テーマ:脳外科手術

脳血管外科手術におけるインドシアニングリーンビデオ血管造影後に起きたアナフィラキシーショック

・インドシアニングリーン(ICG)ビデオ血管造影(VA)は脳血管手術で広く使用されている。ICG 注射は一般に安全であり、合併症の発生率は低い。脳神経外科手術中の ICG 関連のアナフィラキシー反応はほとんど報告されていない。本研究では、頭蓋内動脈瘤(IA)手術中に静脈内 ICG(DID Indocyanine Green?、Dongi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015 年、今年の初仕事

 元旦の今日は、昼前に病院に出勤して昨日の緊急手術の麻酔 3 症例の術後回診をして、昼過ぎには帰宅した。「昨日の残務も終えたし、今日ぐらいはゆっくりさせてもらわないとな~。」と思っていた。  夕方までは、病院からの呼び出しはなかったのだが、19 時過ぎに脳外科の医師から、脳内出血の血腫除去術の麻酔依頼があった。 「あ~っ、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳外科の開頭手術で BIS センサーを下顎に付けて使用してみた! Part 2

 一昨日に引き続き、今日は未破裂の脳動脈瘤の麻酔を担当することになった。前回と同様に、麻酔導入後、頭部のメイフィールド固定後に、BIS センサーを前額ではなく下顎部に装着した。脳外科医師のマジックによる執刀予定ラインとかぶらない。 【 実際に装着したところ 】  BIS センサーの ① を、矢印が鼻先方向に向かうように下顎の正中に、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脳外科の開頭手術で BIS センサーを下顎に付けて使用してみた!

 長らく脳外科手術の麻酔を担当する機会がなかったのだが、今日は久々に若い研修医と脳外科腫瘍摘出術の麻酔を担当することになった。  当院の手術室で使用している日本光電のベッドサイドモニターは、BIS モニターがオプションで使用できる仕様ではあるが、「電子麻酔記録」を稼働させているノート PC との接続端子が、「BIS モニター」との…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more