テーマ:創部浸潤

ロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルによるマルチモーダル鎮痛は、根治的甲状腺摘出術後の鎮痛効果…

・甲状腺切除は軽度の外傷を引き起こすよくある手術である。それにもかかわらず、術後疼痛は依然として患者ケアにおける大きな課題である。鎮痛剤と鎮痛法の併用を含むマルチモーダル鎮痛は、術後疼痛管理に際してますます一般的になっている。本研究では、根治的甲状腺切除後のロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルの併用によるマルチモーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹胆嚢摘出術に際して創部浸潤投与したクロニジンと比較したクロニジン静脈内投与の術後鎮痛効果

・本無作為化二重盲式試験は、静脈内投与または創部浸潤で投与されたクロニジンの術後鎮痛効果をブピバカインと比較するために考案された。 ・開腹胆嚢摘出術を受ける ASA I/II の 60 人の成人を無作為に 3 群に分けた。第 1 群(対照群)の患者は、手術の最後に 0.25% ブピバカイン 30ml を創部に浸潤した。第 2 群の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more