テーマ:亜酸化窒素

高齢者における麻酔の亜酸素化窒素の有無と長期的認知経過

・著者らは、亜酸素化窒素(N2O)を使用しない全身麻酔と比較して、N2O を使用した全身麻酔を受けた高齢者の方が全体的認知の術後の低下率が大きいという仮説を評価した。 ・認知機能の縦断的測定は、Mayo Clinic Study of Aging に登録された年齢 70〜91 歳の非認知症の成人で分析された。時変共変量を伴う線形混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術での気管チューブカフ圧の評価と術後咽頭痛

・腹腔鏡下胆嚢摘出術における亜酸素化窒素と二酸化炭素気腹の使用は、気管チューブカフ圧の増加をもたらす。それは気管粘膜灌流を損ない、その後の気管損傷を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者で、カフ圧と術後咽頭痛発生頻度を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、ASA-PS I/II の腹腔鏡下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランとデスフルランの等 MAC における亜酸化窒素のバイスペクトル指数値への影響

・BIS(Bispectral Index)値は、脳波(EEG)信号を抑制する能力に応じて、麻酔薬特有のものである可能性がある。セボフルランとデスフルランの等 MAC における BIS 値に及ぼす亜酸素化窒素(N2O)の効果を研究するために、著者らは前向き無作為化臨床試験を実施した。 ・脊椎手術を受ける成人患者 60 人を無作為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術中に亜酸素化窒素使用の有無と ProSeal ラリンジアルマスクのカフ圧変化

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)は、腹腔鏡手術に際しての気道器具としてますます使用されている。そのシリコンカフは、亜酸素化窒素、二酸化炭素、他のガスの拡散をもたらし、その結果、麻酔中に内圧を上昇させる。本研究は、2 時間までの腹腔鏡下手術を受ける患者で、亜酸素化窒素有りと無しの麻酔中におけるカフ内圧の変化を調査することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜酸化窒素麻酔後の術後慢性痛

Chronic postsurgical pain after nitrous oxide anesthesia PAIN Volume 152, Issue 11 , Pages 2514-2520, November 2011 ・亜酸素化窒素はNメチル-d-アスパラギン酸塩受容体の拮抗薬で、慢性の術後痛の発生を防止するかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more