テーマ:吸入酸素濃度

腹部外科手術を受ける患者の周術期における高濃度酸素吸入が無気肺を誘発する:無作為化比較試験

・著者らは、従来の酸素療法と比較して、低い吸入酸素濃度(FIO2)の使用可能性および術後無気肺や合併症に及ぼす効果を評価した。 ・大学病院単施設の手術室および術後回復室での無作為化臨床試験で、全身麻酔下に腹部手術を受ける年齢 50 歳以上で、ASA-PS I-II Iの患者 190 名を対象として、低 FIO2群(術中:FIO2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における導入後低酸素血症の発生率と導入ガス組成の影響

・小児の前酸素化および麻酔の吸入導入は、混合ガスを含む可能性がある。小児では、吸入導入時に酸素と一緒に他のガスを使用している間の酸素化に及ぼす臨床的影響は不明である。著者らは、小児における吸入ガス導入後の低酸素血症の発生率を記録することにより、酸素、亜酸素化窒素、揮発性麻酔薬に追加した空気濃度の影響を明らかにすることを目的とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:麻酔器で酸素:空気=1:1 で人工呼吸した場合、実際の吸入酸素濃度は?

A:計算はそう簡単ではない。換気条件や患者の代謝状態に依存して、結果はいろいろである。 しかし、ここでは、通常の成人を対象とした場合という前提で、換気条件は、TV×RR=500×12、酸素消費量を 200mL/分として考えてみよう。 (1) 新鮮ガス 「酸素 1L/分+空気 1L/分」から成る新鮮ガス 2L/分 の酸素濃度は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more