テーマ:術後回復の質

整形外科の前腕手術後の術後回復の質に及ぼす麻酔の種類の影響

・術後回復の質は要因の影響を受ける可能性があるが、麻酔の種類がそれに影響を与えるかどうかについての調査はほとんどない。この単盲式前向き観察研究で、著者らは、整形外科の前腕手術を受ける患者の術後回復の質を全身麻酔と区域麻酔(腕神経叢ブロック)下で比較した。 ・年齢 18〜65 歳の 97 人の患者で整形外科の前腕手術を受けるASA-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来婦人科手術患者における術後回復の質に及ぼすプロポフォール維持と比較したセボフルランの効果

<ハイライト> ・外来手術後の回復を改善するために、麻酔の維持として、揮発性麻酔薬と比較してプロポフォールの使用が示唆されている。 ・著者らは、セボフルランと比較して、プロポフォールのほうが回復の質を改善するための良い選択であると判断するエビデンスを見い出さなかった。 ・著者らの結果は、両薬剤が、外来手術に際しての麻酔維持薬として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科手術でのステロイド試験における、術後回復の質と譫妄に及ぼすメチルプレドニゾロンの影響

・人工心肺後の炎症は、術後譫妄や認知機能障害の要因となる可能性がある。著者らは、高用量メチルプレドニゾロンが、心臓手術後の譫妄の発生率および術後回復の質に及ぼす炎症を抑制する効果を評価した。 ・「心臓手術におけるステロイド」二重盲式無作為化試験に登録された 3 病院の成人 655 人を、導入時にプラセボか、またはメチルプレドニゾロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more