テーマ:分娩

分娩中の経口炭水化物摂取が経腟器械分娩の割合に及ぼす影響:多施設無作為化対照試験

・運動中の炭水化物の摂取は、筋肉のパフォーマンスを改善し、疲労を軽減する。著者らは、相当な身体活動期である分娩中の炭水化物摂取は、器械的経腟分娩の割合を低下させる可能性があると仮定した。 ・多施設共同前向き無作為化対照試験で、自発的分娩を呈する健康な成人妊婦を「炭水化物」群(3 時間ごとに果肉のないリンゴまたはブドウジュース 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮口全開大時の妊婦における推定胃内高容量の頻度と予測:前向きコホート研究

・子宮口全開大時や経腟娩出直後の患者で、緊急の産科的処置は全身麻酔を必要とする可能性がある。本研究は、硬膜外鎮痛をして分娩時に飲用を許可された子宮口全開大の妊婦で、推定胃内高容量の頻度と予測因子を調査し、半側臥位で測定された幽門面積(SR- CSA)が推定胃内高容量を確認する能力を評価することを目的とした。 ・本前向き観察研究は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩時マグネシウム投与と母体発熱の関連:後ろ向き横断研究

・分娩時母体発熱は、いくつかの有害な新生児転帰と関連している。分娩時熱は、病因において感染性または炎症性である可能性がある。インターロイキン 6 や他の炎症性マーカーの増加は、母体の発熱に関連している。マグネシウムは、動物モデルにおいてインターロイキン 6 媒介性発熱を軽減することが示されている。著者らは、分娩中にマグネシウムを投与され…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

分娩直後の下肢の神経障害:前向き観察研究

<ハイライト> ・出産後早期の神経障害は 2% に認められた。 ・ほとんどは腰部仙骨叢を含む感覚障害であった。 ・臨床的に重要なものは何もなく、ほとんどが数日以内に解消した。 ・区域ブロックと分娩様式はリスク要因とは関連していなかった。 <要旨> ・出産直後の神経学的障害は、通常、様々な産科神経障害であるが、前向き研究は限ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more