テーマ:超音波検査

6 時間絶食後の満期妊婦の胃内容物の超音波検査による評価

・現在の絶食ガイドラインは、待機的帝王切開術を受ける妊娠女性が軽食を摂った後の誤嚥リスクを最小限に抑えるのに 6 時間が適切であることを示唆している。超音波分析を使用して、非分娩中妊婦の胃内容物を評価した。 ・前向き研究で、妊娠 36 週以上の女性は、胃内容排出に影響を与える可能性がある条件なしで、標準的な軽食後、6 時間絶食後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査による静脈径測定が痛みと逃避反応に及ぼす影響の評価

・麻酔導入に使用されるロクロニウムとプロポフォールは、患者に不快感を与える。著者らは、超音波検査を用いて測定した静脈直径と、プロポフォールとロクロニウムを静脈内投与した後の疼痛と逃避運動との関係を調査することを目的とした。 ・全身麻酔下で手術を受ける 142 人の任意の患者について、本前向き観察研究を行った。超音波検査を使用して静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椎間レベル特定のための超音波イメージング vs 手による触診の精度

・硬膜外鎮痛の有効性は、適切なレベルで硬膜外カテーテルの留置に依存する。所望の椎間レベルを識別するために表面ランドマークを使用する手による触診は、信頼できる方法ではない可能性がある。超音波検査(USG)は別の代替法であるが、訓練を必要とし、処置に要する時間を延長させる可能性がある。本研究の目的は、椎間板レベルを特定する際に超音波(US)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内頸静脈カテーテル挿入前の患者の最適な頭低位傾斜角度を調査するのに超音波検査を使用

・15°~25°の頭低位の傾斜は、内頸静脈の断面積(IJV CSA)を増加させると考えられている。穿刺前に IJV CSA を増加させておくと、穿孔の危険性を減少させる。このパターンは全ての患者では観察されなかった。著者らは、呼吸性の移動がないことが、頭低位の有効性の基準の 1 つであると仮定した。本研究の目的は、呼吸性の IJV 移動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more