テーマ:低酸素血症

非待機的帝王切開の全身麻酔導入時の母体低酸素血症の発生率と危険因子:前向き多施設研究

・妊娠中の女性は全身麻酔中に低酸素血症のリスクが高くなる。著者らの目的は、この状況で低酸素血症の発生率と寄与する危険因子を調査することであった。 ・全身麻酔下で非待機的帝王切開を受けた年齢 18 歳以上の全女性は、この多施設観察研究に参加する資格があった。主要評価項目は、SpO2≦95% と定義された低酸素血症の発生率であった。副…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中に低酸素血症の原因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設共同の前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリで酸素飽和度(SpO2)<95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸癌に対する手術後の回復中の低酸素血症:前向き観察研究

・術後の一時的および進行性の低酸素血症は十分明らかにされているが、現在のところ、回復強化プロトコル下での低侵襲性大腸手術後の一時的な低酸素血症の発生について調査した研究はまだない。著者らは、強化回復環境での低侵襲手術後の術後低酸素血症の発生、およびモルヒネ使用量、切開部位、水分摂取、トロポニン増加との関連性を明らかにすることを目的とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中の低酸素血症の一因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリの動脈血酸素飽和度(SpO2)<95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低酸素血症患者での早期抜管後の即時非侵襲的換気と標準的な抜管:無作為化臨床試験

・非侵襲的換気(NIV)は、低酸素症患者のデータが欠如している一方で、高炭酸ガス患者の侵襲的人工呼吸(i-MV)の離脱を促進し、集中治療室(ICU)の在室期間(LOS)を短縮する可能性がある。著者らは、低酸素性急性呼吸不全から回復する患者で、早期発管後の NIV が i-MV および ICU LOS の持続期間を短縮するかどうかを調査す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more