テーマ:気管挿管

院外心停止時の i-gel 声門上気道器具 vs 気管挿管の無作為化試験(AIRWAYS-2):3 ヵ月および 6…

・AIRWAYS-2 クラスター無作為化対照試験では、非外傷性の院外心停止(OHCA)の成人患者を治療する救急医療サービス臨床家(救急救命士)が使用する最初の高度な気道管理(AAM)戦略として、i-gel 声門上気道器具(SGA)と気管挿管(TI)を比較した。主要評価項目である 30 日/退院時の修正ランキンスケール(mRS)スコアは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開分娩(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分に特徴付けられていない。このレビューの主な目的は、初回留置の成功が高く、SGA の挿入までの時間が待機的 CD の気管挿管よりも速いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔下(GA)での待機的 CD における気管挿管と比較して、SGA の使用に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小児 ICUでの心疾患存在下での気管挿管の安全性

・CHD と後天性心疾患の小児は、独特でリスクの高い生理学的状態を有している。非心疾患の小児と比較して、気管挿管に関連する有害事象のリスクが高い可能性がある。 ・非心疾患の小児と比較して、心疾患小児の気管挿管に関連する有害事象の発生を評価しようとした。国際的な小児 ICU 38 室から得た気管挿管の後ろ向き的分析は、全国小児緊急気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 患者の気管挿管後の医療従事者に対するリスク:前向き国際多施設コホート研究

・気管挿管などのエアロゾル発生処置に関与する医療従事者は、COVID-19 に感染するリスクが高い可能性がある。ただし、このリスクの大きさは不明である。COVID-19 が疑われる、または確認された患者の気管挿管に参与している医療従事者を募集する前向き国際多施設コホート研究を実施した。 ・気管挿管エピソード、個人用保護具の使用、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールとレミフェンタニルまたはスフェンタニルによる導入後の挿管条件の比較:外科的抜歯のための無作為化対照 …

・本研究の目的は、プロポフォール-スフェンタニルまたはプロポフォール-レミフェンタニルのボーラス投与と急速導入法による麻酔導入後の気管挿管条件を比較することであった。 ・抜歯に際して挿管を伴う全身麻酔下で外来手術を受ける合計 70 人の患者(ASA I/II)は、この二重盲式研究の 2 群に無作為に割り当てられた。患者は挿管に際し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分には特徴付けられていない。本レビューの主な目的は、待機的 CD に際して、SGA は気管挿管よりも初回通過成功率が高く、挿入時間が短いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔(GA)下での待機的 CD において、気管挿管と比較した SGA 使用に関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ捻転が挿管確認のための超音波の診断精度に及ぼす影響

・超音波は、挿管試行後の気管チューブ(ETT)の正確な留置を確認するために使用される、すぐに利用可能な方法である。ETT の位置確認の診断精度を向上させるために、ETT 操作を使用することについての研究は限られている。著者らの研究では、標準のグレースケール法下で ETT 捻転が超音波による挿管確認の精度に影響を与えるかどうかを直接評価し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児気管挿管におけるビデオ vs 直接および強化直接喉頭鏡検査

・初回の挿管成功に関して、小児の文献は、ビデオ喉頭鏡検査(VL)と比較した場合、直接喉頭鏡検査(DL)の臨床的等価性または優位性を示している。さらに、最適外部喉頭操作(OELM)、直立またはランプ体位、ブジーの使用などの操作によって DL が「強化」された場合、VL が DL とどのように比較されるかは不明である。本研究の目的は、小児挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量嘔吐における気道浄化のための 3 種類の気道管理法:マネキン研究

・気道管理中に嘔吐が起こり、その結果、肺への誤嚥をきたす割合は、全身麻酔を受ける絶食患者で 0.01%-0.11%、非絶食状態の救急患者で 0%-22% である。吸引補助下喉頭鏡検査気道浄化(SALAD)では、喉頭鏡検査および気管挿管を行いながら、吸引カテーテルを下咽頭に挿入する。意図的食道挿管(IEI)では、気管挿管前に盲目的に食道に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による上気道合併症

・気道維持のゴールドスタンダードは、経喉頭気管挿管であるが、合併症がないわけではない。気管挿管の行為の結果としての上気道への外傷は、全身麻酔下で処置を受ける成人のよくある出来事である。 ・挿管中に注意が必要な部位には、喉頭構造、咽頭および口腔、ならびに鼻咽頭挿管が行われる場合の鼻腔が含まれる。患者は、評価と管理を困難にする可能性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児で 3 種類の声門上気道器具に挿入された気管チューブカフと声門との間の距離:無作為化対照試験

・さまざまなタイプの声門上気道器具を介した気管チューブ挿入後、チューブカフから声帯までの距離は、小児では評価されていない。本研究の目的は、3 種類の声門上気道器具(I-gel、AuraGain、air-Q)の 1 つを挿管用導管として使用した場合の、小児の声門と気管チューブカフとの位置関係を評価することであった。 ・三次小児病院で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般病棟での気管挿管の初回試行に際してのビデオ喉頭鏡検査 vs 直接喉頭鏡検査

・最近の試験では、ビデオ喉頭鏡(VL)は直接喉頭鏡(DL)よりも初回の気管挿管成功率が高くなく、合併症の発生率が高いことが示された。気管挿管は、集中治療室よりも一般病棟の方が難しい場合がある。本研究の目的は、どの喉頭鏡検査モードが一般病棟での初回挿管成功率の増加に関連するかを調査することである。 ・これは、三次大学関連病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタイレット」についての MCQ 問題

【問題】 挿管時に使用する金属スタイレットについての記述で、間違っているのはどれか? a.気管挿管時に使用する金属スタイレットは、金属疲労のため使用限度が 30 回程度と耐用期間が設定されている。 b.気管挿管時のスタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。 c.スタイレット抜去時に強い力で引き抜くと術後咽頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術に際しての全身麻酔中の気道管理のためのラリンジアルマスク Supreme vs 気管挿管の比較:無作為…

・産科気道は、母体の合併症と死亡の重要な原因である。気管挿管は標準治療と考えられているが、ラリンジアルマスク(LMA)はレスキュー気道として受け入れられており、産科気道管理ガイドラインに組み込まれている。本無作為化比較対照試験では、帝王切開時の産科気道管理におけるSupreme LMA(SLMA)と気管挿管(ETT)を比較した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭展開と気管挿管に対する昇圧反応を減弱させるためのエスモロール vs リグノカインのボーラス投与

・喉頭鏡検査と気管挿管は心拍数と血圧の上昇をもたらし、生命を脅かす合併症を引き起こしうる。エスモロールは短時間作用型の心臓選択的β遮断薬であり、頻脈と高血圧の周術期管理に利点をもたらす。本研究の目的は、喉頭鏡検査と挿管に対する昇圧反応の減弱において、ボーラス用量のエスモロールとボーラス用量のリグノカインの有効性を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管に対する循環動態反応:マッキントッシュ、マッコイ、C‐MAC ビデオ喉頭鏡の比較

・喉頭の直接視覚化および気管挿管のために最も一般的に使用される器具はマッキントッシュ、マッコイ喉頭鏡である。間接喉頭鏡の原理に基づく C-MAC ビデオ喉頭鏡は、近年臨床診療に導入されている。ビデオ喉頭鏡は、気管挿管が困難な状況で役立つ。著者らは、待機的手術に際し全身麻酔を受ける成人で、経口気管挿管の血行動態反応に関して McCoy、C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道合併症に及ぼす長期経喉頭挿管の影響:後ろ向き比較分析

・:気管切開術は通常、長期経喉頭挿管術(PTLI)を必要とする集中治療室(ICU)患者の気道管理を容易にするために提案されている。医師がそれを 2 週間以上にわたって行うことを躊躇し遅らせることは珍しいことではないが、PTLI 後の臨床的に認められる気道への悪影響についてはほとんど議論されていない。そこで、著者らは成人患者でそれらを評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非専門センターの小児患者における気管挿管関連有害事象:多施設前向き観察研究

・三次医療 PICU では、気管挿管関連の有害事象が頻繁に発生する(20%;重度の気管挿管関連事象は 3~6.5%)。しかし、小児患者はしばしば非専門センターを受診するため、その病院のチームによる挿管を必要とする。気管挿管関連事象の発生率はこの状況では十分に研究されていない。気管挿管に関連する事象の割合は非専門センターではより高いだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡を用いた困難ではない気道への挿管:無作為化並行群試験

・ビデオ喉頭鏡は困難気道に挿管するために推奨されている。本研究は、ビデオ喉頭鏡が直接喉頭鏡と比較して挿管成功率を非困難気道の患者においてさらに改善できるかどうかを調査することを目的とした。 ・合計で、待機的腹部手術が予定された 360 人の患者は、無作為にビデオ喉頭鏡(n=179)か、または直接喉頭鏡(n=181)のいずれかを使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管切開術と気管挿管後の医原性声門下気管狭窄:ケロイド表現型における重症度のコホート観察研究

・気管切開術と気管挿管は声門下気管狭窄を招くことがあり、ケロイド瘢痕形成の素因は気管損傷後の狭窄リスクを増大させることがある。本研究は、医原性気管損傷、特に気管切開術後のケロイド患者と非ケロイド患者における声門下気管狭窄の発生率と重症度を比較することを目的としている。 ・2012 年から 2017 年までに、218 573 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急科と搬送時の挿管中の無呼吸酸素化:系統的レビューとメタ分析

・低酸素血症は挿管のリスクを著しく増加させる。このような懸念は、救急部門(ED)やの救急搬送時、患者が不安定で、準備または前酸素化の時間が制限され、環境が制御されていない可能性がある場合に増大する。無呼吸酸素化は、このような状況で低酸素血症を予防する有望な手段である。研究目的は、無呼吸酸素化は ED と救急搬送中の気管挿管時の低酸素血症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様々な臨床現場における気管挿管時の無呼吸酸素化の有効性:記述レビュー

・気管挿管の過程で、患者は無呼吸または低換気であり、低酸素になる危険性がある。このリスクは、急性または慢性の呼吸不全およびそれに伴う呼吸予備能の低下を伴う患者において特に高い。この懸念に対処するために、気管挿管中に無呼吸酸素化を行うことによって動脈血酸素飽和度を維持するのに役立つ可能性がある。この記述レビューの目的は、手術室、集中治療室…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

手術室での麻酔導入および気管挿管時の酸素飽和度低下に対する経鼻または鼻咽頭部無呼吸酸素化の効果

・研究の目的は、経鼻または鼻咽頭カテーテルを通した無呼吸酸素化が、麻酔導入および気管挿管中に低酸素血症および酸素飽和度低下を打ち消す可能性があるかどうかを調査することであった。 ・無作為化比較試験の記述レビューで、待機的手術の ASA I-II 患者 が対象。PubMed と Embase データベースで無呼吸酸素化についての研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管中の無呼吸酸素化の有効性:系統的レビューとメタ分析

・著者らは、緊急挿管中の無呼吸酸素化の有効性を評価するために系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・Ovid MEDLINE、Ovid EMBASE、Ovid CENTRAL、Scopus の各データベースで、2006 年から 2016 年 7 月までの無作為化比較試験と観察研究を、言語制限なしに検索した。灰色文献、clinica…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重症成人患者における挿管処置に関連した心停止と死亡率:多施設共同コホート研究

・研究の目的は、ICU での挿管中の心停止の有病率と危険因子、ならびに ICU 挿管関連心停止と 28 日死亡率との関連性を調査することであった。 ・フランスの ICU 64 室での前向きに収集されたデータの後ろ向き分析で、ICU で挿管を必要とした重症患者を対象とした。 ・対象となった 1847 件の挿管手技の間に、49 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more