テーマ:胆管癌

肝内胆管癌手術でプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・これまでの研究では、麻酔が多くの種類の癌の術後転帰に影響を与えることが示されている。ここでは、麻酔と待機的肝内胆管癌手術後の患者の転帰との関連性を調査した。 ・これは、2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに待機的肝内胆管癌手術を受けた患者を対象とした後向きコホート研究であった。患者は受けた麻酔、すなわち、プロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more