テーマ:カフ圧

超簡単な気管チューブのカフ圧設定法「10mL シリンジ法」の英語版を YouTube にアップした

 超簡単な気管チューブのカフ圧設定法である「10mL シリンジ法」を使えば、カフ圧計がない場所でも、人間の「触診」というアバウトな方法よりははるかに再現性の高い適切なカフ圧に設定することが可能だ。  日本国内だけでなく、気管挿管が行われるあらゆる場所で、本法「10mL シリンジ法」が知られて実践されれば、過剰なカフ圧に起因する気管…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブのカフ圧設定法(10mL シリンジ法)の動画を YouTube にアップしたぞ!

 気管チューブや気管切開チューブを留置した後、シリンジでカフにエアーを注入しますが、このエアー量は、量ではなくて圧で決まります。 通常、手術室や集中治療室ではカフ圧計を使用して最適値に設定しますが、病棟とかではいつもカフ圧計が使用できるとは限りません。そんな時に役立つ取って置きの方法です。 以下のブログ記事ではじめて紹介しま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Q:カフ圧の最適値とは? それは何で決まっているのか?

A:はじめて気管挿管を見学した学生やナースから、「気管チューブのカフにはエアをいくら注入すればいいんですか?」とよく聞かれる。 『気管チューブのカフにどれくらいのエアを注入すればよいかは、「量」では決まらない、「圧」で決まるんだ。』と話している。 尿道に挿入する導尿カテーテルからの連想からくるのだろう。導尿カテーテルの場合、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シリンジを使った簡易カフ圧調節について

 今回の第59回 日本麻酔科学会に出席するまで、ほとんど抄録集に目を通さずにいたので、「シリンジを使った簡易カフ圧調節」について、相澤病院 手術センター麻酔科の槇 誠俊, 松本 さゆき, 平沼 多加志, 丹下 大祐, 山本 基佳, 小笠原 隆行先生方が、 ポスターセッションで、「[P1-45-3] LMAにおける10mlシリンジを用いた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ・カフの圧調整に使用するシリンジ(トップの場合)

 以前の記事「知らなきゃ損!! 超簡単、 気管チューブの最適カフ圧設定法」で、気管チューブのカフ圧を簡易に最適圧に設定する方法を紹介した。その際、「テルモ社」製のシリンジでの報告であった。  その後、記事「気管チューブ・カフの圧を逃がすのに使用するシリンジを選ぶ際にはメーカーとサイズが問題」を紹介した。  今回は、近隣の病院…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!(Part 3) 最適カフ圧を設定するために

 これまでは触れなかったが、シリンジ(外筒)とプランジ(内筒)との相互関係には、2つの圧が関係している。一つは、既に動きが停止しているプランジを動かす時に必要な圧であり、もう一つは、既に動いているプランジが停止する時の圧である。この2つの圧はかなり異なっている。前者は slip pressure(滑走圧) と呼ばれ、後者は stick …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!(Part 2)超簡単、 ラリンジアルマスクの最適カフ圧設定法(おいおい)

 気管チューブのカフをやや多めにインフレートして、「プランジが押し返されるのをしばらく待つ」と、カフ内圧と、プランジとシリンジの摩擦抵抗とが釣り合うところでプランジが止まることは前回の記事で述べた。  実は、この圧は、シリンジのサイズによって大きく異なる。頭の中だけで考えると、大きなシリンジほど高い圧でバランスが取れそうなのだが、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!! 超簡単、 気管チューブの最適カフ圧設定法

 昨年、本ブログ開設して間もなく、ちょうど去年の今頃、長年を費やして考案・検証した輸液ラインの簡単なエア抜き法「クランプ・ミルキング法」を紹介した。今回は、それに匹敵するアイデア、簡便な気管チューブの最適なカフ圧設定法、「10mL シリンジ法」を紹介する。  現在、当院麻酔科に資格取得直後の救急救命士 2 名が、現場出動前の病院実…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more