テーマ:マスク換気困難

フェイスマスク換気失敗の予測:困難気道のための新しいスコアリングシステム

・著者らは、以前にフェイスマスク換気の失敗、声門上気道を介した換気の失敗、気管挿管困難との間に強い相関があることを示した。本研究の主な目的は、声門上気道を介した換気困難を予測する確立された方法が、フェイスマスク換気の失敗を予測するのにも役立つかどうかを評価することであった。 ・これは単施設での後ろ向き観察研究であった。2011 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道確保困難の評価における新しい道具としての超音波

・マスク換気困難(DMV)の予測は喉頭鏡検査困難と同じくらい挑戦的である。超音波は、これらの困難を予測するのに役立つツールになるであろう。本研究の目的は、気管挿管を必要とする待機的手術を受ける患者で、DMV と喉頭鏡検査困難を予測する上で、頸部解剖学の術前超音波評価の能力を評価することであった。 ・2018 年 4 月から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者における頸部周囲径とマスク換気困難および喉頭鏡検査困難との相関:観察研究

・病的肥満患者では、過剰な脂肪組織のために、マスク換気と喉頭鏡検査が困難であり得る。頸部周囲径がマスク換気困難、喉頭鏡検査困難、挿管困難に関連していることを示唆する研究がある。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の女性と男性の患者で別々に、マスク換気困難と喉頭鏡検査困難に対する頸部周囲径の予測的価値を評価することである。 ・本観察横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスク換気困難患者のフェイスマスク換気の有効性に及ぼす筋弛緩の効果:前向き試験

・肺のフェイスマスク換気は、「挿管できない」シナリオにおいて重要な救命処置となり得る。著者らは、マスク換気困難が予測される患者で、呼気 1 回換気量に及ぼす筋弛緩の効果を評価した。 ・マスク換気が困難な少なくとも 3 つの予測因子を有する患者の肺を、2 本の手で保持されたフェイスマスクを用いて換気し、人工呼吸のモードを従圧式に設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯のない患者では、鼻マスク換気の方がフェイスマスク換気よりも優れている

・歯のない患者のフェイスマスク換気は、顔面への標準マスクの非効果的な装着が適切なエアシール達成を妨げるために、しばしば困難である。歯のない患者での鼻換気の有効性は、症例報告では引用されているが、これまで調査されたことがない。 ・17 ヶ 月間に、気管挿管による全身麻酔下で手術を予定された歯のない連続成人患者を前向きに評価した。麻酔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏人の LMA:マスクシールが不良でも十分な換気を達成する方法

・このレポートでは、気道評価でマスク換気困難が示唆された患者に対して、簡単で、安価で、効果的であることが判明した、喉頭鏡検査と挿管に先立つ換気法について記述する。この手法は、「貧乏人の LMA」と呼ばれている。 ・身長 17cm、体重 117kg、歯が無くて、豊かなあごひがある年齢 60 歳の男性は、口蓋垂口蓋咽頭形成術を受けるこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:マスク換気「不可能」の予測因子とは?

A:Kheterpal, ら(2009 年)は、50000 例以上の麻酔症例を対象とした研究から、BMV を試行したうち 77 例がマスク換気「不可能」(0.15%)であったと報告しており、5 つのリスク要因を挙げている。 ① 頚部放射線照射による変化(Neck radiation changes) :HR=7.1 ② 男性(M…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

無意識の無呼吸肥満成人に対する 2 つの一般的に使用される両手マスク換気法の有効性の比較

・マスク換気と気管挿管は、気道管理の基本的技術であり、換気を回復させるための相互にレスキュー的処置である。本研究の目的は、肥満の無意識の無呼吸成人で、両手マスク換気の 2 つの一般的に使用される技術間でのマスク換気の有効性を比較することであった。 ・81 人の肥満の成人は、麻酔導入後に、無作為化交叉様式で、C-E 把持法と修正 V…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Q:マスク換気困難!その時どうする?

A:マスク換気困難には、大きく 3 つの病因がある。 1.マスク・シールが不適切 2.気道抵抗の増加 3.呼吸器系のコンプライアンス低下(肺、または胸郭、その両方) 以下、この順に、それぞれの<要因>、<一般的対処法>、<個別の対処法>を記す。 【1】 マスク・シールが不適切 <考えられる要因> ・マスクサイズ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マスク換気困難かつ喉頭鏡検査困難の発生率、予測因子、転帰:多施設周術期転帰グループからの報告

・マスク換気困難(DMV)かつ喉頭鏡検査困難(DL)に関する研究は、それぞれの技術が互いにレスキューの役割を果たしているにもかかわらず、極めて限られている。 ・多施設周術期転帰グループに参加している 4 つの 3 次医療センターは、一貫した構造化された患者の病歴と気道検査と気道転帰の定義を使用した。DMV は、グレード 3 か 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:マスク換気困難の予測因子とは?

A:Langeron ら(2000)は、1502 人を対象とした研究から、マスク換気が困難な予測因子として ① 年齢 55 歳以上(Age>55yr) ② 肥満(BMI>26kg/m2) ③ ひげの存在(Presence of beard) ④ 歯がない(Lack of teeth) ⑤ いびきの既往(History o…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more