テーマ:i-gel

小児で i-gel および ProSeal LMA の口咽頭シール圧に及ぼす側臥位の影響

・声門上気道(SGA)は、適切な換気と誤嚥防止のために、良好な口咽頭シール圧(OSP)を備えている必要がある。著者らの目的は、側臥位が OSP に及ぼす影響を調査し、それによって小児の i-gel および ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)の換気パラメーターに及ぼす影響を調査することであった。 ・本前向き観察研究では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術における i-gel vs カフ付き気管チューブ:臨床比較研究

・本研究は、気管チューブと i-gel を以下の点での検証と比較を目的としている。有効性:異なる一回換気量での気腹前後の両器具間のリーク率の差と口咽頭リーク圧の比較:挿入の容易さ:最適な位置決めに必要な試行回数。 ・60人 の患者、ASA I?II が研究に無作為に選択された。全患者に標準的な麻酔法が使用された。次に、i-gel …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩した麻酔下の患者における LMA-protector と i-gel の前向き無作為化比較

・本研究で、著者らは、気道シールの妥当性、挿入所要時間、挿入の容易さと正確さ、術後咽喉頭痛の発生率の観点から、LMA-Protector と i-gel を比較している。 ・110 人の筋弛緩伴う麻酔下の成人患者に、i-gel(n=55)か、またはLMA-Protector(n=55)を挿入した。主要評価項目は気道リーク圧であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術を受ける小児患者における換気の妥当性に対する I‐gel vs 気管挿管の比較評価

・より新しい声門上器具の使用は腹腔鏡手術にまで拡大されてきた。小児腹腔鏡手術におけるこれら 2 つの器具の有効性を比較および評価するために本研究を実施した。 ・待機的腹腔鏡下手術を予定している年齢 2 ~ 8 歳の 80 人の小児が、無作為に i-gel か、または気管チューブ(ETT)群に割り当てられた。吸入導入については標準的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管用導管としての声門上気道器具 i-gel と LMAFastrach の比較

・最近導入された声門上気道器具(SAD)である i-gel は、効率的な声門上気道であると主張されている。気管挿管用の導管としても使用できる。ただし、LMA Fastrach はこの目的によく使用される。そこで、本無作為化試験では、2 種類の異なる SAD である i-gel と LMAFastrach による盲目的気管挿管の成功率が評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者医師による i-GEL ラリンジアルマスクによる盲目的挿管:無作為化クロスオーバーマネキン試験

・直接喉頭鏡検査に基づいて気管挿管を行うことは、医療関係者の広範な経験を必要とする処置である。この方法に対する代替案は、気管チューブのための特定のガイドとして声門上気道器具を使用して盲目的に挿管を行うことかもしれない。研究の目的は、模擬心肺蘇生法において研修医によって実施された i-GEL ラリンジアルマスクを用いた盲目的挿管の有効性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人女性の輪状甲状膜同定の正確性に及ぼす i-gel 挿入の効果:前向き観察研究

・男性と比較して不明瞭な解剖学的構造のために、輪状甲状膜の同定はしばしば女性において不正確である。声門上気道器具は、喉頭構造の腹側変位を引き起こす。これが触診を用いた輪状甲状膜同定の精度に影響を与えるかどうかを調べた。 ・著者らは、64 人の成人女性を募集し i-gel 声門上気道器具がある場合とない場合とで、ボランティア参加者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管用導管としての i-gel:3 種類の気管チューブの比較

・新しい SAD である i-gel が換気器具として導入されたが、挿管用の導管として広く普及してきた。挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)とは異なり、i-gel には特別にデザインされた気管チューブはない。そこで、本研究の目的は、3 種類の気管チューブを使用して、i-gel による挿管成功率を比較することであった。 ・全身麻酔下…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

i-gel vs LMA Protector 声門上気道器具を通したファイバーガイド下気管挿管

・声門上気道器具を導管として使用したファイバーガイド下気管挿管は、予期されたおよび予期せぬ困難気道管理に使用できる技術である。i-gel 声門上気道器具はこの目的のために検討されてきたが、最近導入された第 2 世代声門上気道器具である LMA Protector は、臨床試験でのこの用途については評価されていない。 ・本前向き無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける患者に使用された i-gel と air-Q 声門上気道器具の比較

・本研究の目的は、テヘランのモダレス病院に紹介となった患者で、2 種類の声門上気道器具(SGA)(すなわち、i-gel @ Intersurgical Ltd と air-Q Reusable @Cookgas 社)の挿入時間、最大陽圧で換気時のエアリーク量、術後合併症の観点から比較することであった。 ・本二重盲式臨床試験は、筋弛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人患者における i-gel とラリンジアルマスク・スプリームを用いた気道管理の臨床成績:RCT

・高齢者は、加齢に伴う解剖学的・生理学的変化に起因して、気管挿管と抜管時に呼吸循環動態有害事象を受けやすい。声門上気道器具(SAD)は、成人の気道合併症率の低下と循環動態安定性の向上をもたらす。しかしながら、高齢患者で SAD の臨床的性能を比較した研究は限られている。そこで、著者らは、老人患者で i-gel と LMA Supreme…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道を通した高度肥満患者のファイバー挿管:Ambu AuraGain vs i-gel

・高度肥満患者の気道管理は、麻酔科医にとって依然として課題であり、生命にかかわる状況につながる可能性がある。i-gel(R) または AuraGain(R) などの声門上気道器具は、患者を換気するか、またはそれらを気道挿管のための導管として使用する可能性をもって開発された。 ・今回の無作為化前向き試験で著者らは、高度肥満患者で、i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩高齢者のラリンジアルマスク Supreme と i-gel の比較:無作為化比較試験

・ラリンジアルマスク Supreme(LMA-S)と i-gel は、いずれも手術患者で広く研究されている第 2 世代声門上気道器具であるが、高齢者での臨床上の性能の差は明確ではない。著者らは、麻酔下に筋弛緩された高齢者で LMA-S と i-gel の有効性と安全性を比較した。 ・2014 年 1 月から 2016 年 10 月…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

男性はデキスメデトミジン併用下の i-gel 挿入のためにプロポフォール効果部位濃度は女性より高い

・声門上気道器具(SAD)は、自発呼吸患者の気道管理に使用することができ、プロポフォールは、SAD 留置に一般的に適用される。本研究は、デキスメデトミジンと併用した場合の i-gel 留置のためのプロポフォールの標的効果部位濃度(Ce50)中央値に及ぼす性別の影響を評価するために考案された。 ・年齢 18~59 歳で待機的手術を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児での i-gel とその他の声門上気道器具を比較(まとめ)

当ブログで紹介した記事から、小児で i-gel をその他の声門上気道器具と比較した試験を年代順にまとめて要点を付してみた。 1.待機的手術を自発呼吸下に受ける小児でサイズ2の i-gel と LMA-2 種類の比較 http://knight1112jp.at.webry.info/201112/article_39.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more