テーマ:直接喉頭鏡

胸部外科におけるダブルルーメン気管挿管のためのビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡検査の比較-無作為化対照臨床試験

・胸腔手術や肺分離を必要とするその他の手術には、ダブルルーメンチューブ(DLT)挿管が必要である。ただし、DLT 挿入は複雑であり、気道外傷を引き起こす可能性がある。薄いブレードを備えた新しいビデオ喉頭鏡(GVL)は、DLT 挿管のための従来の直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、挿管時間を改善し、複雑さと医原性気道合併症を軽減する可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュビデオ喉頭鏡を使用した直接喉頭鏡検査と間接喉頭鏡検査:加えられた力を比較するマネキン研究

・上気道損傷と交感神経の活性化は、喉頭鏡検査中に加えられる力に関連している可能性がある。標準化マネキン声門を直接的、および間接的な視覚化を使用して、喉頭鏡検査中に加えられた力を比較した。 ・力変換器は、従来の直視型喉頭鏡としても使用できるグライドスコープ T-MAC マッキントッシュスタイルのビデオ喉頭鏡の凹面に適用された。34 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般病棟での気管挿管の初回試行に際してのビデオ喉頭鏡検査 vs 直接喉頭鏡検査

・最近の試験では、ビデオ喉頭鏡(VL)は直接喉頭鏡(DL)よりも初回の気管挿管成功率が高くなく、合併症の発生率が高いことが示された。気管挿管は、集中治療室よりも一般病棟の方が難しい場合がある。本研究の目的は、どの喉頭鏡検査モードが一般病棟での初回挿管成功率の増加に関連するかを調査することである。 ・これは、三次大学関連病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管に対する循環動態反応:マッキントッシュ、マッコイ、C‐MAC ビデオ喉頭鏡の比較

・喉頭の直接視覚化および気管挿管のために最も一般的に使用される器具はマッキントッシュ、マッコイ喉頭鏡である。間接喉頭鏡の原理に基づく C-MAC ビデオ喉頭鏡は、近年臨床診療に導入されている。ビデオ喉頭鏡は、気管挿管が困難な状況で役立つ。著者らは、待機的手術に際し全身麻酔を受ける成人で、経口気管挿管の血行動態反応に関して McCoy、C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡による気管挿管に際しての単純スタイレット vs ライト付きスタイレットの比較

・本研究は直接喉頭鏡検査による気管挿管時のライト付きスタイレットの有効性を調べた。 ・本研究では、全身麻酔を受ける 284 人の患者を単純スタイレット(S 群)か、またはライト付きスタイレット(L 群)の群に無作為に割り当てた。両群で、直接喉頭鏡を用いてスタイレット補助挿管を行った。S 群では、単純スタイレットが使用され、気管チュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経鼻挿管のためのビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡との比較:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・このメタアナリシスは、ビデオ喉頭鏡が成人患者の経鼻挿管の成功率を高めることができないことを示している。 ・ビデオ喉頭鏡は、初回試行成功率を高め、挿管時間を短縮する。 ・ビデオ喉頭鏡は、困難気道患者で特に有益である。 <要旨> ・経鼻挿管(NTI)は、口腔および顎顔面外科手術においてよく行われる診療行為である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室外の緊急気管挿管に際してビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:系統的レビューとメタ分析

・ビデオ喉頭鏡検査(VL)は、直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、気管挿管の成功を改善する可能性がある。 ・著者らは、手術室外の緊急気管挿管で VL と DL を比較した研究を、PubMed、Embase、CENTRAL データベースで系統的に検索した。主要評価項目は、初回試行での挿管成功の割合であり、サブ群分析は場所、使用器具、臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用手頭頚部水平固定患者での DLT 挿管における McGrath ビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ

・ダブルルーメン気管支チューブ(DLT)挿管は、胸部外科手術における片肺換気に一般的に使用されている。しかしながら、そのサイズと形状が大きいため、単腔チューブに比べて挿管を行うことが困難である。本無作為化比較試験の目的は、McGrath ビデオ喉頭鏡が、模擬困難気道を有する患者の DLT 挿管に際してマッキントッシュ直接喉頭鏡よりも利点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部手術で DLT 挿管に際してビデオ喉頭鏡 vs マッキントッシュ喉頭鏡:系統的レビューとメタ分析

・ダブルルーメンチューブ挿管は、単腔気管挿管よりも困難である。ビデオ喉頭鏡は気道管理において多くの利点を有する。しかし、ダブルルーメン挿管のためのビデオ喉頭鏡の利点は、伝統的なマッキントッシュ喉頭鏡と比較して議論の余地がある。本研究では、MEDLINE、Embase、Cochrane Library、Web of Science からダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室外の緊急気管挿管のためのビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:系統的レビューとメタ分析

・ビデオ喉頭鏡検査(VL)は、直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、気管挿管の成功を改善する可能性がある。 ・著者らは、手術室外の緊急気管挿管で VL と DL を比較した研究について、PubMed、Embase、CENTRAL データベースで系統的検索を行った。主要評価項目は、初回挿管試行成功の割合であり、場所、使用した器具、臨床医…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マッキントッシュ喉頭鏡によるスニッフィング位での挿管のためのカスタマイズされた vs 固定サイズの枕

・スニッフィング位は、気管挿管を容易にするために頭部および頚部の位置決めに最も一般的に用いられている。しかし、最適な喉頭視野を得るための頭部拳上の最適度は、特に非欧米諸国では十分に研究されていない。本研究は、声門視覚化と気管挿管所要時間の観点から、固定高枕と高さをカスタマイズした枕(CP)の使用を比較することを目的とした。 ・施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGrath ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡による気管挿管:試験連続解析による系統的レビュー

<ハイライト> ・成功率だけでなく、声門の視覚化や挿管時間も評価した。 ・試験連続解析を実施した。 ・McGrath は、声門の視覚化に関して Macintosh より優れている。 ・しかし、挿管時間が有意に延長され、その成功率は優れていない ・TSA は、挿管時間の結果を確認するためにさらなる研究が必要であることを示唆してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者の病院前の挿管は、直ブレードよりも曲ブレードの喉頭鏡よりも成功率が高い

・直接喉頭鏡検査は、曲または直ブレードを使用して実施することができ、処置者は通常、最も快適なブレードを選択する。しかし、曲ブレードは、直ブレードよりも使い易いと逸話的に考えられている。著者らは曲 vs 直ブレードを用いて救急医の挿管成功率を比較しようとした。 ・年間 2 万件の要請のある郊外の ALS サービスで、約 9 年間にわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡とグライドスコープビデオ喉頭鏡の救急部後期研修医の学習曲線

・著者らの目的は、救急医学研修プログラムの期間中に、直接喉頭鏡(DL)とグライドスコープビデオ喉頭鏡(GVL)のレジデントの学習曲線を評価することである。 ・これは、年間外来受診数 70000 件の大学付属 ED での、2007 年 7 月 1 日から 2014 年 6 月 30 日までの 7 年間にわたって、EM レジデントが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グライドスコープビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡による初回挿管成功率の変化:救急部 10 年の観察研究

・本研究の目的は、2 つの大学救急部でグライドスコープビデオ喉頭鏡(GVL)と直接喉頭鏡(DL)の成功率を 10 年間にわたって評価することであった。 ・著者らは、2 つの大学救急部門の気道管理登録簿から収集した DL および GVL を用いた、成人の挿管データを使用した。初回挿管成功率(FPS)の変化を器具と術者の訓練度で分析し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュとグライドスコープ喉頭鏡が 4 つの気道トレーニングマニキンで生成する力

・気道挿管中のマッキントッシュとグライドスコープ喉頭鏡のブレードが発生する力を、4 種類のマネキンで 16 人の参加者によって測定した:Laerdal(®) SimMan、TruCorp AirSim™ Advance、Laerdal(®) Airway Management Trainer、Ambu(&…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ喉頭鏡によって上顎切歯に加えられる力

・現代のビデオ喉頭鏡(VLS)は、優れた声門視野を提供し、より容易な挿管の補助となる。本研究では、さまざまな VLS とマッキントッシュブレードを使用した場合に上顎切歯にかかる力を評価する。 ・50 人の一連の手術患者は、本研究で調査した 4 つのブレードの 1組による喉頭鏡検査を受けるよう無作為に割り当てられた:VLS グライ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

救急部での気管挿管で直接喉頭鏡 vs C-MAC ビデオ喉頭鏡との無作為化比較試験

・直接喉頭鏡検査(DL)は、緊急気管挿管のための最も一般的なアプローチであったが、ビデオ喉頭鏡(VL)の使用がより普及しつつある。現在の観察データは、無作為化試験は欠如しているが、VL は初回通過成功率が高いことを示唆している。本研究の目的は、DL または C-MAC VL で、緊急挿管を受ける患者の初回通過成功率を比較することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児で McGrath MAC ビデオ喉頭鏡とマッキントッシュ喉頭鏡の比較

・正常気道を有すると予想される小児の気管挿管時に、挿管所要時間と挿管の困難度を比較することにより、マッキントッシュ喉頭鏡と比較した、McGrath VL の有用性を評価するために、本前向き無作為化対照研究を実施した。 ・待機的手術に際して気管挿管を受けた年齢 1-10 歳の 84 人の患者を、McGrath 群(n=42)か、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グライドスコープまたは直接喉頭鏡を使用した場合の救急部における挿管成功に及ぼす汚染気道の影響

・目的は、グライドスコープビデオ喉頭鏡または直接喉頭鏡を救急部(ED)での挿管に使用したときに、汚染気道が初回挿入成功に及ぼす影響を調査することであった。 ・2007 年 7 月 1 日から 2016 年 6 月 30 日まで、大学病院救急部で挿管された全ての患者について、データを前向きに収集した。年齢 18 歳以上で、グライド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡との比較 - ICU患者での初回経口挿管成功

<ポイント> 質問:初回挿入成功率が改善するという矛盾したエビデンスがあるにもかかわらず、ビデオ喉頭鏡を集中治療室(ICU)の気管挿管に使用すべきか? 所見:ICU における気管挿管に際してのビデオ喉頭鏡は、従来の直接喉頭鏡検査と比較して初回通挿入功率は改善しなかった(それぞれ 67.7% vs 70.3%)。 意義:ビデオ喉頭鏡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGrath ビデオ喉頭鏡は、口腔顎顔面手術患者の日常的経鼻気管挿管を容易にする:直接喉頭鏡と比較

・McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)は、優れた喉頭鏡視野を提供し、正常気道と困難気道の患者の経口気管挿管の成功率を高める。本無作為化比較試験の目的は、正常な道を有すると予想される患者で、McGrath VL とマッキントッシュ喉頭鏡を比較して、McGrath VL が日常的な経鼻気管挿管に及ぼす有効性を調査することであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における McGrath MAC ビデオ喉頭鏡検査とマッキントッシュ喉頭鏡検査の比較

・気管挿管時に正常気道を有すると予想される小児で、マッキントッシュ喉頭鏡検査と比較した McGrath VL の有用性を、挿管時間と挿管困難度を比較することにより、評価するために、本前向き無作為化比較試験を実施した。 ・待機的手術に際して気管挿管を受けた年齢 1-10 歳の 84 人の患者を、McGrath 群(n=42)か、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部における挿管のための直接喉頭鏡としての C-MAC の有用性

・C-MAC(Karl Storz、トゥットリンゲン、ドイツ)はビデオ喉頭鏡(VL)であるが、直接喉頭鏡(DL)として使用することもできる。本研究の目的は、救急部(ED)における挿管のための DL としての C-MAC の有用性を評価することであった。 ・これは、2009 年 2 月 1 日から 2015 年 1 月 31 日まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を必要とする成人患者のためのビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:Cochrane 系統的レビュー

気管挿管困難はよく発生し、患者の安全に影響を与える。この系統的レビューは、ビデオ喉頭鏡が、直接喉頭鏡検査と比較して、成人の挿管失敗と合併症を減少させるかどうかを評価する。 ・2015 年 2 月まで CENTRAL、MEDLINE、Embase and clinicaltrials.gov を検索し、前後の引用追跡を実施した。喉頭…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Cormack-Lehane の分類再考

・Cormack-Lehane(CL)分類は、直接喉頭鏡検査中の喉頭視野を記述するために広く用いられている。しかし、この分類は、その信頼性に関して決定的ではないデータを報告している少数の研究によってのみ検証されている。広範な使用と限られたエビデンスとの間のこの乖離から、著者らは、麻酔科医の間でのこの分類法についての知識と、観察者内と観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔で歯牙損傷

Tooth injury in anaesthesiology. Braz J Anesthesiol. 2015 Nov-Dec;65(6):511-8. doi: 10.1016/j.bjane.2013.04.011. Epub 2014 Apr 6. ・歯牙損傷は、全身麻酔の最もよく見られる合併症であり、重要な、身体的、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more