テーマ:筋弛緩拮抗

ロボット補助根治的膀胱切除後の麻酔からの回復:2 種類の異なる筋弛緩拮抗

・ロボット補助根治的膀胱切除術(RARC)中に、特定の手術条件(急峻なトレンデレンブルグ体位、長時間気腹、手術最終段階までの効果的な筋弛緩)が転帰を大きく損なう可能性がある。本研究の目的は、異なる拮抗を受ける 2 群の患者で、術後嘔気嘔吐(PONV)とイレウスの発生率、覚醒時の認知機能の質を評価することであった。 ・本無作為化試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスの使用および関連費用の削減に及ぼす認知支援の効果:時系列分析

・著者らは、自施設へのスガマデクス導入後、医薬品コストが増加することを観察した。 スガマデクスの使用を減らす要請があった後、著者らは、拮抗薬を選択するのに役立つ認知支援を提示した。本研究の目的は、認知支援の提示後にスガマデクスの使用が変化したかどうかを調査することであった。著者の仮説は、スガマデクスの使用とそれに関連するコストが減少する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定常状態のデスフルラン麻酔中のバイスペクトル指数と前頭部筋電図に及ぼす筋弛緩拮抗の効果:無作為化試験

・筋弛緩拮抗の程度は、バイスペクトル指数(BIS)値に影響を与える可能性がある。考えられる 1 つの理由は、筋弛緩拮抗が筋膜の筋電図(EMG)信号に影響を与えることである。もう一つの理由は、求心性理論、すなわち、筋弛緩拮抗は、筋伸張受容体で生成された信号が求心性神経経路を介して脳にアクセスする信号の遮断を軽減し、覚醒を誘発することである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 年の教育病院で、スガマデクスの使用制限なしと制限ありの場合の副作用プロファイル

・スガマデクスは、筋弛緩の急速な拮抗に使用される。著者らの施設では、2014 年 7 月以前には無制限に使用されていたが、その後助成金の廃止のために制限された。著者らの目的は、スガマデクスの使用制限が臨床転帰に及ぼす影響を判断することである。 ・2014 年の 1月 1 日から 12 月 31 日まで、後ろ向き集計を実施した。この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

術後残存筋弛緩を予防するための中時間作用型筋弛緩薬のネオスチグミンベースの拮抗:系統的レビュー

・ネオスチグミンは、残存筋弛緩を拮抗するために広く使用されている。過去数十年にわたり、許容される神経筋回復のベンチマークは、四連反応(TOF)比が少なくとも 0.9 に徐々に増加した。このベンチマークの上昇は、ネオスチグミンの有効性に影響を与える可能性がある。系統的レビューは、TOF 比が少なくとも 0.9 を達成するネオスチグミンの筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四連反応比 0.9~1.0 への自然回復後のネオスチグミン投与:神経筋伝達と臨床的回復に及ぼす効果

・挿管を容易にするために筋弛緩剤を投与する場合、抗コリンエステラーゼ拮抗の利益と潜在的なリスクとのバランスを取らなければならない。この二重盲式無作為化非劣性試験の目的は、四連反応比 0.9 以上まで自然回復した後に患者にネオスチグミンが投与された場合に、神経筋機能に及ぼす影響を評価することであった。 ・挿管を必要とする手術の予定と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩拮抗にスガマデクスまたはネオスチグミン+グリコピロレートを投与された患者の回復特性:RCT

・スガマデクスは、ネオスチグミンと比較してロクロニウム誘発筋弛緩をより迅速かつ確実に拮抗させるが、嘔気嘔吐および回復の他の側面を含むその後の患者転帰が変わるのかどうかは不明である。本研究では、筋弛緩拮抗後のスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの回復特性を比較した。 ・これは、ロクロニウムを含む標準化された全身麻酔法を用い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more