テーマ:うつ病

主要なうつ病性障害を有する個人では、BIS で測定されたセボフルラン必要量が減少する可能性がある

・GABA(γ-アミノ酪酸)は、CNS における主要な抑制性神経伝達物質であり、全身麻酔薬のよく知られた標的である。さらに、GABA の調節障害は主要なうつ病障害(MDD)の病因に関与する可能性がある。本研究では、MDD が BIS によって測定された麻酔薬の必要性に影響を及ぼすかどうかを判断することを目指した。 ・本研究は、施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more