive decline:POCD)は、心臓手術後の非常によく見られる合併症で、記憶機能と知的能力の両方の障害、医療資源の使用増加に関連していることを特徴とする。研究者らは、POCD の病因に関与する潜在的因子として、外科的処置に対する炎症反応の役割に焦点を当てた。炎症反応を減弱させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患後の認知障害

Cognitive impairments after critical illness Acta Anaesthesiologica Scandinavica Article first published online: 8 SEP 2011 ・重症疾患の後は、認知機能障害がよくみられる。こうした状況での認知障害の病因とその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more