テーマ:術後合併症

褐色細胞腫-傍神経節腫の手術を受ける患者で術中低血圧は術後合併症の増加と関連している:後ろ向きコホート研究

・褐色細胞腫または傍神経節腫の手術中に、劇的な血行動態の変動が頻繁に発生する。ただし、術中の血行動態の不安定性の基準はさまざまであり、それらのほとんどは患者の予後に従ってではなく、任意に定義されていた。目的は、褐色細胞腫または傍神経節腫の手術を受ける患者で、異なる閾値、術中高血圧/低血圧の期間と術後合併症のリスクとの関係を分析することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科悪性腫瘍に対する子宮摘出術における硬膜外鎮痛の術後合併症:米国外科学会手術の質改善プログラムの分析

・本研究の目的は、婦人科悪性腫瘍に対して子宮摘出術を受けた女性で、硬膜外使用後の術後 30 日併症の割合を特定することであった。副次評価項目は、硬膜外麻酔が入院期間に及ぼす影響であった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムデータベースを使用して、後ろ向き的コホート研究が実施された。この大規模なデータセットには、周術期の危険因子と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔は、根治的膀胱切除術を受ける高齢者の術後合併症の増加に関連している可能性がある:米国外科学会手術の質改善…

・硬膜外麻酔は、整形外科手術において心肺合併症の減少と出血量の減少に関連している。根治的膀胱切除術を受けた患者の転帰に及ぼすその影響は不明である。米国外科学会手術の質改善プロジェクト(NSQIP)の大規模な全国データベースを使用して、根治的膀胱切除術中の硬膜外麻酔の使用が術後合併症が影響を及ぼすかどうかを調査することを目的としている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急開腹術後の合併症率および死亡率と術前貧血の関連

・術前貧血は待機的手術後の転帰不良と関連しているが、緊急手術後の転帰との関係は不明である。 ・2013 年 12 月 1 日から 2017 年 11 月 30 日までの全国緊急開腹監査データを分析した。貧血は、「軽度:129-110 g/L」、「中程度: 109-80 g/L」、「重度:≦?79 g/L」に分類された。 主要評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児外科患者における術前貧血と術後合併症率の関連:前向き観察コホート研究の二次分析

・南アフリカの小児外科集団における貧血の有病率は不明である。貧血は術後合併症の増加と関連している可能性がある。低中所得国(LMIC)の患者でこれらの知見を記録した研究は知られていない。この研究の主な目的は、小児非心臓外科患者における術前貧血と 26 種類の定義された術後合併症との関連を解明することであった。副次目的には、貧血の有病率と術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での非心臓手術後の早期 C反応性タンパク質値の予測

・C 反応性タンパク質(CRP)の術後増加の早期検出は術後合併症と相関する。本研究では、全身麻酔下に手術を受ける患者で、術前/術中因子と術後 CRP 値の関係を調査し、術後合併症の予防的管理のために、術後早期 CRP 値の予測モデルの開発と検証を行った。 ・多変量回帰分析を後ろ向き的に実施して、術後日(POD) 1 日目の CRP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喫煙と待機的開頭術後の術後合併症との関連

・喫煙に関連する術後合併症のエビデンスはさまざまである。著者らはタバコの喫煙と開頭術後の術後合併症との関係を明らかにするために本研究を実施した。 ・2011 年 1 月から 12 月まで、後ろ向きコホート分析により、ソウルの 2,700 床の医療センターで全身麻酔による開頭手術を受けた 800 人の患者が確認された。 ・喫煙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は下肢外傷性骨折患者の治療における術後合併症と関連していない

・下肢骨折固定はよくある手術であり、整形外科の外傷外科手術症例の大部分を占めている。それにもかかわらず、この手術集団における区域麻酔または脊柱管麻酔(RA/NA) vs 全身麻酔(GA)の使用を検討した研究はほとんどない。著者らは、RA/NA 使用の全体的な割合と、RA/NA が下肢整形外科的外傷患者の死亡率と合併症率が、GA よりも低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭頸部手術を受けた患者における術後合併症の発生率に及ぼす早期待機的気管切開術の影響

・頭頸部手術後の術後合併症の発生率は高い。本研究は術後肺炎とせん妄の発生率に及ぼす早期待機的気管切開術の影響を評価した。 ・2 年以内に著者ら施設で口腔咽頭腫瘍切除と顕微鏡手術による組織移植を受けた全患者のデータを検討した。ピアソンのχ二乗検定およびフィッシャーの正確 t 検定を用いて、術後合併症の発生率に及ぼす患者の既存状態と危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼡径ヘルニア修復後の術後合併症の発生率は早産児および満期産児における入院を正当化するか?

・術後、酸素飽和度低下や無呼吸などの呼吸器合併症のリスクを考慮して、乳幼児は一晩入院する。この危険性は以前に報告されたものよりはるかに低いようである。どのくらいの年齢までこのリスクが続くのか、そしてどの乳児が日帰り治療に実際に適しているのか、知られていない。 ・大規模三次小児病院で、2011 年 1 月から 2015 年 12 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低リスク皮膚軟部組織手術を受ける小児患者における有害転帰の予測因子:6730 人のデータベース分析

・低リスクの皮膚軟部組織手術を受ける小児患者のリスク層別化に関するデータは不足している。低リスクの皮膚軟部組織手術を受ける小児コホートで、術後合併症と予定外の 30 日再入院の発生率と、独立予測因子を調査しようとした。 ・本研究には、米国外科学会手術の質改善プログラムに継続的に登録されている小児病院で 2 年間にわたり皮膚軟組織の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血糖コントロール不良は、血管手術を受ける患者で術後合併症率と死亡率の強力な予測因子である

・高血糖は、心臓血管手術を受ける患者でよく見られる症状である。いくつかの手術コホートにおいて、周術期血糖コントロールの改善により、術後合併症率と死亡率が減少することが確認されている。末梢動脈疾患を有する集団のかなりの部分は、糖尿病やメタボリックシンドロームの後遺症を患っている。周術期血糖コントロールと血管手術患者の術後転帰との関係に関す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経尿道的前立腺切除後の合併症に及ぼす手術時間の影響:NSQIP データの分析

・経尿道的前立腺切除は、良性前立腺肥大の管理のために最もよく実施される手術である。しかしながら、手術時間が合併症に与える影響についてはほとんど知られていない。著者らは、現代的な全国手術登録簿を用いて、手術時間と TURP 合併症との関係を評価している。 ・著者らは、米国外科学会手術の質改善プログラム(ACS NSQIP)で 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術後合併症と死亡率の予測因子としての肥満指数

・脊椎手術後の患者肥満指数(BMI)に関連した術後合併症と死亡のリスクを特徴付けるために全国住民ベースのデータベースを分析した。肥満は、腰椎手術後のより大きな周術期の合併症および不良な手術転帰と関連付けられてきた。しかし、正常体重患者と比較した術後合併症の BMI 層別化リスクは十分に特徴づけられていない。 ・2006 年から 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸切除術後の心肺合併症を硬膜外鎮痛と非硬膜外鎮痛で比較:後ろ向きコホート研究

・硬膜外鎮痛は、術後合併症が少なく、結腸癌切除後の生存率の改善と関連している可能性がある。本研究では、米国外科学会手術の質改善プログラム(NSQIP)を使用して、硬膜外鎮痛(vs 非硬膜外鎮痛)と結腸切除後合併症との間の関連性を評価した。 ・米国の 603 病院が NSQIP にデータを報告しており、2014~15 年のデータから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の急性冠動脈症候群の病因

・この調査の目的は、血栓症 vs 需要性虚血を特に重視した、周術期急性冠動脈症候群の病因を調査することであった。 ・本後ろ向きコホート研究では、2008 年 1 月から 2015 年 7 月まで、大きな三次病院で非心臓手術から 30 日以内に急性冠動脈症候群に際して冠動脈造影を受けた成人患者を特定した。血管造影検査は、臨床データと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手術を受ける患者の麻酔診療の引継ぎと有害な術後転帰との関連

・ある麻酔科医から別の麻酔科医への患者診療を引き渡すことは、いくつかの外科手術中に起こり、有害な転帰のリスクを増大させる可能性がある。研究の目的は、手術中の麻酔診療の完全な引継ぎが、診療の引継ぎがない場合と比較して死亡率や主要合併症の可能性が高いかどうかを評価することであった。 ・年齢 18 歳以上の成人患者の少なくとも 2 時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩を必要とする非心臓手術を受ける患者の麻酔回復室における合併症および関連する医療資源利用の発生率

<ハイライト> ・手術を受けた患者では、PACU における主要な合併症(2.1%)および軽度の合併症(35.1%)の発生はよくある。 ・ICU 入室率は、合併症がないのが 1.3%、軽度の合併症ありが 3%、重大な合併症ありが 54% であった ・院内死亡率は合併症なしで 0.2%、軽度の合併症で 0.4%、重大な合併症で 3% …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術 Apgar スコアは、非腹腔鏡下婦人科手術を受けた高齢患者の 30 日合併症率を予測する

<ハイライト> ・術後 30 日の重症合併症率は 8.6% の患者で観察された。 ・術後合併症に重大な影響を与える唯一の要因は SAS であった。 ・SAS≦6 点は術後 30 日の重症合併症率を予測した。 <要旨> ・本研究の目的は、婦人科疾患手術を受ける年齢 65 歳以上の女性で、術前健康状態指数や術中データが周術期の合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMI により層別化された肥満患者における全関節形成術後合併症

・高 BMI は、TJA を受ける患者において重大な合併症と関連している。多くの研究がこの傾向を評価してきたが、連続変数としての BMI に基づく合併症の割合を調べた例はほとんどなかった。本研究の目的は、肥満患者を 3 つの BMI カテゴリーに層別化し、それらの合併症の割合を評価し、高 BMI カテゴリーから低 BMI カテゴリーへの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮内膜癌低侵襲手術を受ける患者で、長い手術時間は、術後合併症の増加と関連している

・研究の目的は、子宮内膜癌の低侵襲手術を受ける患者で、手術時間が術後の内科的、外科的合併症の発症に及ぼす影響を調査することであった。 ・2005 年から 2014 年までに子宮内膜癌のために腹腔鏡手術を受けた患者を、ACS-NSQIP データベースから同定した。最初に手術時間を 1 時間間隔で分割し、合併症率を調査した。評価項目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術スコア(ESS)は、救急外科手術患者の術後合併症の発生を正確に予測する

・緊急手術(ES)患者の死亡率を予測するスコアリングシステムとして、緊急手術スコア(ESS)が最近検証された。著者らは、ES における術後合併症の 30 日後の発生を予測する ESS の能力を調べようとした。 ・2011~2012 年の米国外科学会手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)データベースを、「緊急」と分類された全外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消化管手術後合併症に及ぼす周術期非ステロイド性抗炎症薬の影響:メタアナリシス

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、マルチモーダル術後鎮痛の重要な部分である。本研究では、メタアナリシスを用いて消化管手術後合併症に及ぼす周術期 NSAID の影響を評価することを目的とした。 ・データベースの創始以来 2015 年 6 月まで、PubMed、CBM、Springer、Chinese Academic Jou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more