テーマ:短期的転帰

胃癌に対する腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰:全国的な後ろ向きコホート分析

・腹腔鏡下胃全摘術は徐々に人気が高まっている。ただし、これまでの研究では、被験者数が少ないこともあり、手術の安全性と利点に関して矛盾する結果が生じている。本研究の目的は、胃癌の腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰を比較することであった。 ・全国の入院患者データベースを使用して、2010 年 7 月から 2017 年 3 月までの臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more