テーマ:プロシール

ProSeal ラリンジアルマスクのビデオ喉頭鏡ガイド下と標準の手指挿入法の比較:前向き無作為化試験

・本研究は、Proseal ラリンジアルマスク(PLMA)の挿入成功率と挿入条件について、標準的な手指法と比較したビデオ喉頭鏡ガイド挿入法の有用性を調査するために計画された。 ・前向きに、119 人の患者(ASA I~II、年齢 18~65 歳)は、ビデオ喉頭鏡ガイド法か、または標準的手指法を使用して PLMA を挿入するよう無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で経鼻胃管を併用した Classic ラリンジアルマスクとプロシール・ラリンジアルマ…

・インドでは、腹腔鏡下胆嚢摘出術に際しては、通常診療として声門上器具が使用されている。声門上器具を繰り返し使用すると、誤動作(カフの逸脱、不適切なシール)や感染症伝播のリスクが生じる。 Proseal LMA は、一般的に、経済的な要因により洗浄後に何度も使用される。著者らは、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者で、経鼻胃管を併用した C-L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるプロシールラリンジアルマスク挿入と気管挿管のためのセボフルラン濃度の比較

・セボフルランは、小児麻酔において選択される吸入剤である。小児の気道管理のために、ETT の代替手段として、小児プロシールラリンジアルマスク(ベンチマーク第 2 世代 SAD)がある。種々の研究により、気管挿管と比較して LMA 挿入に必要なセボフルラン濃度のほうがり低いことが示されている。 BIS は、麻酔深度の有用なモニターである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ProSeal ラリンジアルマスクの 3 つの挿入手技の比較:無作為化臨床試験

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)を挿入するための 3 つの手技を比較することを目的とした。 ・気道管理器具として PLMA を使用して全身麻酔を受ける 210 人の患者(年齢 18~60 歳、ASA-PS I-II)は、示指(D)、回転(R)、咽頭鏡(P)法群に無作為に割り当てられた。D 群(n=70)では、手指操…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

示指挿入法と 90 度回転法による 2 種類の ProSeal ラリンジアルマスク挿入法を比較

・Proseal ラリンジアルマスク(PLMA)を挿入に際しての 90°回転法は、挿入成功率を改善するのに標準示指挿入法よりも優れていると報告されている。本研究の目的は、試行回数、挿入時間、合併症の発生の点で、90°回転法と標準的な挿入法による挿入の容易さを評価し、比較することであった。 ・成人患者 120 名を、それぞれ 60 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

I-gel と LMA proseal の臨床成績の比較

Comparison of clinical performance of the I-gel with LMA proseal J Anaesthesiol Clin Pharmacol 2013;29:56-60 ・本研究の目的は、2 種類の異なる声門上器具[I-gel と Proseal ラリンジアルマスク(PLMA)]の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more