テーマ:覚醒時咳嗽

腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者の麻酔覚醒時の咳嗽を防ぐために必要なレミフェンタニルの最適効果部位…

・レミフェンタニルの目標制御注入は、全身麻酔からの覚醒時に効果的に咳嗽を抑えることが知られている。しかし、喫煙が覚醒時の咳嗽に及ぼす影響については、いまだに議論の余地がある。本研究では、腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者において、喫煙者と非喫煙者のレミフェンタニルの効果部位濃度(Ce)を調査することを目的とした。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による全身麻酔後の覚醒時咳嗽を軽減するための薬剤:系統的レビューとネットワークメタ分析

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重度の咳嗽の軽減に及ぼす薬物の相対的有効性を調査した。試験した薬物は、リドカイン(カフ内、局所、気管内投与)、デキスメデトミジン、レミフェン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more