テーマ:カフ圧

気管内カフの膨張圧の改善:軍事医療センターにおけるエビデンスに基づくプロジェクト

・気管チューブカフ圧の管理不良は、全全身麻酔薬の 50% 以上で発生し、気管虚血、気管破裂、喉頭痛、反回神経麻痺、気管狭窄、微小誤嚥、および/または不十分な換気につながる。気管内麻酔による全身麻酔は、世界中でよく見られる方法である。 ・気管チューブのカフには、20〜30 cm H2O の安全で適切な圧まで流体(気体または液体)が充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸成人手術患者における術後咽喉頭痛に及ぼすラリンジアルマスク内圧測定の効果

・ラリンジアルマスク(LMA)は麻酔に広く使用されており、一般に安全であると考えられている。術後咽喉頭痛(POST)は、LMA の使用後に頻繁に起こる合併症であり、患者にとって非常に苦痛となる。術後咽喉頭痛を軽減する上で 30~32cmH2O の LMA カフ圧を使用することは研究されていない。研究の目的は、LMA カフ圧を 30~32…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児および小児における片肺換気中のカフ内圧

・著者らは、片肺換気(OLV)中のカフ内圧(IP)を前向きに評価して、OLV に使用されるカフの過剰膨張に関連する潜在的なリスクを特徴付けた。 ・独立型三次医療小児病院で胸部手術を受ける年齢 18 歳以下の乳児と小児患者を対象とした 2 年間にわたる前向き観察研究である。気管および気管支バルーンのカフ圧をマノメーターを使用して測定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術での気管チューブカフ圧の評価と術後咽頭痛

・腹腔鏡下胆嚢摘出術における亜酸素化窒素と二酸化炭素気腹の使用は、気管チューブカフ圧の増加をもたらす。それは気管粘膜灌流を損ない、その後の気管損傷を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者で、カフ圧と術後咽頭痛発生頻度を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、ASA-PS I/II の腹腔鏡下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリンジ固有の反動を利用したラリンジアルマスクカフ圧制限の臨床応用

・ラリンジアルマスク(LMA)カフの過膨張は、LMA の使用に関連する多くの合併症を引き起こす可能性がある。カフ圧が 60 cmH2O(44 mmHg)の推奨最大値以下に維持されることを確実にする臨床的に許容可能な(費用効果が高くかつ実用的な)方法はない。著者らは、カフ圧を製造元の推奨値以下に抑える効果的で実用的な方法として、LMA 膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリームラリンジアルマスクエアウェイで異なるカフ圧の使用を、血圧、シーリング圧、術後有害事象で比較

・Supreme ラリンジアルマスク(SLMA)は、気管チューブの代替物として使用される声門上気道器具(SGA)である。本研究では、主に循環動態反応を見るため、正常カフ圧の SLMA の使用を低カフ圧と比較することを目的とした。 ・本試験では、高血圧と診断され、静脈瘤または鼡径ヘルニア手術が予定されてた 120 人の患者が登録され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部での気管挿管患者の適切なカフ圧を得るための LOR シリンジの応用

・気管チューブカフ圧は最適範囲内に保たなければならない。本研究は、救急部の気管挿管患者の適切なカフ内圧を得る際に、10cc の使い捨てシリンジを使用する従来のパイロットバルーン触診法と、Loss of Resistance(LOR)シリンジを使用した受動開放法の有用性を比較した。 ・これは、大学付属教育病院の救急部で行われた、前向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフ膨張に際し受動開放法と最少閉塞量法の比較

・適切な圧での気管チューブカフの膨張は重要な処置である。受動開放法(PRT)は、カフを膨張させるための有用で便利な方法である。今日まで、この方法を、カフ膨張のための最も一般的に使用される方法の 1 つである最少閉塞量法(MOVT)と比較した研究は報告されていない。2 つの方法の有効性、難易度、嗜好性の比較のために本調査を行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブの適正カフ圧を得るための Perifix LOR(抵抗消失)シリンジの応用

・カフ付き気管チューブ(ET)の管理は、救急医の日常的な診療である。様々なカフ膨張法が使用されているが、カフ膨張またはカフ内圧(ICP)のための方法として文献で確認された標準的な方法はない。抵抗消失(LOR)シリンジは長年使用されており、硬膜外腔に接続される。本研究の目的は、新しい推定法によって得られた実際の ICP を測定することであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフ膨張のためのシリンジを用いた受動開放法の有効性、嗜好度、容易さ

・不適切なカフ膨張は、多くの合併症を引き起こす。従来のパイロットバルーン触診法は、高いカフ圧を検出するには不十分であるが、依然として好まれている。そこで本研究では、気管チューブカフの膨張のための「受動的開放法」と呼ばれる新たな推定法の有効性、嗜好度、使い易さを確認するために本研究を行った。 ・29 人の看護師が、7.5 mm の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブの推奨カフ圧達成:抵抗消失シリンジをパイロットバルーン触診と比較する無作為化対照研究

・気管チューブカフの膨張不足と過膨張は、患者に重大な害をもたらす可能性がある。安全なカフ圧(20~30 cmH2O)を確立し、維持するための最適な技術は、カフ圧測定器であるが、特に、入手コストと保守によってその使用が制限されている医療資源の限られている場合には、これは広く利用できない。そこで、麻酔担当者は、一般に、安全な気管チューブカフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術中に亜酸素化窒素使用の有無と ProSeal ラリンジアルマスクのカフ圧変化

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)は、腹腔鏡手術に際しての気道器具としてますます使用されている。そのシリコンカフは、亜酸素化窒素、二酸化炭素、他のガスの拡散をもたらし、その結果、麻酔中に内圧を上昇させる。本研究は、2 時間までの腹腔鏡下手術を受ける患者で、亜酸素化窒素有りと無しの麻酔中におけるカフ内圧の変化を調査することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圧指示器を内蔵した新しい声門上気道器具は術後咽頭喉頭症状を減少させる:無作為化比較試験

・声門上気道器具の過剰なカフ圧は、咽頭痛、発声婚案、嚥下困難などの術後咽頭喉頭症状を増加させる。新しい声門上気道器具である AES Ultra CPV?(CPV)には、カフ内圧指示器が内蔵されている。著者らは、CPV を使用すると、カフ圧ガイドのない LMA Classic(LMA)と比較して、術後症状を減少させると仮定した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク Supreme と flexible でカフ圧が気道リーク圧に及ぼす影響

・研究の目的は、ラリンジアルマスク(LMA)Supreme と flexible で気道リーク圧に及ぼすカフ圧の影響を調査することであった。 ・待機的乳房手術を受けようとしている患者は、Supreme 群(35 例)とFlexible 群(33 例)に分けられた。全身麻酔導入後、LMA Supreme か、または Flexible…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管後の咽喉頭痛の原因:複数の麻酔変数についての前向き観察研究

・手術に際しての挿管後に咽喉頭痛はよく見られる。この観察研究は、咽喉頭痛の病因を調査するために、カフ圧力および広範囲の臨床共変量を調べた。 ・術後約 24 時間に、挿管を受けた患者に、痛み、気道症状、咽喉頭痛に関する 6 つの質問が伝達された。咽喉頭痛は、人口統計学、麻酔変数、カフ圧(患者の一部で測定)と関連付けられた。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフ圧計なしで小児ラリンジアルマスク挿入前の安全な使用のための 2 種類のカフ膨張法の比較

・本前向き無作為化試験は、小児 LMA のカフを推奨最大膨張量の半分か、または静止容積で膨らませたときに、異常に高いカフ圧の心配なしに小児ラリンジアルマスク(LMA)を使用できるかどうかを確認するために実施された。 ・年齢 0 歳から 9 歳までの 80 人の小児で、全身麻酔を予定された体重 5~30 kg の小児が含まれた。挿入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクエアウェイの最小有効カフ膨張量の適用と術後咽頭合併症に及ぼす影響

・ラリンジアルマスク(LMA)のカフ圧が高いと、除去後に咽頭痛や嗄声といった高度の咽頭合併症を引き起こすことがある。低いカフ圧の LMA で全身麻酔を受ける患者には、気道のシーリングと適正換気を維持するのに、最低有効カフ膨張量の適用が示唆されているが、ほとんどの麻酔科では、現在のところ標準的ケアではない。本研究では、classic LM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色分けされた圧力計付きの新しい LMA の臨床的評価

・ラリンジアルマスク(LMA)のカフの予期せぬ過膨張は、気道合併症率の増加と術後疼痛と関連している可能性がある。メーカーは、通常の臨床診療で、≦60cmH2O のカフ圧を推奨しているが、カフ圧を決定する方法はない。本前向き研究の目的は、臨床医にカフ圧の上昇を警告することを目的とした圧力計を内蔵している新しくデザインされた LMA の精度…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長時間手術中のカフ付き気管チューブのカフ圧の変化

・新たにデザインされたカフ付き気管チューブ(ETT)の導入に伴い、小児患者への使用が増加傾向にある。デザインが改善されたにもかかわらず、予期しない長時間のカフの過膨張は、気管粘膜灌流を障害する可能性がある。本研究は、長時間にわたる手術を受ける小児患者で、カフ内圧の変化を前向きにモニターする。 ・本研究は、カフ付き ETT を用いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブのカフ注入用シリンジ、こんな製品があったとは!

 麻酔科医が日常的に使用する気道確保用器具として、ラリンジアルマスク(LM)と気管チューブ(TT)は非常に一般的で、使用しない日はないくらいのものだ。ともに空気を注入してカフを膨らませて使用する必要がある。  この時、いずれの器具も推奨されるカフ圧が存在する。ラリンジアルマスクでは、40~60cmH2O、気管チューブでは 20~3…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

最適シーリングのための気管チューブカフ膨張法 4 種類の比較:無作為試験

・研究の目的は、カフ内圧の最適値と挿管関連合併症の有無に基づいて気管チューブカフ(ETTc)膨張の 4 種類の方法の同等適用性を評価することであった。 ・二重盲式無作為化試験。亜酸素化窒素を含まない全身麻酔を受ける予定の成人手術患者 139 名を、ETTc 膨張に使用した方法に従って、4 群のうちの 1 群に割り当てた。各方法で適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最適カフシーリングの観点から見た気管チューブカフ膨張 4 種類の方法の評価

・研究の目的は、手術患者集団で、最適な ETTc シーリング手技を確定することを目的として、指の触診による推定、最小閉塞量、最小リーク法といった気管チューブカフ(ETTc)膨張の 3 種類の一般的な方法と、カフを過膨張させた後にシリンジへエアを逆流させるというあまり利用されていない方法の比較適用性を評価することであった。 ・N2O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院前環境で安全な気管チューブカフ圧を達成する:標準的なカフ膨張のやり方を改訂する時期か?

・多くの研究では、病院前環境において、安全でない気管チューブ(ETT)カフ圧(CP)が報告されている。本研究の目的は、安全な CP(20-30cmH2O) を達成するために最適なカフ膨張容量(CIV)を特定することであった。 ・この観察研究は、試験前に 85°F の水浴中で冷凍から暖められた最近採取されたヒツジ気管を 30 個使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術患者における新型ラリンジアルチューブ「LTS-D」の最適カフ量とカフ圧の評価

・最近の症例報告では、ラリンジアルチューブの旧モデル製造元の推奨に基く標準充填量を使用すると、大幅なカフ過充填が示されている。本研究の目的は、ラリンジアルチューブ新型モデル「LTS-D」で、リークなく標準化された人工呼吸を実施するために必要な最小カフ圧を調査することであった。 ・倫理的承認後、LTS-D を 60 人の麻酔患者に換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児と小児における経食道心エコー検査プローベ留置が気管チューブのカフ圧に及ぼす影響

・研究の目的は、気管チューブのカフ圧(CP)に及ぼす経食道心エコー検査(TEE)プローブ挿入の影響を評価することであった。 ・非営利の小児病院単施設で前向きの観察研究で、対象者は心臓手術と術中 TEE を受けた合計 80 人の小児患者(年齢 6~18.4歳)であった。 麻酔導入と気管挿管後、CP は、TEE 挿入前(P1)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食道胃十二指腸内視鏡プローベ挿入が全身麻酔下の小児の気道器具カフ内圧に及ぼす影響

・食道食道鏡検査(EGD)プローベのサイズと小児の気道圧縮性を考慮すると、EGD プローベは気道器具カフ圧(IP)を上昇させる可能性がある。本研究では、全身麻酔下の小児患者で EGD 検査中の IP 変化を評価した。 ・麻酔導入後、ラリンジアルマスク(LMA)か、または気管チューブ(ETT)を筋弛緩なしで留置した。IP は、ベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more