テーマ:酸素飽和度低下

大腿骨骨折手術に際しての脊椎麻酔後の超高齢患者における術後早期の酸素飽和度低下の予測:後ろ向き分析

・高齢者の術後の酸素飽和度低下は、文献ではめったに取り上げられていない。本後ろ向き研究の目的は、術前の肺機能検査と動脈血ガス分析により、超高齢患者の脊椎麻酔後の術後酸素飽和度低下を予測できるかどうかを調査することであった。 ・大腿骨頸部骨折に対して脊椎麻酔を受けた 399 人の患者(年齢 80 歳以上)の診療記録を後ろ向きにレビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非 ICU 患者における全身麻酔後の術後の酸素飽和度低下と徐呼吸:後向き評価

・酸素飽和度低下と徐呼吸として現れる呼吸抑制は、術後早期によく見られる。しかし、それは適切なモニタリングによって評価されていない。本研究の目的は、重度の合併症がなく大手術を受けていない非 ICU 患者で、全身麻酔後の酸素飽和度低下および徐呼吸の発生率と予測因子を同定することであった。 ・抜管後少なくとも 8 時間、患者をパルスオキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室での術後早期酸素飽和度低下と高度看護施設/長期介護施設への退院との関連

・手術室での抜管準備を定義するためにどの基準を使用すべきかは不明である。手術室での抜管直後の酸素飽和度低下が長期的転帰に及ぼす影響を検討した。 ・非心臓手術を受けたそれまでは自立していた成人を含む 71,025 例について事前に指定された後ろ向き的分析を実施し、抜管 10 分以内の酸素飽和度低下イベント(酸素飽和度<90%)と自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管中の動脈血飽和度低下の予測因子:気道管理のコホート内症例対照研究 - 第1部

・気管挿管(ETI)中に生じた動脈血酸素飽和度低下は、不良転帰につながる可能性がある。したがって、著者らの主な目的は、挿管時の動脈血飽和度低下の予測因子(パルスオキシメトリー<90%)を同定し、動脈血低酸素血症を発症した患者の転帰を評価することであった。 ・2013 年 1 月 1 日から 2014 年 12 月 31 日の期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more