テーマ:喉頭視野

直接喉頭鏡検査による喉頭展開における異なる高さへの頭部挙上の効果

・本研究の目的は、全身麻酔下で待機的手術を予定している成人患者で最良の喉頭鏡視野を得るための最適な枕の高さを調査することであった。 ・困難気道を示唆する特徴がなく、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける成人患者 150 人を研究に登録した。麻酔導入後、枕なしの頭位と、高さ 5cm と 10cm の非圧縮性枕を使用して、直接喉頭鏡の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無歯顎患者のさまざまな頭頸部体位での直接喉頭鏡視野の比較

・適切な頭頸部体位決めは、直接喉頭鏡検査を成功させるための重要な要素であり、無歯顎患者の最適な体位は不明である。無歯顎患者の単純な頭部伸展、スニッフィング位、高位スニッフィング位での直接喉頭鏡視野を比較した。 ・待機的手術を予定している成人の無歯顎患者 18 人を研究に含めた。麻酔導入後、無作為順に 3 つの異なる頭頚部位で、声門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡検査における声門視野の 3 種類のスコアリングシステムの正確さ、評価者内/評価者間信頼性

・気管挿管における喉頭鏡視野の正確かつ再現性のある記録は、麻酔診療の重要な一面である。直接喉頭鏡検査では視線によって達成された視界が気管挿管の容易さに直接関係するが、これとは異なり、ビデオ喉頭鏡の場合は、視野は良好だが挿管は困難または不可能な状況となることがある。これを次の麻酔科医に伝えることが重要である。 ・著者らは、3 種類の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cormack-Lehane の分類再考

・Cormack-Lehane(CL)分類は、直接喉頭鏡検査中の喉頭視野を記述するために広く用いられている。しかし、この分類は、その信頼性に関して決定的ではないデータを報告している少数の研究によってのみ検証されている。広範な使用と限られたエビデンスとの間のこの乖離から、著者らは、麻酔科医の間でのこの分類法についての知識と、観察者内と観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:Cormack-Lehane 分類とは?

A: Cormack-Lehane システムは、直接喉頭鏡によって得られた視野を見える構造物に基づいて分類する。当初、麻酔科研修医が直面する可能性のあるシナリオを模擬的に再現する方法として、1984 年に R.S. Cormack と J. Lehane によって最初に記述された。[1] グレード 2 を細分した改訂版が 1998 年に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more