テーマ:小児麻酔

小児における術前の清澄液絶飲持続時間と末梢静脈カテーテル留置:9,693 人の患者を対象とした単施設観察コホート研究

・小児は日常的に全身麻酔の吸入導入を受ける。静脈ラインの留置は通常、麻酔導入後に行われ、特に乳児や幼児では困難な場合がある。著者らは、麻酔小児で、清澄液絶飲時間と末梢静脈カテーテル挿入試行回数との間に関連性があるかどうかを調査するために、後ろ向き観察研究を実施した。副次目的は、静脈ラインの複数回挿入施行に関連する要因を特定することであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛のためのリドカインの全身注入:無作為化二重盲式対照試験

・全身的リドカイン投与は、成人に満足のいく術後鎮痛を提供できる。本研究では、静脈内リドカインが腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛および回復に有効かどうかを評価した。 ・6 ヶ月から 6 歳未満の合計 66 人の小児は、リドカイン(L)群か、または対照(C)群に分類された。L 群の小児はリドカイン注入(1 mL/kg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磁気共鳴画像法(MRI)を受けた小児患者でのラリンジアルマスクユニーク?の位置:前向き観察研究

・ラリンジアルマスク UNIQUE(LMAU)は、臨床成績が良好で失敗率が低い声門上気道器具である。磁気共鳴画像法(MRI)上での LMAU の理想的な位置と、放射線学的位置異常が臨床性能(可聴リーク)に関連するかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の主な目的は、サイズに応じた LMAU の放射線学的異常の発生率を評価すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手指触診による小児輪状甲状膜の同定の正確性と緊急前頸部アクセスに対する意義

・小児科での「挿管できない酸素化できない」シナリオでの緊急前頚部アクセスはまれである。理想的には、気道レスッキューには耳鼻咽喉科医の存在が含まれる。しかし、助力を利用できない場合、責任は麻酔科医にあり、成功には前頚部構造の正確な同定が不可欠である。著者らは、事前定義された 3 つの年齢層(37 週間から 1 歳未満、1-8 歳、9-16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔におけるケタミンとリドカインの併用の効果

・著者らは、補助的なリドカインがケタミンで鎮静された小児患者で副作用の発生率を減少させるかどうかを調査するために、無作為化臨床試験を実施した。 ・この症例対照研究は、麻酔を必要とする 586 人の連続した小児患者を対象とした。収縮期血圧、心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内血行再建術を受ける小児の最適な人工呼吸器設定を決定する方程式の導出と検証:単施設後向き研究

・もやもや病に対する手術に際し、特に麻酔導入直後に、全身麻酔を受ける小児の正常炭酸ガスを維持するための適切な人工呼吸器の設定を決めるのは困難である。著者らは、適切な人工呼吸器の設定を予測するための方程式を導き、この方程式の精度を検証するために、本研究を実施した。 ・当院でモヤモヤ病の脳血管再生を受けた年齢 18 歳未満の小児患者 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の腹腔鏡下ヘルニア修復のためのラリンジアルマスクと気管挿管:呼吸器合併症の分析

・本研究の目的は、鼠径ヘルニアの経皮的内輪縫合(PIRS)を受ける小児でラリンジアルマスク(LM)と気管挿管(TI)の周術期および術後の呼吸器合併症を比較することであった。 ・2015 年 10 月から 2019 年 2 月までに、鼠径ヘルニアに対して PIRS を受けた年齢中央値 4 歳の小児患者 135 人(男児 97 人、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔前の軽い朝食を摂取した小児患者の胃超音波で評価した胃内容物:前向き観察研究

・健康ボランティアでは、軽い朝食は 4 時間以内にが胃から排出されることがわかっている。本研究の目的は、全身麻酔を予定されている小児で、ヨーグルトまたはお粥の軽い朝食が 4 時間以内に胃から排出されるかどうかを調査することであった。 ・この観察コホート研究では、待機的全身麻酔が予定されている年齢 1〜6 歳の小児に、麻酔導入の 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児集団における術後咽喉頭痛の発生率に関する前向き観察コホート研究

・術後咽喉頭痛は全身麻酔後によく見られる。小児麻酔での発生率はさまざまであり、病因は不明である。危険因子を確立することにより、予防が可能になり、ケアの質が向上する。著者らは、気管チューブまたはラリンジアルマスクで GA を受ける小児の術後咽頭痛の発生率を確立することを目的として、前向き単施設コホート研究を実施した。副次的な目的は、咽喉頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果:系統的レビューとメタ分析

・ケタミンは、手術や処置を受ける小児の覚醒時興奮の発生率を低下させると考えられている。しかし、最近の無作為化比較試験では、相反する結果が報告された。本研究の目的は、小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果を調査することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、CENTRAL のデータベースを創始日から 2019 年 2 月まで体系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃内視鏡検査のための麻酔小児におけるプロポフォール+ケタミンとプロポフォール+レミフェンタニルの比較

・理想的な麻酔の探求は未だに未解決の研究課題である。本研究の目的は、胃内視鏡検査に際して麻酔をかけられた小児を対象に、プロポフォール+ケタミン、プロポフォール+レミフェンタニルの 2 種類の全身麻酔法を評価し、比較することであった。 ・本研究には、全身麻酔下に上部消化管の待機的内視鏡検査に登録された 90 人の小児が含まれた。患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の最小限および中程度の鎮静に対する経口ミダゾラムの有効性:系統的レビュー

・小児患者の最小限/中程度の鎮静のために最も広く使用されている選択肢の 1 つは経口ミダゾラムである。これは、このよく知られた有効で忍容性の高い短時間作用のベンゾジアゼピンのあまりよく受け入れられていない投与経路(例えば、静脈内や鼻腔内)の代替手段を提供するためである。 ・麻酔前または診断/治療処置中の小児患者の鎮静に及ぼす経口ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔内ミダゾラム鎮静に際しての疼痛緩和における局所リドカインの有効性:無作為化偽薬対照臨床試験

・鼻腔内ミダゾラム(INM)は、救急部や病院外の医院、画像検査室、歯科医院での鎮静剤と??してますます普及している薬剤であり、診断や小手術を容易にし、手術室と全身麻酔の必要性を回避する。INM の使用は、一般に鼻粘膜の灼熱感と関連付けられてきた。その重要性にもかかわらず、この主題は十分な研究対象とされてこなかった。本研究の目的は、INM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の周術期死亡率に及ぼす術前低ナトリウム血症の影響

・術前低ナトリウム血症は、成人の術後死亡の独立危険因子である。著者らの知る限り、これは小児では調査されていない。 ・2014 年から 2015 年の米国外科学会手術の質改善プログラム-小児(NYSQIP-P)のデータセットから得たデータを使用して、手術を受けた小児の後ろ向き研究を実施した。主要評価項目は、30 日全死因死亡であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の右内頸静脈カテーテル留置の解剖学的ランドマークとして胸骨角を使用

・小児の中心静脈カテーテルの深さを調査するために、患者の身長、体重、年齢に基づく多くの公式が存在する。ただし、この情報は緊急的状況の場合には利用できない。そこで、小児でカテーテルの位置決めをガイドする直接的な方法を考案する必要がある。 ・2015 年 7 月から 2016 年 8 月までに年齢 1 歳から 10 歳までの 80 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児および小児の術後呼吸器合併症に及ぼす高用量筋弛緩薬の影響

・本研究では、筋弛緩薬の投与量と乳児および小児の術後呼吸器合併症との関連を評価した。 ・手術を受ける年齢 10 歳以下の小児に施行された 6507 件の全身麻酔のデータを分析して、術後呼吸器合併症(主要評価項目)および副次評価項目に及ぼす筋弛緩薬の用量の影響を調べた。交絡因子調整分析では、年齢、手術時間、併存疾患の影響に対処した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生児の消化管手術における硬膜外麻酔と全身麻酔の併用 vs全身麻酔:無作為化対照試験

・術後イレウスは、全身麻酔下での消化管手術の頻繁な合併症である。本研究の目的は、硬膜外全身併用麻酔が待機的消化管手術を受ける新生児の消化管機能回復の促進に関連しているかどうかを調査することであった。 ・大学病院で消化管手術を受けた 60 人の新生児を含む無作為化比較試験が実施された。30 人の新生児が硬膜外全身併用麻酔(CEGA)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは小児扁桃摘出術における周術期オピオイド使用を減らすか?

・オピオイド使用に伴う安全性の懸念から、術後疼痛管理は小児耳鼻咽喉科で大きな関心を集めている。著者らは、術中の静脈内アセトアミノフェンの追加により、小児扁桃摘出術における周術期モルヒネ使用が減少するかどうかを調査しようとした。 ・本研究は、三次医療の小児病院で実施された後向きコホート研究である。扁桃摘出術±アデノイド切除術を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の危険因子と術後合併症へのその影響:2000 人の患者の後ろ向き分析

・アデノイド扁桃摘出術はよく実施されている手術であり、睡眠障害呼吸は手術の適応としてますます重要になっている。閉塞性睡眠時無呼吸患者のリスクは高いため、これらの患者に必要な術後ケアのレベルは現在検討中であり、リスクのある患者をより適切に特定することで、不必要な術後モニタリングを減らしうる。 ・アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児閉塞性睡眠時無呼吸スクリーニングのアンケートと術後転帰:前向き観察研究

・小児の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)および睡眠呼吸障害(SDB)は、成人よりも複雑で多因子性の疾患である傾向がある。STOP-BANG アンケートなどの成人用スクリーニングツールはあるが、それらの適用は小児科では制限されている。依然に記載した 6 点アンケートを使用して、小児の OSA を特定し、術後の呼吸イベントを予測するためのその使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の実際の絶食時間と肺誤嚥の発生率:ドイツの前向き多施設観察研究の結果

・小児の麻酔前の長時間の絶食はまだ一般的である。空腹時間を短くすると、麻酔導入時の代謝と血行動態が改善され、親子の周術期の経験が向上し、周術期管理が簡素化される可能性がある。その結果、ドイツの一部のセンターでは絶食要件が緩和されたが、国のガイドラインは依然として変更されていない。本前向き多施設観察研究は、ドイツの麻酔科集中治療医学会の小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児で 3 種類の声門上気道器具に挿入された気管チューブカフと声門との間の距離:無作為化対照試験

・さまざまなタイプの声門上気道器具を介した気管チューブ挿入後、チューブカフから声帯までの距離は、小児では評価されていない。本研究の目的は、3 種類の声門上気道器具(I-gel、AuraGain、air-Q)の 1 つを挿管用導管として使用した場合の、小児の声門と気管チューブカフとの位置関係を評価することであった。 ・三次小児病院で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸器を装着した小児の無気肺の発症に及ぼすいろいろな吸入酸素濃度の影響:無作為化比較試験

・吸入酸素濃度(FI O2)が高いと、直接的な肺毒性と肺合併症を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、肺超音波を使用して人工呼吸器を装着した小児で、術中無気肺の発生に及ぼす異なる FI O2 の効果を評価することであった。 ・本無作為化対照、患者と超音波検査者盲式試験で、86 人の小児(年齢 6 歳以下)が非心臓手術を受け、低(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒せん妄は、術中のバーストサプレッションとは関係ない-前向き観察電位記録研究

・病態生理学的背景は不明のままであるが、覚醒せん妄は全身麻酔から回復中の小児の最も頻繁にみられる脳機能障害である。今回の研究では、覚醒せん妄と、全身麻酔中の非常に深い催眠の期間の脳波である術中バーストサプレッション活動との関連を分析した。 ・ドイツのベルリン、シャリテ大学病院での本前向き観察コホート研究は、予定手術を受ける年齢 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期投与した静脈内投与したリドカインが小児の内因性オピオイドの術後血清濃度に及ぼす影響

・内因性オピオイドは疼痛緩和過程に関与する神経ペプチドである。末梢において、それらは合成されて、免疫系の細胞に貯蔵される。本研究では、小児における周術期の静脈内(i.v.)リドカイン注入が、術後血清内因性オピオイド濃度に及ぼす影響について明らかにする。(※ 画像は、Met-エンケファリンの 3D 構造(Wikipedia より)) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more