テーマ:硬膜穿刺後頭痛

脊椎麻酔下で帝王切開分娩を行った女性におけるデキサメタゾンと硬膜穿刺後頭痛:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ…

・硬膜穿刺後頭痛は、帝王切開分娩を受ける女性の脊椎麻酔後のよく見られる合併症である。デキサメタゾンの静脈内投与は、PDPH の発生率と重症度を低下させるために使用されてきたが、議論の余地のある結果となっている。本系統的レビューとメタ分析は、PDPH に及ぼす静脈内デキサメタゾンの効果を評価することを目的とした。 ・本研究は、PRI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外腔における脳脊髄液の広がりの磁気共鳴画像は、産科患者の硬膜穿刺後頭痛の重症度と相関している: 概念実証研究

・現在のところ、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)に対して硬膜外血液パッチ(EBP)を行うことは、主観的な臨床判断にとどまっている。エビデンスに基づいたプロトコルは、重症 PDPH を発症するリスクの高い女性を特定する上で価値があるかもしれない。本研究の目的は、産科患者において磁気共鳴画像法(MRI)で認められる硬膜外腔の CSF の広がりの程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受けた分娩患者における硬膜穿刺後頭痛の発生率、重症度、持続時間に対するクモ膜下フェンタニルの効果:無作為…

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は脊椎麻酔(SA)の副作用である。本研究は、PDPH の発生率、重症度、持続時間に対するフェンタニルクモ膜下投与の効果を検討するために実施された。 ・本研究は、帝王切開(CS)を受けた 220 人の分娩患者を対象とした前向き無作為化比較試験である。ブピバカイン単独か(ブピバカイン群[B0]、n=111)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産科における硬膜穿刺後頭痛の管理:前向き、国際的、コホート研究

・偶発的硬膜穿刺は、硬膜外鎮痛のまれな合併症であり、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)を引き起こす可能性がある。著者らは、管理手順と硬膜外血液パッチ(EBP)または EBP なしで PDPH を治療した後の転帰を明らかにすることを目的とした。 ・倫理委員会の承認後、偶発的硬膜穿刺後に PDPH を発症した患者を参加国から募集し、EBP を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜下血腫に進展した硬膜穿刺後頭痛:症例報告

・頸部硬膜外コルチコステロイド注射は、亜急性の頸部上腕痛の治療によく使用される。この療法は安全であると考えられており、合併症の大部分は軽微で一時的なものである。 ・頸部上腕痛に苦しみ、2 回の頸部硬膜外コルチコステロイド浸潤を受けた 50 代の女性の症例を提示する。2 回目の浸潤後 3 日目に、新規の頭痛が現れ、16 日目に CT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年および成人における硬膜後穿刺頭痛のリスク

・脊椎麻酔には、嘔気やオピオイド消費量の減少など、多くの利点があることが知られている。ただし、硬膜後穿刺頭痛(PDPH)は、依然としてこの手法に関連する重大なリスクのままである。青年期のこの合併症を具体的に調査した文献はほとんどない。そこで、著者らの主な目的は、(1)外来で下肢手術を受ける年齢 12 歳から 19 歳までの患者で 27G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の予防-無作為化比較試験

・研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)のリスクに及ぼす針のサイズ、針のデザイン、スタイレット再挿入の影響を調査するために、診断的腰椎穿刺(LP)を受ける 952 人の被験者を調査した。 ・本無作為化二重盲式試験は、2013 年から 2018 年にかけてスウェーデンのウメオ大学病院で実施された。被験者には、3 本の針のうち 1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦に施行した脊椎麻酔中に 3 つの異なる向きで穿刺した脊髄針で硬膜後穿刺頭痛の発症に影響はあるか?

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔のよく知られた頻度の高い合併症である。脊椎麻酔針のサイズ、形状、脊椎麻酔針の穿刺特性と髄液リークとの関係は、議論の余地がある。 ・本前向き無作為化試験には、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた年齢 18〜45 歳の 300 人の患者が含まれた。坐位で L3-4、またはL4-5 で 26G Quinc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の硬膜穿刺後頭痛を評価する無作為化研究:正中法と傍正中法との比較

・帝王切開に際してのの最も一般的な麻酔法は脊椎麻酔であるが、その最もよく見られる合併症は硬膜穿刺後頭痛(PDPH)である。著者らは、帝王切開を受けた患者の PDPH に及ぼす脊椎麻酔中の正中法と傍正中法アプローチの効果を調査することを目的とした。 ・年齢 19〜45 歳の 200 人の妊婦、脊椎麻酔下で待機的帝王切開を受ける予定の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

32655 人の産科患者における硬膜穿刺後頭痛の 10 年間後向き研究

・偶発的硬膜穿刺と硬膜穿刺後頭痛は、分娩時の脊柱管麻酔の合併症としてよく知られている。本研究の主な目的は、大学関連三次医療センターで 10 年間に脊柱管麻酔を受けた全ての妊産婦で、硬膜穿刺後頭痛と硬膜外血液パッチの割合を特定することであった。2 番目の目標は、硬膜穿刺後頭痛による退院の遅れを特定することであった。 ・2006 年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産科の硬膜穿刺後頭痛に関連した主要な神経学的合併症:後ろ向きコホート研究

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)のある産科患者で、脳静脈血栓症または硬膜下血腫、細菌性髄膜炎、持続性頭痛、持続性腰痛のリスクの増加が示唆されている。PDPH などの産後の急性疼痛も産後うつ病をきたす可能性がある。本研究は、産科患者の PDPH が、主要な神経学的および他の母体合併症の産後リスクの有意な増加と関連しているという仮説を検証した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の従来の管理にネオスチグミンとアトロピンの追加:無作為化比較試験

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)には、標準的なエビデンスに基づいた治療法がない。重症 PDPH に対してネオスチグミンで治療した患者が契機となって本研究が実施された。 ・本無作為化対照二重盲式研究は、PDPG 治療に際して、85 人の患者で輸液と鎮痛剤による保存的治療に加えて、ネオスチグミンとアトロピン(n=41) vs 生食プラセボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脊髄硬膜外併用麻酔下帝王切開を受けた女性でアミノフィリン前投与が硬膜穿刺後頭痛発症に及ぼす効果

・研究の目的は、脊髄硬膜外併用麻酔(CSEA)下に帝王切開を受けた女性で、アミノフィリン前投与が硬膜穿刺後頭痛(PDPH)の発症に及ぼす影響を調査することであった。 ・この試験は、CSEA 下に待機的帝王切開を受ける女性を参加させ、無作為に 2 群に分けた。新生児分娩直後の 30 分間、A 群にはアミノフィリン 250mg を静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大規模産科麻酔集団における硬膜穿刺後頭痛と硬膜外血液パッチ

・産科麻酔において、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)が最もよくある重大な合併症である。著者らは、産科麻酔科で確立されたプロトコルに従って、偶発的硬膜穿刺(ADP)、PDPH、硬膜外血液パッチ(EBP)、および関連する合併症の発生率を示す。 ・66,540 件の硬膜外無痛分娩において実施された観察前向き分析的研究である。目的は、大規模産科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔針の選択が硬膜穿刺後頭痛に及ぼす影響:無作為化研究のメタ分析とメタ回帰

・脊椎麻酔の潜在的に広い適応症には、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)に関連する危険因子と予防措置の理解が必要である。このレビューは、脊髄針の特徴と PDPH の発生率との間の関連性を調査するために考案されたものである。 ・年齢、性別、出版年などといった患者の交絡因子を調節した後、針のデザインとゲージ数が PDPH の発生率に及ぼす影響を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の危険因子:根本原因解析とコホート内症例対照研究

<ハイライト> ・硬膜穿刺後頭痛は一般に硬膜の外傷性穿刺に続いて起こる。 ・関連する人間、環境、組織的要素はほとんど知られていない。 ・根本原因解析を用いたコホート内症例対照試験で、これらの因子を評価した。 ・重要な予測因子は、訓練レベル、チーム構成、産科的状態であった。 <要旨> ・脊柱管麻酔時の硬膜に対する外傷後に起こる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年外来手術患者では、硬膜穿刺後頭痛はまれである

・一般集団における脊椎麻酔から生じる硬膜穿刺後頭痛(PDPH)の発生率は低い。しかし、年齢 45 歳未満の患者は、小さな針であっても、PDPH の発生率が高いことが示されている。本研究は、年齢 15 歳から 45 歳までの外来手術患者で 27G のペンシルポイント針による PDPH の発生率を推定し、年齢層、性別、頭痛の病歴によって P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細いゲージの針ほど、硬膜穿刺後頭痛の発生率が低いことと関連しているが、ペンシルポイント針では関係ない

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊柱管麻酔時に脳脊髄液の漏出によって引き起こされるよく知られた神経学的転帰である。PDPH の発生率を低下させるために、細いゲージの脊椎麻酔針の有効性を評価することを目的とした研究は、相反する結果をもたらした。そこで、著者らは、カッティング針とペンシルポイント針を別々にしてゲージが PDPH の発生率に及…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヨルダンにおける帝王切開後の女性における硬膜穿刺後頭痛の危険因子の評価:後ろ向き的分析研究

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、帝王切開分娩を受けた女性の脊椎麻酔後に最もよく認識される合併症の 1 つである。本研究は、ヨルダンで帝王切開を受ける女性における PDPH の発生率とその関連リスク要因を調査することを目的としていた。 ・本研究には、2015 年にヨルダンのアブドラ大学病院で帝王切開を受けた全女性が含まれた。年齢、体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨルダンで帝王切開分娩を受ける女性における硬膜穿刺後頭痛の危険因子の評価:後ろ向き分析研究

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、帝王切開分娩を受ける女性において脊椎麻酔後に最もよく知られた合併症の 1 つである。本研究は、ヨルダンで帝王切開を受ける女性での PDPH の発生率とその関連リスク因子を調査することを目的とした。 ・この調査には、2015 年にヨルダンのアブドラ大学病院で帝王切開分娩を受けた全女性が含まれた。年齢、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛に関して脊椎麻酔でのペンシルポイント針とカッティング針との比較:メタ分析

・主として脳脊髄液(CSF)の喪失に起因する硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔と診断的腰椎穿刺に際しての周知の医原性合併症である。脊椎穿刺針は合併症を最小限に抑えるように変更が加えられてきた。PDPH の修正可能な危険因子には、主に針のサイズと針の形状が含まれた。しかし、PDPH の発生率はカッティング針とペンシルポイント針の間で有…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more