テーマ:気管挿管

全身麻酔と気管挿管を受ける喫煙者における術前甘草トローチの術後咳嗽と咽頭痛の発生率

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管の望ましくない副作用である。POST によって引き起こされる合併症率を最小限とするために、薬理学的と非薬理学的手段が利用されてきた。著者らは、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける喫煙者で、甘草トローチが POST を低下させる上で有効かどうかを検証した。 ・年齢 20 - 65 歳で、ASA-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人で術後咽頭痛予防のための甘草の局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を与える。これは、挿管中の損傷によって引き起こされる粘膜の炎症に関連する可能性がある。 スペインカンゾウの根に由来する甘草は、抗炎症活性成分を含有する。全身麻酔に際して気管挿管を受ける成人で、術後咽頭痛を予防するための局所甘草の有効性および安全性を、系統的レビューとメタ分析によって評価した。 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

成人における術後咽頭痛を回避するためのエアロゾル化コルチコステロイド:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の回復と満足度に悪影響を与える。著者らは、手術のための気管挿管を受ける成人で術後咽頭痛を予防する上でエアロゾル化コルチコステロイドの有効性と安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ・著者らは、Medline、EMBASE、China National Knowledge Infrastruc-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管後の咳嗽と合併症に及ぼす気管チューブカフ膨張に使用する空気、混合麻酔ガス、生食、リドカイン

・術後の咳嗽や咽頭痛は、全身麻酔中のよくある臨床的問題であり、気道に局所麻酔薬を散布したり、局部麻酔薬で気管チューブカフ(ETT)を膨張させたり、デキサメタゾンなどの静脈内薬剤を使用したり、ETT カフ圧を維持したり、経験豊富な麻酔科医による抜管などのいろいろな方法によって回避することができる。研究の目的は、全身麻酔中に、ETT カフを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下における気管挿管時のレミフェンタニルの最適な筋弛緩効果

・本研究は、レミフェンタニルの用量が筋電図によるロクロニウムの発現時間に与える影響を調査するために行った。 ・本後ろ向き比較研究には、定時手術のために全身麻酔を受ける 75 人の患者が含まれた。患者にリドカイン(40mg)とプロポフォール(2mg/kg)を投与し、続いてロクロニウム(0.6mg/kg)を、生理食塩水注入(S 群)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院外心停止時の声門上気道器具 vs 気管挿管戦略が機能的転帰に及ぼす効果:AIRWAYS-2 無作為

・院外心停止の際の気道管理の最適なアプローチは不明である。本研究の目的は、非外傷性院外心停止成人患者で、初期高度気道管理戦略として、声門上気道器具(SGA)が気管挿管(TI)よりも優れているかどうかを判断することであった。 ・約 2,100 万人の市民に対して救急対応する英国の 4 つの救急救命サービスに所属する救急隊員からの多施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院外心停止における気管挿管と声門上気道の留置:メタ分析

・院外心停止(OHCA)の場合の全生存率は 10% 未満である。最初のバッグバルブマスク換気後、患者の 80% は、気管挿管(ETI)か、または声門上気道(SGA)留置のいずれかにより、高度の気道管理を受ける。このメタ分析の目的は、救急隊(EMS)によって治療された OHCA 患者におけるこれらの 2 種類の高度気道管理法の患者転帰を比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼小児の気管チューブの深さガイドラインへの遵守と位置異常の発生率

・気管チューブ(ETT)の挿入深度に関するガイドラインを遵守することは、位置異常や患者へ傷害を防止するのに十分ではない可能性がある。ETT の位置異常の推定値を得るために、著者らは初回挿管後の胸部 X 線写真を評価し、複数の挿管設定における多くの ETT は、小児二次救命処置や新生児蘇生プログラムのガイドラインへの遵守にもかかわらず、以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児口蓋裂手術における筋弛緩を使用しない気管挿管に及ぼすセボフルランとプロポフォールの比較評価

・気管挿管は、全身麻酔の管理中に最も重要かつ不可欠なステップである。口唇裂、口蓋裂、歯槽裂といった変形を伴う小児患者ではなおさらそうである。静脈内(i.v.)導入剤であるプロポフォールは、気道反射に対する強い抑制作用を有し、迅速かつ円滑な導入が可能である。同様に、吸入剤であるセボフルランは、比較的快い匂い、気道過敏性が低く、心臓安定性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡下手術における術後咽頭痛に及ぼすカフ圧の影響:観察研究

・術後咽頭痛(POST)は気管挿管後の非常によくある愁訴である。自然に寛解するが、それを減らすための努力が必要である。本研究は、マノメータを使用したカフ注入 vs 従来法が POST の発生率に及ぼす効果を比較することを目的としている。副次目的は、術後嗄声と咳嗽の発生率を評価することであった。 ・合計 120 人の患者が本前向き観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室と集中治療室における気管挿管条件の比較:前向き観察研究

・気管挿管は、手術室と集中治療室に共通する処置である。著者らは、直接喉頭鏡検査を用いた気管挿管は、手術室と比較して集中治療室では、劣悪な挿管条件と多くの合併症と関連していると仮定した。 ・著者らは、33 ヶ月の間に、手術室で直接喉頭鏡で気管挿管され、続いて集中治療室で(1 ヶ月以内に)気管挿管された患者を前向きに評価した。主要評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳内出血後の気管挿管と院内死亡率

・急性脳内出血(ICH)の多くの患者は気管挿管を受け、誤嚥、肺炎、およびそれに関連する死亡を防ぐ目的で、気道保護のための人工呼吸(MV)が行われる。逆に、これらの処置は、肺炎、喉頭外傷、嚥下障害を独立して促進し、患者の転帰に悪影響を及ぼす可能性がある。この患者コホートにおける挿管と MV の真の利益は体系的に調査されていない。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院外気管挿管前後低酸素症を軽減するための臨床バンドルの導入

・気管挿管前後低酸素症は、病院外の迅速挿管の重要な有害事象である。このプロジェクトの目的は、標準的な院外迅速導入挿管と比較して、体位取り、無呼吸酸素化、遅延導入挿管、目標指向型前酸素化を包含する臨床バンドルが、挿管前後低酸素症の減少に関連するか否かを調査することである。 ・著者らはテキサス州中部郊外の救急医療サービス(EMS)シス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重症成人における気管挿管管理のガイドライン

これらのガイドラインは、病院内のあらゆる場所で、重症患者の酸素化、気道管理、気管挿管を最適化する包括的な戦略について記述している。これらは、麻酔科医と困難気道学会の第 4 回国立監査プロジェクト(NAP4)への直接的な対応であり、NAP4 はこれらの非常に脆弱な患者の管理が不十分であるために重大な合併症や回避可能な死につながることを浮き…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の転帰に及ぼす筋弛緩剤の回避または使用の影響:コクラン系統的レビュー

・コホート研究では、筋弛緩剤(NMBA)の回避は気管挿管困難の危険因子であることが示されている。しかし、NMBA 回避が気管挿管、可能性のある有害効果、術後不快感に及ぼす影響は、無作為化試験の系統的レビューでは評価されていない。 ・著者らは、2017 年 1 月までに公開された臨床試験についていくつかのデータベースを検索した。著者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部におけるブジーと気管挿管初回試行成功率

・ブジーは、手術室患者の初回試行挿管成功を改善する可能性がある。著者らはブジーの使用が救急部(ED)初回試行挿管成功と関連しているかどうかを調査している。 ・2013 年に都市部の大学関連医療センターで連続成人の ED 挿管を研究した。挿管事象は、動作検出ビデオ記録によって同定した。著者らは、筋弛緩、ビデオ喉頭鏡、気道解剖の異常、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処置前チェックリストは、外傷患者の救急部門での気管挿管の安全性を改善する

・外傷患者の気管挿管は、救急部(ED)において極めて重要かつ高リスクな処置である。仮説は、標準化した処置前チェックリストの実施がこの処置の安全性を改善することであった。 ・挿管前のチェックリストを開発し、その後、大学関連外傷センター ED で前向き前/後研究を実施した。年齢 16 歳以上の外傷患者のうち、チェックリストの実施前 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管におけるスタイレットの使用と術後披裂軟骨脱臼との関連:症例対照研究

・披裂軟骨脱臼(AD)は、気管挿管による全身麻酔後の珍しいが重篤な合併症である。著者らは、挿管スタイレットの使用を含む、AD に関連する危険因子を同定するために、北京連合医学大学病院で症例対照研究を行った。 ・AD をきたした患者は、性別、年齢、手術術式に基づいて対照と 1:3 で一致させた。条件付きロジスティック重回帰を行って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患患者における気管挿管:無作為化試験の包括的系統的レビュー

・重症患者の気管挿管の成功率または安全性を改善することを目的とした薬物、技術、器具を評価する無作為化対照試験の系統的レビューを行った。 ・著者らは、PubMed、BioMed Central、Embase、Cochrane Central Register of Clinical Trials と検索された論文の参照目録を検索した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管後の術後咽頭痛に及ぼす気管チューブのカフ形状の影響

・気管挿管後の咽喉頭痛は軽微ではあるが、患者満足度や術後機能に悪影響を及ぼすことがある。著者らは2 種類の気管チューブのカフ形状が術後咽頭に及ぼす効果を比較した。 ・191人の成人患者が研究の対象となった。麻酔導入後、患者は、従来の円筒状カフ(C 群、n=95)か、または先細り型のカフ(T 群、n=96)を有するチューブによる気管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛:気管挿管によるリグノカインゼリーとスプレーの効果

・Sensiv チューブ(Searle Medical Products)を用いて挿管した後の、咽頭痛、嗄声、あるいは咳傾向または明らかな咳嗽のいずれかによって示される気管過敏性の発生頻度に及ぼす、喉頭リグノカインスプレーとリグノカインゼリーの潤滑剤としての効果を研究した。 ・中容量低圧カフで圧を制御し、麻酔中に 2.5kPa(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受けた成人の術後咽頭痛予防のための塩酸ベンジダミン局所投与:系統的レビューとメタ分析

・術後の咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を及ぼす。ベンジダミン塩酸塩は、局所使用に利用可能な非ステロイド系抗炎症薬である。全身麻酔下で定時手術を受ける成人の術後咽頭痛を予防するために、ベンジダミンの局所適用の有効性および安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ・PubMed、EMBASE、Web of Sci…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院外心肺停止後の神経学的転帰に及ぼす心肺蘇生中のバッグマスク換気と気管挿管の効果:無作為臨床試験

・バッグマスク換気(BMV)は、院外心肺蘇生術患者の二次救命処置段階段階における気道管理に際して、気管挿管(ETI)よりも複雑ではない技術である。それは生存の点で優れていると報告されている。本研究の目的は、28 日後の良好な神経機能を有する生存の点で、高度気道管理に際しての ETI に対する BMV の非劣性を評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部での気管挿管で直接喉頭鏡 vs C-MAC ビデオ喉頭鏡との無作為化比較試験

・直接喉頭鏡検査(DL)は、緊急気管挿管のための最も一般的なアプローチであったが、ビデオ喉頭鏡(VL)の使用がより普及しつつある。現在の観察データは、無作為化試験は欠如しているが、VL は初回通過成功率が高いことを示唆している。本研究の目的は、DL または C-MAC VL で、緊急挿管を受ける患者の初回通過成功率を比較することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港地域病院の集中治療室医師による気管挿管の即時合併症の臨床診療とリスク要因

・重症患者の気管挿管はしばしば困難であり、高い合併症率に関連している。集中治療室(ICU)医師は、しばしば緊急挿管の責任を負うが、その経験に関する地域的データは不足している。研究の目的は、地域病院の重病患者で ICU チームの気管挿管診療を明らかにし、即時合併症の発生率を評価し、合併症のリスク要因と挿管の成功の予測因子を同定することであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室における気管挿管に関連する合併症を軽減するための介入:前向きの多施設研究

・研究の目的は、挿管管理プロトコルの実施が、集中治療室(ICU)における挿管関連の合併症を減少させるかどうかを調査することであった。 ・2 つの大学病院の 3 内科外科 ICU での 2 段階前向き多施設対照試験で、220 人の一連の ICU 患者は、244 回の挿管を必要とした。連続した 2 段階(6 ヶ月の品質管理段階に続いて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

韓国人患者の気管挿管後の咽頭痛の発生率と危険因子

・研究目的は、気管挿管を伴う全身麻酔を受けた韓国人患者の術後咽頭痛(POST)の発生率を調査し、潜在的リスク要因を評価することであった。 ・本前向き研究は、気管挿管と全身麻酔を用いたあらゆる種類の待機的手術を受けた患者を登録した。患者を S 群(POST のあった患者)または N 群(POST のなかった患者)に分類した。各群の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部における挿管のための直接喉頭鏡としての C-MAC の有用性

・C-MAC(Karl Storz、トゥットリンゲン、ドイツ)はビデオ喉頭鏡(VL)であるが、直接喉頭鏡(DL)として使用することもできる。本研究の目的は、救急部(ED)における挿管のための DL としての C-MAC の有用性を評価することであった。 ・これは、2009 年 2 月 1 日から 2015 年 1 月 31 日まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部で経口気管挿管を行う際の初回成功の重要性

・本研究の目的は、救急部(ED)挿管時の有害事象(AE)の発生率と初回成功率との関連性を調査することであった。 ・これは、4 年間にわたって大学病院 ED で行われた気管挿管に基づいた前向きに収集された連続的な品質改善データの後ろ向き的分析であった。各挿管後、術者は、患者および術者の特徴、挿管方法、使用された器具、必要とした試行回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more