テーマ:麻酔回復室在室時間

外来手術を受けた患者の麻酔回復室在室期間に及ぼす末梢神経ブロックの影響:後ろ向きコホート研究

・末梢区域麻酔/鎮痛は、麻酔回復室(PACU)在室期間延長の重要な修正要因である疼痛の軽減と嘔気嘔吐の予防により、外来手術センターの効率を高める可能性がある。著者らは、末梢神経ブロック(PNB)の使用が外来手術における PACU 在室期間の短縮と関連していると仮説を立てた。 ・本後ろ向きコホート研究では、著者ららは、2008 年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more