テーマ:小児麻酔

幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸器を装着した小児の無気肺の発症に及ぼすいろいろな吸入酸素濃度の影響:無作為化比較試験

・吸入酸素濃度(FI O2)が高いと、直接的な肺毒性と肺合併症を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、肺超音波を使用して人工呼吸器を装着した小児で、術中無気肺の発生に及ぼす異なる FI O2 の効果を評価することであった。 ・本無作為化対照、患者と超音波検査者盲式試験で、86 人の小児(年齢 6 歳以下)が非心臓手術を受け、低(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒せん妄は、術中のバーストサプレッションとは関係ない-前向き観察電位記録研究

・病態生理学的背景は不明のままであるが、覚醒せん妄は全身麻酔から回復中の小児の最も頻繁にみられる脳機能障害である。今回の研究では、覚醒せん妄と、全身麻酔中の非常に深い催眠の期間の脳波である術中バーストサプレッション活動との関連を分析した。 ・ドイツのベルリン、シャリテ大学病院での本前向き観察コホート研究は、予定手術を受ける年齢 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期投与した静脈内投与したリドカインが小児の内因性オピオイドの術後血清濃度に及ぼす影響

・内因性オピオイドは疼痛緩和過程に関与する神経ペプチドである。末梢において、それらは合成されて、免疫系の細胞に貯蔵される。本研究では、小児における周術期の静脈内(i.v.)リドカイン注入が、術後血清内因性オピオイド濃度に及ぼす影響について明らかにする。(※ 画像は、Met-エンケファリンの 3D 構造(Wikipedia より)) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブートストラップリサンプリング法を用いた小児気管チューブサイズ公式の導出と検証

・小児のカフなし気管チューブ(TT)の最適サイズを予測するための年齢、身長、体重に基づく公式の正確性は大きく異なっている。インド人小児の TT サイズを予測する際の年齢、身長、体重の正確さを決定し、最良の予測因子を使った式を導出し検証した。 ・導出段階では、全身麻酔とカフなし気管チューブで気管挿管を受ける年齢 1 〜 8 歳の 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健常児 vs 脳性麻痺児で、セボフルラン麻酔を用いた深鎮静中のバイスペクトル指数値と鎮静深度の比較

・脳性麻痺(CP)の患者は、歯周病と齲歯による重大な危険にさらされている。この患者群の歯科治療には、通常、鎮静や全身麻酔などの集学的治療を必要とする薬理学的手法が使用されている。本後ろ向き研究の目的は、ガジ大学歯学部小児歯科学科で健康小児と CP 小児で実施された深鎮静プロトコル中に記録されたバイスペクトル指数(BIS)値と鎮静深度を比…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小児患者における Air‐Q 挿管用喉頭気道を介した盲目的気管挿管:再評価-無作為化対照試験

・小児声門上気道器具の中には、ファイバーガイド下の挿管用の導管としては検証されていても、盲目的挿管のために広い視野で評価されていないものもある。本研究の目的は、小児患者で air-Q 喉頭気道を介した修正操作を用いた盲目的気管挿管 vs ファイバーガイド下挿管の成功率を比較することであった。 ・全身麻酔下に待機的手術を受ける小児患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児短時間手術で、麻酔深度尺度としての BIS、呼気終末麻酔ガス濃度、吸入-呼気終末酸素濃度差

・呼気終末麻酔ガス濃度(ETAG)の測定は、現在麻酔深度をモニターするための実用的な指標である。著者らは、幼児と就学前小児の麻酔深度の測定において、バイスペクトル指数(BIS)を伴うセボフルランの ETAG(ETAG-sevo)と吸気-呼気終末酸素濃度差(Fi-Et)O2% の性能を評価することを目的とした。主要評価項目は、BIS と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非専門センターの小児患者における気管挿管関連有害事象:多施設前向き観察研究

・三次医療 PICU では、気管挿管関連の有害事象が頻繁に発生する(20%;重度の気管挿管関連事象は 3~6.5%)。しかし、小児患者はしばしば非専門センターを受診するため、その病院のチームによる挿管を必要とする。気管挿管関連事象の発生率はこの状況では十分に研究されていない。気管挿管に関連する事象の割合は非専門センターではより高いだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修正 Cormack-Lehane 分類の頻度分布:正常気道小児における気管挿管の後ろ向き的集計

・気管挿管時に予期せぬ不良な喉頭鏡像を呈する小児患者は、罹患率と死亡率の増加に関連する可能性のある困難な状況を呈している。本研究の目的は、修正 Cormack-Lehane(MCL)分類の頻度を調査し、予想せぬ気道障害のない大規模小児集団で不良な喉頭鏡視野の変数を明らかにすることであった。 ・2007 年 1 月から 2017 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管支ファイバーによる小児患者における air-Q 挿入法の比較

・air-Q ラリンジアルマスク[LMA]は、小児気道の不都合な解剖学的構造にもかかわらず、小児に十分な気道管理を提供する第二世代声門上気道器具[SAD]である。気管挿管のための導管としてそれを評価し、他の SAD と器具の有効性を比較した研究がある。今日まで、2 種類の挿入法、すなわち正中線法と回転法を使用して air-Q を通した喉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率予測における小児リスク評価スコアの前向き外部検証

・周術期死亡の危険性が高い小児を早期に特定することで、転帰を改善できる可能性がある。しかし、十分に検証されたリスク予測ツールが不足している。小児リスクアセスメント(PRAm)スコアは、非心臓手術を受ける小児患者における周術期の死亡リスクを予測するための新しいモデルである。それは米国外科学会手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)小児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率を予測するための小児リスクアセスメントスコアの開発

・成人の周術期死亡率を予測する多くの試みがあるが、小児の死亡率を予測する客観的モデルは開発されていない。本研究では、非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率を予測するために小児リスクアセスメント(PRAm)スコアを開発することを目的とした。 ・著者らは、導出コホートには 2012 年と 2013 年の米国外科学会手術の質改善プログラム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児扁桃腺アドノイド摘出術後の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの比較

・小児扁桃腺アデノイド摘出術の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの比較を行った。 ・2014 年 2 月から 2017 年 5 月に、低温血漿下で扁桃腺およびアデノイドラジオ波焼灼術を受け、徐州医科大学の徐州小児病院に入院した 165 人の小児の診療記録について後ろ向き分析を行った。合計で、セボフルラン麻酔をされた 7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵、落花生、大豆または他のマメ科植物に対してアレルギーを持つ小児におけるプロポフォールの使用

・プロポフォールは、小児の麻酔薬として最も一般的に投与されている静脈内投与薬である。しかしながら、乳化調製物は、卵、落花生、大豆、他のマメ科植物に対してアレルギーを有する小児において安全ではないかもしれないという懸念がある。免疫学的に確認された卵、落花生、大豆、マメ科植物のアレルギーを持ち、プリンセスマーガレット小児病院で 2005 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術を受ける小児患者における換気の妥当性に対する I‐gel vs 気管挿管の比較評価

・より新しい声門上器具の使用は腹腔鏡手術にまで拡大されてきた。小児腹腔鏡手術におけるこれら 2 つの器具の有効性を比較および評価するために本研究を実施した。 ・待機的腹腔鏡下手術を予定している年齢 2 ~ 8 歳の 80 人の小児が、無作為に i-gel か、または気管チューブ(ETT)群に割り当てられた。吸入導入については標準的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待機的小児全身麻酔のために絶飲する清澄液に関する合意声明

清澄液の術前絶飲管理のための小児麻酔ガイドラインは現在 2 時間である。誤嚥のリスクを減らすために、伝統的な 2 時間の清澄液絶飲時間が推奨されており、現在の文献と一致していない。清澄液絶飲療法の自由化は誤嚥の発生率に影響を及ぼさず、誤嚥した患者では、続発症は通常重症でも長期的でもない。2 時間の清澄液絶飲方針では、文献は 15 時間ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早産児における胃内容排出時間の超音波評価:前向き観察研究

・小児麻酔では、術前絶食は不快感、空腹感、のどの口渇および代謝障害を防ぐために短くなければならない。現在のヨーロッパのガイドラインでは、乳児で母乳は 4 時間、人工乳では 6 時間の術前絶食時間を推奨しているが、いくつかの国内ガイドラインでは麻酔の 4 時間前まで両方を認めている。著者らは、早産児での母乳と人工乳後の胃内容排出時間を評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管用導管としての小児声門上気道装置の限界 - in vitro研究

・声門上気道器具(SGA)を挿管用導管として使用できるが、小児 SGA に関するデータと製造元の推奨は不完全で、誤解を招くことがある。この状況では、SGA と気管チューブ(ETT)の不適合な併用が使用される可能性がある。このミスマッチの可能性に対処するために、著者らは SGA と ETT の可能な併用の概要を確立するために in vit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児気管チューブサイズの予測:超音波検査測定を使用した声門下径予測 vs 伝統的公式

・小児気道評価は麻酔科医に出された最も挑戦的な課題のままである。超音波検査法の最近の進歩は今や小児気道の正確で記述的な評価を可能にするはずである。研究の目的は、身体指標から気管チューブの外径を計算する伝統的公式と、超音波によって予め決定された外径を比較することであった。 ・気管挿管を必要とする全身麻酔下で様々な待機的手術を受ける、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児<3 歳の手術で他の全身麻酔薬と比較したプロポフォールの評価:系統的レビューとメタ分析

・よく知られている利点にもかかわらず、プロポフォールは、3 歳未満の小児における使用についてはエビデンスが不十分なために、この集団での全身麻酔に関して多くの国で適応外のままである。本研究は、既存の無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析を通じて、手術を受ける 3 歳未満の小児で他の全身麻酔薬と比較したプロポフォールの有効性および安全性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児での抜管のための側臥位と仰臥位の比較:無作為化臨床試験

・側臥位は気道開存性を維持するために有利であることが知られている。本研究では、小児患者で深い麻酔深度での抜管を行う際の側臥位と仰臥位を比較した。仮説は、側臥位での抜管は、抜管直後にしばしば起こる気道閉塞を改善するであろう、そして実用的な方法でありうるというものであった。 ・本前向き無作為化試験は、三次医療病院の手術室で行われ、待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における喉頭鏡検査中の喉頭深部酸素吹送の使用:無作為化臨床試験

・全身麻酔導入中の小児では、短時間のヘモグロビン酸素飽和度低下がよく見られる。挿管中の酸素吹送は酸素飽和度低下を遅らせるという仮説を検証した。 ・経鼻気管挿管を受ける年齢 1~17 歳の患者を登録し、3 群のうちの 1 群に無作為に割り付けた:標準直接喉頭鏡検査(DL)、Truview PCD ビデオ喉頭鏡(VLO2)か、側面に酸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるプロポフォール鎮静中の換気異常の検出における気管前聴診器の有用性

・補充酸素療法を受けている患者では、パルスオキシメトリー単独では換気異常の検出が有意に遅れることがあるため、カプノグラフィまたは聴診器による換気モニタリングが推奨されている。本研究の目的は、挿管されていない小児のプロポフォール鎮静中の有害な呼吸器症状を検出する際のパルスオキシメトリーとカプノグラフィとともに用いた気管前聴診器の診断性能を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の麻酔覚醒時興奮に及ぼすエスモロールとリドカインの効果:二重盲式無作為化臨床共同研究

・セボフルランは、気道刺激を最小限に抑えながら迅速に作用するため、小児の麻酔に広く使用されている。しかし、麻酔から覚醒後の興奮の危険性が高い。特に斜視手術は、患者が術後に目を覆っているために興奮を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、エスモロールとリドカインが小児の覚醒時興奮を減少させるかどうかを調査することであった。 ・斜視手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃送気を予防するための筋弛緩ありとなしの小児のフェイスマスク換気のための最適吸気圧

・胃への送気はフェイスマスク換気中によく見られ、小児に好ましくない呼吸事象をもたらす。本研究の目的は、胃送気に及ぼす筋弛緩剤の効果を評価し、小児フェイスマスク換気中の最適吸気圧を決定することであった。 ・月齢 1ヶ月から年齢 5 歳までの小児を無作為に筋弛緩薬(NM)群、または非筋弛緩薬(non-NM)群に割り当てた。静脈麻酔薬投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more