テーマ:鎮痛効果

術中オピオイド vs オピオイドなし麻酔の鎮痛効果:系統的レビューとメタ分析

・オピオイドは、周術期に、術後鎮痛、そして手術刺激に対する交感神経反応を制御するために術中に投与され、しばしば推定される疼痛の代理変数ともなる。しかしながら、術中のオピオイド使用は現代の診療において論争のある問題であり、術後悪心嘔吐などの副作用の危険性をはらんでいる。このメタ分析は、オピオイドを含む麻酔が、オピオイドを含まない麻酔と比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more