テーマ:閉塞性睡眠時無呼吸

閉塞性睡眠時無呼吸患者の関節形成術後のクモ膜下モルヒネと肺合併症:後向きコホート研究

このトピックについてすでに知っていること: クモ膜下モルヒネは、関節形成術後の鎮痛に一般的かつ効果的に使用されるが、遅発性呼吸抑制などの術後肺合併症に関連している この記事がは教えてくれる新しいこと: 閉塞性睡眠時無呼吸患者で、マルチモーダル鎮痛に併用した低用量クモ膜下モルヒネは、術後肺合併症のリスク増加とは関連していなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸の高リスク小児におけるアデノイド扁桃摘出術後呼吸器合併症:後ろ向きコホート研究

・閉塞性睡眠時無呼吸は、小児の 1〜4% で発生する。アデノイド扁桃摘出術は効果的な治療法である。死亡/重度脳損傷は、アデノイド扁桃摘出術の 0.6/10,000 で発生する。小児では、60% が気道/呼吸器症状に続発する。これまでの研究では、年齢 2 歳未満の小児、極端な体重、頭蓋顔面、神経筋、心臓/呼吸器疾患といった併存合併症、重度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の危険因子と術後合併症へのその影響:2000 人の患者の後ろ向き分析

・アデノイド扁桃摘出術はよく実施されている手術であり、睡眠障害呼吸は手術の適応としてますます重要になっている。閉塞性睡眠時無呼吸患者のリスクは高いため、これらの患者に必要な術後ケアのレベルは現在検討中であり、リスクのある患者をより適切に特定することで、不必要な術後モニタリングを減らしうる。 ・アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな非心臓手術を受ける患者における術後の心血管イベントと認識されない閉塞性睡眠時無呼吸の関連

・認識されていない閉塞性睡眠時無呼吸は一般集団の心血管リスクを増加させるが、閉塞性睡眠時無呼吸が周術期に同様のリスクをもたらすかどうかは依然として不明である。研究の目的は、閉塞性睡眠時無呼吸と、大きな非心臓手術後の 30 日心血管合併症リスクとの関連性を明らかにすることであった。 ・2012 年 1 月から 2017 年 7 月ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道管理に関連する危険因子としての閉塞性睡眠時無呼吸 - 解説的総説ー

<ハイライト> ・OSA は気管挿管困難とマスク換気困難と関連している。 ・OSA と声門上気道器具使用困難との関連はなかった。 ・ガイドラインは、気道評価の重要な側面として OSA を含めるべきである。 <要旨> ・閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)と困難気道との関連性については、様々な臨床試験で検討されてきたが、両条件の関係は明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児期における閉塞性睡眠時無呼吸の検出のための 3 つの核心的質問による麻酔前評価:観察研究

・閉塞性睡眠時無呼吸の小児は、周術期気道閉塞のリスクが高い。多くの「危険にさらされている」小児は、認識されないままでいるかもしれない。本研究の目的は、小児期の閉塞性睡眠時無呼吸を特定する臨床的に実用可能な検査を見い出すことである。 ・この予備研究で、著者らは 4 種類の保護者アンケートと小児のその後の睡眠検査のそれぞれの結果とを前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道内陽圧による閉塞性睡眠時無呼吸の術前治療は、心臓手術後の心房細動の発生率の低下と関連している

・閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)患者に対する気道陽圧(PAP)療法が心房細動患者に有益であるとする非手術患者での臨床研究に基づいて、著者らは、OSA 患者での PAP が、心臓手術後の術後心房細動(PO??AF)の発生率を減少させるという仮説を検証した。 ・大学病院単施設での後ろ向き分析で、2008 年 1 月から 2015 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more