テーマ:術後シバリング

婦人科開腹手術を受けた患者における麻酔後のシバリング防止に対するフルルビプロフェンアクセチルの有効性

・麻酔後のシバリングは、手術患者における不快な有害事象である。非ステロイド性抗炎症薬は、いくつかの先行研究で麻酔後のシバリングの予防に有用であることが報告されている。本研究の目的は、非ステロイド性抗炎症薬のプロドラッグであるフルルビプロフェンアキセチルが、婦人科開腹手術を受けた患者の麻酔後のシバリングを予防する効果を評価することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後シバリングに対するアセトアミノフェンの周術期投与の効果:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・本無作為化三重盲式プラセボ対照試験では、周術期アセトアミノフェン投与が術後シバリングに予防効果があるという仮説を検証した。 ・婦人科開腹手術を予定されている 45 人の女性を、アセトアミノフェンまたはプラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた。全身麻酔導入後、試験薬(アセトアミノフェン 15 mg/kg)またはプラセボ(0.9% …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more