テーマ:デスフルラン

定時手術を受ける患者の気道反射を回復する時間を最適化するためのセボフルラン麻酔の調節:デスフルランとセボフルラン麻…

・デスフルランには環境への有害な影響があるが、セボフルランと比較して、覚醒と気道保護反射の回復を加速する臨床的利点がある。著者らは、手術の最後の 15 分間に吸入セボフルランを徐々に減少させれば、これらの薬剤間の気道反射回復の差がなくなると仮定した。 ・施設倫理委員会の承認と説明と同意を取得した後、待機的手術(1 時間以上)を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝内胆管癌手術でプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・これまでの研究では、麻酔が多くの種類の癌の術後転帰に影響を与えることが示されている。ここでは、麻酔と待機的肝内胆管癌手術後の患者の転帰との関連性を調査した。 ・これは、2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに待機的肝内胆管癌手術を受けた患者を対象とした後向きコホート研究であった。患者は受けた麻酔、すなわち、プロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中にイソフルランとデスフルランで麻酔した患者の術後せん妄の比較:前向き無作為化対照試験

・脊椎手術後、さまざまな種類の吸入麻酔薬が術後せん妄(POD)を引き起こし、周術期/術後の合併症率を増加させる可能性がある。ここでは、イソフルランとデスフルランで麻酔した脊椎手術を受けた成人の POD の発生率を比較した。 ・脊椎手術を受ける患者を対象とした前向き無作為化二重盲式臨床試験が、60 人の成人(年齢 18〜65 歳)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節鏡検査後の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの無作為化試験

・これまでの研究では、典型的にはセボフルランとデスフルランでは術後早期の回復経過が異なることが明らかになっている。 ・著者らは、膝関節鏡検査 3 日後の全体的な回復が、デスフルランの方が優れているかどうかを調査するために、無作為化優越性試験を実施した。全身麻酔を伴う膝関節鏡手術を受ける成人参加者は、デスフルランか、またはセボフルラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔による肥満症手術後の疼痛と悪心:二重盲式無作為化比較試験

・肥満患者の最適な麻酔に関してエビエンスに基づいた知識は限られている。研究の目的は、プロポフォールによる静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔を受ける患者で、周術期と術後転帰を調査し比較することにより肥満症手術を受ける患者のための最適な麻酔アプローチを評価することであった。 ・非大学関連の一次紹介センターで、2016 年から 2017…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝細胞癌の肝切除術におけるプロポフォールベースの全静脈麻酔はデスフルラン麻酔よりも生存率が優れている

・これまでの研究は、麻酔法が癌手術の転帰に影響を与える可能性があることを示している。肝細胞癌に対する待機的肝切除術後に、麻酔法と患者転帰との関連を調べた。 ・これは 2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに肝細胞癌に対する待機的肝切除術を受けた患者の後ろ向き単施設コホート研究であった。患者はプロポフォールか、またはデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児扁桃腺アドノイド摘出術後の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの比較

・小児扁桃腺アデノイド摘出術の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの比較を行った。 ・2014 年 2 月から 2017 年 5 月に、低温血漿下で扁桃腺およびアデノイドラジオ波焼灼術を受け、徐州医科大学の徐州小児病院に入院した 165 人の小児の診療記録について後ろ向き分析を行った。合計で、セボフルラン麻酔をされた 7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルラン麻酔は、セボフルラン麻酔と比較して、甲状腺手術を受ける成人患者の覚醒時興奮を悪化させる

・成人の覚醒時興奮に及ぼす揮発性麻酔薬の効果は不明である。甲状腺手術を受ける成人でデスフルラン麻酔とセボフルラン麻酔間で、覚醒字興奮の程度を比較した。 ・ASA-PS I/II の患者 166 人を、デスフルラン群(D 群)とセボフルラン群(S 群)の 2 群に無作為に分けた。フェンタニル(1~2μg/kg)とプロポフォール(1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中耳内圧に及ぼす全身麻酔の影響

・吸入麻酔剤は中耳内圧(MEP)に異なる影響を与える可能性がある。著者らは、耳の疾患がなく、全身麻酔下に手術を受ける患者で、薬剤としてセボフルランとデスフルランを使用した場合の MEP に及ぼす効果を調査することを目的とした。 ・鼡径ヘルニアと下肢手術を受ける予定の成人患者 50 人を本研究に含めた。全患者は年齢 20 歳から 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術患者でデスフルランとセボフルランの早期回復経過を比較するための RCT

・デスフルランやセボフルランのような薬剤を使用した全身麻酔は、特に外来手術のための早期回復に有益である。本無作為化対照二重盲式試験の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者におけるセボフルランとデスフルランの早期回復経過を比較することであった。 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける ASA I/II 患者を、BIS を用いて、デスフルラン(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術を受ける患者でデスフルランの回復経過に及ぼすバイスペクトル指数と呼気終末麻酔薬濃度の比較

・麻酔深度を監視し、回復を確実にするために、いくつかの技術が時間とともに進化してきた。本無作為化二重盲式試験は、胸腰椎手術を受ける患者の回復特性に及ぼすバイスペクトル指数(BIS)または呼気終末麻酔濃度(ETAC)モニタリングを比較するために計画された。 ・両性の ASA-PS I-II の患者 70 人は、B 群(BIS をガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的副鼻腔手術を受けた患者の全身麻酔後の回復の質:全静脈麻酔 vs デスフルラン麻酔

・副鼻腔手術に際していくつかの施設では、吸入麻酔よりも全静脈麻酔(TIVA)を優先している。しかし、TIVA が患者の感じる回復の質に影響を及ぼすかどうかは不明である。本研究は、回復の質 40 アンケート(QoR-40)を使用して、TIVA を受けた手術患者とデスフルラン(DES)麻酔を受けた患者との間で、患者回復を比較した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルランは、セボフルランよりも術中レミフェンタニル必要量を減少させる

・セボフルランとデスフルランは、バランス型麻酔においてオピオイド鎮痛剤との併用で広く使用されている。オピオイドであるレミフェンタニルは、非常に迅速な薬物動態のために頻繁に選択される。しかし、術中高用量レミフェンタニルは、急性耐性とオピオイド誘発性痛覚過敏のために、術後疼痛増強と、レスキュー鎮痛剤使用量の増加と関連している。本研究は、Su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌手術ではプロポフォールによる全静脈麻酔の方がデスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・:これまでの研究では、麻酔薬が癌細胞増殖に及ぼす様々な影響が示されている。ここでは、麻酔の種類と結腸癌切除後の患者生存率との関連について検討した。 ・2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに大腸癌切除術を受けた患者を対象とした後ろ向きコホート研究を行った。患者はプロポフォールか、またはデスフルラン麻酔かに応じて群分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間腹部手術で、BIS モニターと加温併用デスフルラン麻酔後の手術室での早期術後回復:無作為化比較

・本研究は、長時間腹部手術を受ける患者で、BIS モニターと加温を併用したデスフルラン麻酔(DES)の使用が、麻酔制御手術室時間(ACT)の短縮に有効かどうかを調査することを目的とした。 ・3 ~ 5時間かかると予想される腹部手術を受ける、年齢 40 歳以上の 70 人の患者を、DES 群(n=35)か、または対照群(n=35)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下出血後の脳血管攣縮に及ぼす麻酔薬の効果:後ろ向き研究

・脳血管攣縮は、動脈瘤クリッピング後の術後早期合併症の最も重要な原因である。この後ろ向き研究の目的は、プロポフォールまたはデスフルランを使用した場合に、血管攣縮の発生率が異なるかどうかを評価することであった。 ・患者 102 名(プロポフォール群 50 名、デスプルラン群 52 名)のデータを分析した。手術後 14 日間の毎日の経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルラン麻酔時の Cerebral State Index とバイスペクトル指数の比較

・Cerebral State Index(CSI)は、バイスペクトル指数(BIS)の代替麻酔深度モニターである。これまで公開された比較試験では、プロポフォールとセボフルランが使用されている。しかし、デスフルランを用いた研究はまだ報告されていない。異なる揮発性麻酔薬は、異なる EEG 上の特徴を有する。デスフルラン麻酔では CSI の性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等最小肺胞濃度でセボフルランとデスフルランの鎮痛作用を比較

・伝統的に、揮発性麻酔薬の効力を比較するための標準的手段として、最小肺胞濃度(minimum alveolar concentration:MAC)が用いられてきた。しかし、それは鎮痛の皮質下メカニズムではなく、不動の脊髄メカニズムを反映している。最近、光容積脈波波形に由来する Surgical Pleth Index (SPI)が、術…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

等 MAC 値は、同等の鎮痛または催眠効力を保証するか?:デスフルランとセボフルランの比較

・揮発性麻酔薬の効力を比較するために、最小肺胞濃度(MAC)が従来から使用されてきた。しかし、それは鎮痛と催眠についての脳メカニズムというよりは、不動化と言う脊髄メカニズムを反映していることから、等 MAC は同等の鎮痛または催眠の効力を暗示するのか疑問である。鎮痛と催眠のレベルは、Surgical Pleth Index とバイスペク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BIS モニタリングを用いたデスフルランの最小肺胞濃度に及ぼす静脈内硫酸マグネシウムの効果

・硫酸マグネシウムは、様々な揮発性麻酔薬の最小肺胞濃度(MAC)に影響を及ぼすことが示唆されているが、これまでのところデスフルランに対するその影響は未だに解決されていない。BIS モニタリングを用いて、デスフルランの MAC に及ぼす周術期の硫酸マグネシウム静脈内投与の効果を研究することを目的とした。 ・三次医療病院の手術室での前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年者、中年、高齢者における年齢調整 1 MAC デスフルランとセボフルランの脳波効果

・著者らは、デスフルランとセボフルランの 1 最小肺胞濃度(MAC)が異なる麻酔深度を提供するという仮説を検討した。 ・120 人の若年者(年齢 20-30 歳)、中年(年齢 31-65 歳)および高齢者(年齢 66-80 歳)が、デスフルランか、またはセボフルラン(各群 n=20)のいずれかを投与されるように無作為に割り振られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤性 SAH 手術を受けた患者で麻酔後合併症に及ぼすプロポフォール vs デスフルランの比較

・くも膜下出血(SAH)後の動脈瘤クリッピング手術は、独特の麻酔上の問題をもたらす。しかし、これらの患者における麻酔薬の影響に関するデータは欠けている。本研究は、動脈瘤性 SAH 手術を受ける患者で、麻酔後合併症について、デスフルランをしのぐプロポフォールの優位性を評価することを目的としている。 ・70 人の世界脳神経外科連合グレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊髄手術で静脈内デキスメデトミジンとデスフルランまたはセボフルランを併用した麻酔後の回復を比較

・デスフルランとセボフルランは、安定した術中血行動態と麻酔からの急速な覚醒をもたらす吸入麻酔薬である。デキスメデトミジンは、鎮静作用と催眠作用を有する α2 作動薬である。著者らは、脊椎手術で、デキスメデトミジンの静脈内持続注入と、デスフルランか、またはセボフルランを併用した麻酔後の回復を比較した。そのようなデータはインドから入手できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下小児でラリンジアルマスク除去のためのフェンタニル併用デスフルランの最小肺胞濃度

・デスフルランは、麻酔から急速に覚醒する。したがって、麻酔小児のラリンジアルマスクを除去するのに使用できる。著者らは本研究を行って、小児で気道合併症をきたすことなくラリンジアルマスクの除去を可能にするフェンタニル併用デスフルランの最適呼気終末濃度を調査した。 ・眼科手術を受ける年齢 1 歳から 10 歳で、ASA-PS I の 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔下小児におけるラリンジアルマスク除去のための仙骨鎮痛併用デスフルランの最小肺胞濃度

・区域ブロックは、麻酔薬の必要量を減少させることが示されている。本研究は、仙骨ブロックの存在下で小児のラリンジアルマスクを除去するためのデスフルランの最適呼気終末濃度を調査するために行った。 ・臍下手術を受ける年齢 2~10 歳の年齢層で、ASA 分類 I/II の小児22 人本研究に登録された。セボフルランと酸素をマスクで投与し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼球鞘下ブロックによる白内障手術で麻酔小児のラリンジアルマスク除去のためのデスフルランED50

・小児におけるラリンジアルマスク(LMA)の除去に必要なデスフルラン麻酔深度の定量化は、静脈内フェンタニルや仙骨麻酔の併用で行われてきた。本研究は、待機的白内障手術を受ける小児で、仙骨部ロックやオピオイド鎮痛薬を使用しないで、LMA 除去に必要なデスフルランの呼気終末濃度を調査することを目的とした。 ・著者らの研究では、待機的白内…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔成人でのラリンジアルマスク除去のためのデスフルランの ED50

・麻酔下成人の 50% でラリンジアルマスクの除去を可能にするデスフルランの呼気終末濃度のこれまでの推定値(ED50)は、2.1%~5.3% の範囲であった。どの値が正しいかを評価するために、著者らは、全身麻酔下で子宮頸癌のために子宮腔内セシウムインプラントを受けた 32 人の女性患者(年齢 30~50 歳)を研究した。 ・プロポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔成人で ProSeal ラリンジアルマスク除去のためのセボフルランとデスフルランの呼気終末濃度

・前投薬されていない麻酔下成人で ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)除去を成功させるための最適呼気終末セボフルランとデスフルラン濃度は決定されていない。著者らは、麻酔下成人の 50% で PLMA をスムーズに抜去するための呼気終末セボフルランとデスフルラン濃度(EC50:患者が「体動」反応を示さない確率が 50% の濃度)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日帰り麻酔のためのデスフルラン:回復経過と気道反応についてセボフルランと比較

・デスフルランとセボフルランは、血液ガス溶解係数が低く、麻酔からの迅速な覚醒を可能にする。しかしながら、デスフルランは刺激性があり、気道過敏性を惹起する可能性がある。ProSeal ラリンジアルマスク(LMA)を使用した自発呼吸患者で、回復と有害気道反応の発生に関してデスフルランとセボフルランを比較した。 ・子宮鏡処置を受ける 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝置換術を受ける高齢肥満患者の術後のせん妄に及ぼすデスフルランとプロポフォール麻酔の効果

<ハイライト> ・TKA を受けた高齢肥満患者での譫妄率は低い。 ・発症初期の認知的転帰に差はなかった。 ・覚醒時間は両群間で同等であった。 ・このデータは、この主題に関して適切に証明能力のある研究に使用できるであろう。 <要旨> ・本研究の目的は、全膝関節形成術を受ける 100 人の高齢肥満者におけるせん妄の発生率、覚醒時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more