テーマ:回復の質

スガマデクスで回復した高度筋弛緩とネオスチグミンで回復した中程度筋弛緩を比較した無作為化比較試験

・高度筋弛緩は、腹腔内手術中の腹部内圧を下げて手術条件を改善することを目的としている。回復の質に意義のある改善が覚醒を超えて発生するのか、腹腔内圧の低下が達成されるのかについての研究は対立している。 ・この実用的な無作為化試験では、待機的腹腔鏡手術を受ける成人は、1:1 の割り付けで、ネオスチグミンで拮抗された中程度の筋弛緩か、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上気道手術における術後早期回復の質に及ぼす静脈内リドカイン注入の効果

・リドカインの全身的注入は、周術期の鎮痛補助剤として広く使用されている。本無作為化二重盲式比較試験の目的は、上気道手術における術後の早期回復の質に及ぼす周術期リドカイン注入の効果を調査することであった。 ・前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、合計 99 人の患者をリドカイン群(L 群)か、または対照群(C 群)に無作為に割り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウム単回ボーラス投与後の術後回復の質に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミンの筋弛緩拮抗

・研究目的は、全身麻酔下の毛様体偏平部硝子体切除術(PPV)にロクロニウムを単回ボーラス投与した後の術後回復の質に及ぼす、スガマデクスまたはネオスチグミンによる筋弛緩の拮抗の影響を評価することであった。 ・本研究は、2017 年 2 月から 7 月まで大学教育病院で実施された、全身麻酔下に PPV を受ける予定の、ASA-PS I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

QoR-40 を使用して、麻酔後の回復の質を検討したスタディ

 過去にブログにアップした記事の中で、QoR-40 を使用して、麻酔後の回復の質を検討したスタディを調べてみた。けっこうたくさんあった。 1.患者の性別が全身麻酔と回復に及ぼす影響 2.小用量デキサメタゾンは定時心臓手術の回復の質スコアを改善する:無作為二重盲検偽薬対照研究 3、術前デキサメタゾンは腹腔鏡下胆嚢切除術後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more