テーマ:心停止

心停止に対する機械的 vs 手動胸部圧迫:系統的レビューとメタ分析

・この論文の目的は、短期的生存転帰と神経学的機能に関して心停止(CA)中の機械的胸部圧迫装置 vs 手動胸部圧迫の使用を比較した公開文献の系統的レビューを行うことであった。 ・MEDLINE、EMBASE、Web of Science、ClinicalTrials.gov 登録を含むデータベースを系統的に検索した。それ以上の参考文…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重症成人患者における挿管処置に関連した心停止と死亡率:多施設共同コホート研究

・研究の目的は、ICU での挿管中の心停止の有病率と危険因子、ならびに ICU 挿管関連心停止と 28 日死亡率との関連性を調査することであった。 ・フランスの ICU 64 室での前向きに収集されたデータの後ろ向き分析で、ICU で挿管を必要とした重症患者を対象とした。 ・対象となった 1847 件の挿管手技の間に、49 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心停止後のステロイドの使用は心停止生存者の転帰を改善する可能性がある

・研究の目的は、心停止後ケア中のステロイド使用の影響を評価することであった。 ・地域住民を対象とした後ろ向き観察研究で、台湾国民健康保険研究データベースから、2004 年から 2011 年までに追跡調査 1年間の患者を登録した。対象患者は、生存退院した救急部の成人非外傷性心停止患者である。これらの患者は、入院中にステロイドが使用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期の動脈血二酸化炭素分圧は、心停止からの蘇生後の神経学的転帰と関連している

・研究目的は、心停止から蘇生した患者の動脈二酸化炭素分圧(PaCO2)、規定の分時換気量(MV)、および神経学的転帰の関係を調査することであった。 ・これは、心停止後に自己循環が回復(ROSC)した成人患者の多施設データベースを利用した後ろ向きコホート研究であった。主要評価項目は、脳機能カテゴリー(CPC)スコアで定義される退院時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心停止蘇生後の動脈血二酸化炭素分圧と神経学的転帰:前向きの多施設プロトコル指向コホート研究

・動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)は、脳損傷後の脳血流量の調節因子である。著者らは、心停止からの蘇生後の PaCO2 と神経学的転帰との間の関連性を検証しようとした。 ・6 つの病院を対象とした前向きプロトコル指向コホート研究で、年齢 18 歳以上、非外傷性心停止、自己循環回復(ROSC)後に人工呼吸され、目標体温管理を受けた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心停止から蘇生後の平均動脈血圧上昇と神経学的転帰との関連性:多施設前向きコホート研究からの結果

・実験室の研究は、心停止による蘇生後の血圧の上昇が保護的である可能性があることを示唆している。しかし、臨床データは限られている。著者らは、蘇生後の平均血圧上昇が神経学的転帰と関連しているという仮説を検証しようとした。 ・自己循環回復後に目標体温管理を行った成人の非外傷性心停止患者を対象とした米国の 6 つの大学関連病院での前向きコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔関連心停止

Anesthesia-related Cardiac Arrest Anesthesiology: April 2014 - Volume 120 - Issue 4 - p 829?838 doi: 10.1097/ALN.0000000000000153 Ellis SJ, et al. ・米国での麻酔に関連した心停止の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more