テーマ:術前絶食

小児における術前絶食時間と導入後低血圧:後ろ向き分析

●このトピックについてすでに知っていること:焦点を合わせた小児手術患者集団の小規模な研究は、術前の長時間の絶食が麻酔導入および手術準備中の低血圧と関連していることを実証している ●この記事が伝えている新しいこと:吸入麻酔導入による待機的手術を受ける 15,443 人の小児患者のうち、約 5% が麻酔導入中に、手術準備中に 7% が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児に炭水化物の豊富な飲み物を摂取した後の胃内容排出の超音波検査評価:無作為化クロスオーバー研究

・ヨーロッパにおける最近のコンセンサス声明は、小児の清澄液の絶食時間を手術 の 1 時間前まで短縮できることを示唆している。ただし、清澄液の 1 時間の絶食時間が幼い小児でも安全であることを示す研究はまだ不足している。本研究の目的は、年齢 3〜7 歳の小児で炭水化物が豊富な飲み物と通常の 5% ブドウ糖溶液の胃内容排出時間を調査すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のミルク入紅茶摂取後の胃内容排出の超音波評価:無作為化対照試験

・周術期の絶食ガイドラインにより、ミルクを含まない紅茶を含む清澄液を、手術の 2 時間前までに摂取することは許されている。最近のエビデンスは、清澄液に添加される適量のミルクは胃内容排出を著しく遅延させないことを示している。本研究の目的は、絶食妊娠患者で超音波検査を使用して、ミルク入り紅茶 vs 水でお胃内容排出を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔前の軽い朝食を摂取した小児患者の胃超音波で評価した胃内容物:前向き観察研究

・健康ボランティアでは、軽い朝食は 4 時間以内にが胃から排出されることがわかっている。本研究の目的は、全身麻酔を予定されている小児で、ヨーグルトまたはお粥の軽い朝食が 4 時間以内に胃から排出されるかどうかを調査することであった。 ・この観察コホート研究では、待機的全身麻酔が予定されている年齢 1〜6 歳の小児に、麻酔導入の 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の実際の絶食時間と肺誤嚥の発生率:ドイツの前向き多施設観察研究の結果

・小児の麻酔前の長時間の絶食はまだ一般的である。空腹時間を短くすると、麻酔導入時の代謝と血行動態が改善され、親子の周術期の経験が向上し、周術期管理が簡素化される可能性がある。その結果、ドイツの一部のセンターでは絶食要件が緩和されたが、国のガイドラインは依然として変更されていない。本前向き多施設観察研究は、ドイツの麻酔科集中治療医学会の小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開前の満期妊婦の炭水化物飲料の胃内容排出:観察研究

<ハイライト> ・炭水化物(CHO)飲料 400 mLの胃内容排出について調査した。 ・待機的帝王切開前の 40 人の患者。 ・全員が摂取後 100 分までに定性的胃グレード 0 または 1 に達した。 ・400ml の CHO 飲料は、定時手術の 2 時間前までに摂取可能である。 <要旨> ・術前炭水化物(CHO)飲料は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早産児における胃内容排出時間の超音波評価:前向き観察研究

・小児麻酔では、術前絶食は不快感、空腹感、のどの口渇および代謝障害を防ぐために短くなければならない。現在のヨーロッパのガイドラインでは、乳児で母乳は 4 時間、人工乳では 6 時間の術前絶食時間を推奨しているが、いくつかの国内ガイドラインでは麻酔の 4 時間前まで両方を認めている。著者らは、早産児での母乳と人工乳後の胃内容排出時間を評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健常児における標準化軽朝食後の胃排出時間の超音波評価:前向き観察研究

・現在のガイドラインでは、麻酔前に固形食を 6 時間絶食することを推奨している。しかし、長時間の絶食は、不快感、飢餓、口渇、不作法、脂肪分解につながる可能性がある。これを防ぐために、著者らの小児病院では、より制限の少ない絶食療法が経験的に実践され、標準化軽朝食を 4 時間の絶食時間で許可している。本研究の目的は、健康小児で標準化軽朝食摂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下で眼科検査を受ける小児患者で、術前絶食持続時間と覚醒せん妄との相関:前向き観察研究

・術前の小児の絶食は不安を引き起こす可能性があり、最終的には術後の覚醒せん妄をきたす可能性がある。しかし、術前の絶食持続時間と術後覚醒せん妄との相関があるかどうかについてのデータはない。本試験の目的は、麻酔下で眼科検査を受ける小児で、術前絶食時間と覚醒せん妄との間に相関があるかどうかを確認することであった。 ・本前向き観察研究では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MRI での評価から泡沫飲料は胃容積を増加させで食欲を減少させる:無作為化平衡交差試験

・空気の入った食物は、空気の入っていない同じカロリーの対照食物に比べて、食餌療法中の 1 日を通して食欲を減少させることができる。増加した胃容積と排出遅延の可能性があるが、そのメカニズムは未調査である。本著者らは、胃安定性が異なる空気の入った飲料(泡沫)は、対照飲料と比較して胃の膨張を増大させ、食欲を減少させるという仮説を試験した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔前のコーヒーにミルクはOk?:無作為交差試験

・現在の就寝前の絶食ガイドラインでは、ミルク入りのコーヒーは多くの場合、固形食品とみなされている。麻酔の 2 時間前にミルクをコーヒーに加えた場合の胃容積に及ぼす結果についてのエビデンスは依然として弱い。本研究の目的は、ミルクを添加した場合と添加しなかった場合で、コーヒーを飲んだ後の健康ボランティアで MRI による胃容量を比較すること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more