テーマ:心房細動

消化管手術後の心房細動発生率と関連する危険因子

・心房細動(AF)は、外科手術を含む大きな生理的ストレスの後に発生する可能性がある一般的な不整脈である(術後AF)。腹部手術後の術後 AF に関するデータはほとんどない。腹部手術後の新規発症の術後 AF の発生率と関連する危険因子を明らかにすることに着手した。 ・2012 年 4 月から 2014 年 4 月までに腹部手術を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消化管手術後の心房細動発生率に関連する危険因子

・心房細動(AF)は、外科手術(術後 AF)を含む主要な生理的ストレスの後に発生しうるよく見られる不整脈である。腹部手術後の術後 AF に関するデータはほとんどない。腹部手術後の新規発症の術後 AF の発生率に関連する危険因子を明らかにすることに着手した。 ・2012 年 4 月から 2014 年 4 月までに腹部手術を受けた年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者における死亡率および脳梗塞発症率に及ぼす新規発症心房細動持続の影響:後向きコホート研究

<ハイライト> ・新規発症 AF は 1718 例中 151 例(9%)で発生した。 ・AF 発症 6 時間後に、52 人の患者(34%)が AF のままであった。 ・6 時間後の AF は、6 時間後の洞調律よりも院内死亡率が高かった。 ・AF が長く続くほど、院内死亡率と虚血発作発症率が高かった。 <要旨> ・本試験の目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経口β-アドレナリン遮断薬の術前使用と心臓手術後の新規発症心房細動:系統的レビューとメタ分析

・現在の疫学データは、術後の心房細動や心房粗動(POAF)が心臓術後に著有意な合併症と死亡を引き起こすことを示唆している。POAF の予防的管理のための文献は限られており、その結果として管理勧告についての明確なガイドラインが欠如している。本研究の目的は、待機的心臓手術を受ける患者における新規発症 POAF の発生率を低下させる予防的心拍…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

低用量ランディオロールを用いた心臓手術後の心房細動の予防:系統的レビューとメタ分析

・心房細動(AF)は、心臓手術後の死亡と関連している。いくつかの研究は、術後 AF を予防するためにランディオロールが役立つ可能性があると報告している。本研究の目的は、低用量のランディオロールが利益とリスクのバランスの面で有用かどうかを調査することであった。 ・PubMed、Cochrane ライブラリ、ICHUSHI を体系的に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の術後心房細動予測における術前心エコー上の拡張機能不全指数と脳ナトリウム利尿ペプチド

・著者らは、拡張機能不全の心エコー指数か、または術前脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)のいずれかが術後心房細動(PO??AF)を予測することを以前に示した。 POAF のこれらの 2 つの予測因子は一緒に同時には評価されていないため、著者らの目標は、非心臓胸部手術を受ける患者において同時評価の役割をさらに解明することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開心術後の心房細動

Atrial fibrillation after cardiac surgery Ann Card Anaesth 2010;13:196-205 ・かつては心臓手術後の単なる厄介者と思われていたが、主にその状態と関連した罹患率のために、術後心房細動(POAF)の重要性はこの10年に認知されてきた。この合併症の原因としては単一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more